伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ  rss feed
[2011.05.16]
 札幌がこんなに遠いなんて・・。 たどり着くまでに、なんと、3年もかかりました・・・! 
 
 感動です!! 長かった・・・!? 
 
アッ・・。 すいません、皆さん!  小生、自分の世界に浸ってました。 
 
 さて、正気に戻ったところで、チョッと、ご説明を・・・・。 
 
苦節3年、やっと、伊達で、認知?された、 
 
 
 久々登場の <お伊っ達本舗> の商品ですよぉ・・。 
 
まだ、あったんだ!? なんて、おっしゃらないでくださいよ。 地道に、歩んでまいりましたから・・!? 
 
 そんな事より、このキムチ、今年から、札幌の皆さんにも味わっていただけるようになったんです!! 
 
その場所とは、こちら、JR琴似駅前、 
 
 JR琴似駅 
 
 そして、仮説のテントの直売店!! えー、テント?  そんなこと言わないで・・。  
 
 チョッと、聞いて下さい・・。 重要なポイントがあるんですからねぇ!? 
 
 <その1>、琴似駅は札幌駅に次ぐ、利用客がいる。 
 
 <その2>、直売店(わくわく広場)は、11月まで、毎日営業。 
 
 <その3>、伊達の農産品がいつでも買える。 
 
 伊達の野菜を販売してくれる直売店(わくわく広場) 
 
さて、結果はどうなるんでしょうねぇ・・。 
 
 果たして、お伊っ達キムチは、北都の人達に受け入れて、もらえるんだろうか・・・・?  
 
 小生、チョッと?、不安です。  いえいえ、伊達の代表として、頑張りま〜すよ。 
 
 札幌の皆さん! そして、伊達ゆかりのお客様、琴似駅でお目にかかりましょう。  
 
 最初から、最後まで、宣伝でした、失礼しました!    
[2011.05.10]
 今回は、イコロ農園勤務の先輩方に、種の準備から、種まきまでと重要な助っ人をして頂いた、大切な苗もやっと、こんな状態に・・・。 
 
 
 ちょうどその頃、外では、米作りには避けて通れない、これまた重要な作業が待っているんですねぇ! 
 
 これを見たら、米の味が変わりますよ・・多分? 
 
 我が家の田圃の水源地(気門別川) 
 
 さて、ここからが、大仕事・・。 気合を入れて、ご覧下さい。 消費者の皆さん!! 
 
 1年間かけて、茂った草たち 
 
 掃除作業 
 
 この作業を我が家の場合は、約500mの距離を行うんですよねぇ・・! 
 
 昔は、この用水路(堀)を4軒の農家が利用していたので、男達の共同作業で行っていたんですけど、今では、我が家だけなので、女の人も総動員で大掃除ですよ! 
 
 汗をかきながらの重労働・・・。 後を振り返ったら、こんな具合になってます!! 
 
 掃除の終わった用水路 
 
 そして、6時間後に、やっと、この重労働から開放されました・・・。  
いつもの事ですけど、「なんで、こんな重労働を女にさせるんだよ!」って、女性陣に怒られるんです。 
 
 この時ばかりは、小生も頭を下げっぱなしなんですよねぇ。 ゴメンナサイ・・! 
 
 あー、疲れた!! 明後日あたりに、筋肉痛になるんだろうな・・・!? 
 
 我が家の今年の米は、<ゆめぴりか>と<ななつぼし>のブレンド米ですよ。 お楽しみに!! 
    
[2011.04.07]
 冬は飲むのが仕事みたいな?!小生も、この時期になると、流石に猫の手も借りたい忙しさになるんですよ・・。 
 
 そんな折、大切な仕事が残っていました・・!! 
 
 もみの脱棒作業(寺島さん撮影) 
 
 4月に蒔く予定の種もみの準備作業なんですけどねぇ。 いつもは種もみを購入してるんですけど、今年は、とっても美味しいと評判の北海道産米(・・ぴりか)を栽培しようと考えたんです。 
 
 でも、その種が手に入らないので、知り合いの農家から、種にする為に、もみを分けてもらったんですよね。 
 
 ただ、種にするには、一手間かかってしまうんです。 その作業(脱棒)って、大変な時間が必要なんですよね。 
  
 脱棒前と後のもみ(寺島さん撮影) 
 
 この作業をしないと、種として使えないので、とても大切なんですよ。(種まきの時に、棒が播種機械に引っかかって播けないんですよ!) 
 
