伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:2] [1121] rss feed
[2012.12.31]
■チョッと気になるお話しを・・!!(今年はこんな年でした。)
 いやー本当にご無沙汰しておりました。 ここ数ヶ月、活字とは縁遠い生活をしておりましたので・・! 
 
 今年最後の投稿が大晦日になってしまうとは・・。 
 
 と言う言い訳をしたところで、3月に投稿しょうとしていた、中途半端なブログを思い出しちゃいました。そして、無謀にもそのブログを9ヶ月のブランクを経て、皆様の前に恥ずかしげも無くお出しします。 
 
それでは、始めます・・・!! 
 
 昨年の東日本大震災の陰に隠れしまっているのですが、チョッと気になる事が少しずつ進んでいるんですよ・・! 
 
 日本では、農村の高齢化が進んでしまい、担い手がどんどん減っていると言う現実は皆さんご存知ですよねぇ! でも、北海道では残っている人達で、どうにか、畑や森林は守られている!と思っていたのですがねぇ・・・。 
 
 普段見ている景色は、さほど変わっていないし、時々、訪れる近くの町の景色も変わっていないと思って見ていたのに・・・! 
 
 日本農業新聞の記事(3月) 
 
 この記事の場所こそ、洞爺湖周辺に暮らす、私達の庭のような? 羊蹄山麓のニセコ、倶知安周辺なんですよねぇ!!  
 
 そこ(広い意味で北海道)に住んでいる人達が、素晴らしい景色だな〜と思うんですから、外国の人だって同じでしょうね。 売りに出てたら、そして買える状況の人なら、誰でも買えちゃうんですよ・・。 
 
 羊蹄山周辺 
 
 でも、農地はだめですよ! 小生のような農業委員が、しっかり、監視をしていますから・・・!! 
 
 農業を生業としている人しか、農地は買えません! 
 
悲しいかな、森林や昔、原野商法で問題になった、原野は野放しなのが現状なんですねぇ! どうすることも出来ないんです・・・。 
 
 さてここからが、書き加えますよ〜!  
 
 つい最近、こんな記事が新聞に載ってました。 
 
 北海道新聞記事 
 
 幸か不幸か今、開発が止まっているみたいですよ。 
 
歴史は繰り返すっていいますが、日本で20数年前に経験した、バブルの崩壊を教訓とするのか、同じことを繰り返すのか、興味深いですよねぇ〜!! 
 
 それにしても、世の中って、こんなに目まぐるしく、変わってしまうんですねぇ〜!  
 
 それに比べて農業って、歩みが遅いんですよ〜! 米なんて、1年に1度しか収穫出来ないんですからねぇ〜!! 
 
 来年は農業の存在意義が問われる年になるんです。 
 
政治家の皆さん、しっかり、日本人の食料を守ってくださいよねぇ〜!! 農家の為ではなく、日本国民のために・・・・。 
 
 皆さん、よいお年を〜!! 
 
 
  



▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
菜っ葉屋の農事だより
ヴェジファーム スガワラ
ヴェジファーム スガワラ
  風光明媚(び)な館山の地で葉物野菜(レタス、長葱など)を中心に栽培し、平成21年に農家と異業種の友人達と設立した「お伊っ達(おだって)本舗研究会」の構成員です。  
ブログ検索