伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:2] [昨日:1] [102] rss feed
[2017.12.01]
■人柱
 1923年(大正12)、関東大震災で損傷した皇居から、16体の人骨が発見され、当時は大ニュースになったらしい…。遺体は手を組み合わせたポーズで、しかもその頭部には穴の開いた古銭が乗せられていたという…。皇居が江戸城として建設された16世紀当時の生贄、人柱と見られ、歴史雑誌「中央史壇」の中で生物学者であり民族学者としても高名な南方熊楠が論文を寄せた…。 


 南方熊楠は、建設工事等に際して人柱を立てる行為は古代から広く行われていた!と言及。「和漢三才図絵」には飛鳥時代、長柄橋(現大阪市淀川区)を架ける難工事にあたって人柱を埋めた記述があると紹介した。 
 また古代の権力者の葬儀の時には、人柱を共に墓に生き埋めにしていたという…。この風習があまりにも残酷だというので、考案されたのが埴輪ですよね?以降、死者は埴輪と共に埋葬するようになった…。 
 
 人間の魂を建築物に組み込む事で、しっかりとした土台となり、また墓は未来永劫残り続ける!と信じられていた訳ですが、自然災害を防ぐ目的でも人柱は使われたみたいで…。 
 
 日照りで雨が降らず農作物が育たない時、反対に雨が止まない時、人々は神に祈りを捧げた…。村にある池や沼等に、水を支配する「水神」「龍神」がいると考え、契約を結ぶのさ…。生贄を捧げる代わりに、雨を降らせて欲しい…あるいは太陽を見せて欲しいと…。こうした人身御供の伝説は日本各地に残されていて、犠牲になるのは女性が多かったようで…。 
 
 人身御供はやがて風習となっていった…。神がそれほどに人の命を欲するなら、凶作を防ぐために、定期的に生贄を差し出そう!と考えたのさ…。 
 こうして共同体の存続のために命を落とした人を「人柱」と表現しますが、これは実際の柱とは違う!神道をはじめとする多神教では神々の事を一柱、二柱と数えます。柱とは助数詞であって、人柱となった人は、その死によって共同体に貢献し、神に近い存在になった事を示している…。 
 
 実は、人柱は大昔の風習ではなくて、この北海道でも心霊スポットとしても有名な常紋トンネルでは、作業員に過酷な労働を課していたが、亡くなるたびに人柱として現場に埋められていた!実際に多数の人骨が発見されてますしね…。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
※コメントは承認後に掲載されます。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索