伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:3] [昨日:3] [98] rss feed
[2018.02.01]
■スガル
 「日本書紀」によると雄略天皇は神武天皇から数えて第22代目…。たいへん武勇にすぐれ、外交にも内政にも力を入れた天皇だったという…。この天皇の御代に”スガル”という名の家臣がいた。天皇のそば近くで侍り、いいつけをすぐに実行する忠実な元気者だったという…。 


 この頃、日本では養蚕が盛んになりつつあった。絹糸は、輸出品として高い値段で売れたからで…治世の6年目、西暦61年の事、天皇は宮中でも妃たちにカイコを養わせようと思い立ち、スガルを召し出して「国内のコを集めてこい」と命じた。この頃にはカイコの事はたんに「コ」と呼ばれ、後にコを飼う=飼われているコ=カイコと呼ばれるようになったようで…。 
 さてスガルは天皇からコと言われて、子の事だと思い込んでしまった。おそらくは宮中に仕える稚児を養成するのだと考えたんでしょうね…。国内の家々にふれまわって、見目かたちのよい幼子を集めて来た。意気揚々と子供たちを引き連れて戻って来たスガルを見て、天皇はおもわず大笑いしたという…。ようやく勘違いに気がついて恐縮したり焦ったりのスガルに天皇はこう言った…。 
 
 「その子たちは、お前が養ってやるがよい、お前に少子部連の姓を授けよう」スガルは、幼子たちを宮殿の垣根のそばで育てる事にした。今でいう保育園のようなものですよね?以上の話は「日本書紀」等に書かれていますが、その後、養われた子供たちがどうなったか?までは書かれていない…。 
 
 このスガル、もう一つのエピソードがある。雄略天皇がある日、妃と同衾しておられるところに、スガルが知らずに参上してしまった。 
 
 その時ちょうど雷が鳴ったので、天皇がテレ隠しにかスガルに「雷を捕まえられるか?」と聞いたところ「やってみましょう!」と言って即座に飛び出して行った。赤いかつらを額につけ、赤い旗を立てて雷を追いかけ、「雷の神よ、天皇のお召しであるぞ!」と叫びつつ馬を走らせた。 
 すると豊浦寺と飯岡の間に雷が落ちて来たので、捕まえて天皇の前に連れていった。天皇が面白そうに見ていると、雷が急に稲光を出して暴れたので、天皇は恐れてスガルに雷を放させたという…。雷を捕まえたところは雷丘と名付けられ、奈良の飛鳥に今でもその場所があるらしい…。 
 
 スガルは、生涯を天皇のお側で、養蚕の指導等をして仕えたようです。彼の死後、葬られた彼の墓の上に雷が落ちてはさまるという事件が起きた。人々は、墓標に「生前も、また死んでからも雷を捕まえたスガルの墓」と刻んで語り伝えたという…。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
※コメントは承認後に掲載されます。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索