 そんな訳で、この作業を引き受けてくださったのが、イコロ農園勤務?の二人の有り難い先輩方・・! 
 
 立派な種に変身しましたよ・・。 完璧な仕事でした!! 
 
 そして、種へと変身したもみは、ご覧のように、今は、水に浸して水分補給中なんです・・。 
 
 乾いた種もみに水分補給 
 
 先輩!! 種まき時には、また、助っ人お願いしますねぇ・・・。    
[2011.03.13]
 どこかで見た景色と似ている! こんな光景は、多分、目にする事は無いんだろうな・・と思ったんです。 
 
 原爆ドーム 
 
 小生、昨年の暮に研修で訪れた町、広島。 そして、その地の資料館で見た、一瞬で焼け野原となってしまった町を写した写真。 
 
 普通に暮らしている日常が、一瞬で地獄(非日常)へと変わってしまうって言う事が起きてしまうですね! これって、現実なんですよね・・。  
 
 陸前高田市の津波の後の写真 
 
 平和な暮らしに、慣れきっている日本人に、何か大切な教訓を与えたのかも知れませんね。 
 
 それにしても、今回の地震が、伊達にとって、大切な場所(先祖の地)である、宮城、福島が未曾有の被害を受けてるのが本当に辛いですねぇ・・!  
 
 世の中も、自然も、何が起きても不思議じゃないって事なんですね。  
 
 福島では、原発が大変な事になってますけど、被爆と言う最悪のシナリオにならない事を祈るばかりです。 
 
 「備え有れば憂い無し!」 こんな言葉を言えるほど、小生はまだ、悟りをひらいていないんです・・!!  
[2011.03.11]
 通信が全く取れない、状況になっています。 唯一、インターネットが繋がるようです。 
 通信手段として、この、ブログが使えると思います。 使える、通信手段はどんどん利用しましょう。 
 
 今回は、日本にとって、経験したことのない、有事です。 協力し合いましょう。 
 
伊達市(北海道)は、被害はほとんど出ていません。 津波の影響もないようです。 仙台周辺が、大変なようですね。 皆さん、頑張って下さい。  
[2011.02.11]
 新年を迎えてまもなく、小生のもとに、それはそれは、うれしい便りが届いたんです・・!  
 
 「僕、アメリカに行きます。」 去年の夏、農業実習生として、我が家で寝食を共にした青年S君からのもの!! 
 
 S君と出面さん 
 
 寡黙に農作業に取り組む、真面目な青年。 
 
 測量山から 
 
 この場所で、ニュージーランドへ行きたいと、遠くを見つめて語っていたよねぇ。 
 
 でも、アメリカを選んだのは、正解かもしれないよね。 良くも、悪くも、日本に一番影響を与える国なんだからね。 その懐に飛び込んで行って、そこから、日本を見つめると、違ったものが見えるかもね!? いえいえ、見える筈だよ・・・。 
 
 羊ヶ丘のクラーク像 
 
 日本の男子達よ、住み心地の良い日本から、一度、脱出してみてはいかがかな!! 人生は長いんだからねぇ〜。 
 
    
[2011.02.01]
 人との出会いって、不思議ですよね・・!?  
 
一昨年の秋の話になるんですが・・、その年の春に製造を開始した、ご存知!?、「お伊っ達キムチ」・。 
 その宣伝とPRを必死に続けていた、お伊っ達本舗スタッフの元に1通のメールが届いたんですよ・・。 
 
 その方(女性)Oさんは、<東京伊達会>の集まりに出席された方のご友人。 
 
 それは、伊達から市長がお土産に持参した品々の中に入っていた、お伊っ達キムチを友人から、頂いて食べたら、とても美味しいので、送って下さいとのOさんからのメールだったのです。 
 
 その後も、Oさんはキムチを、PRして下さっているんです。 本当に感謝しています。 
 
 駒ケ岳とSL 
 
 流氷とSL 
 
 
 お伊っ達キムチ 
 
 ところで、どの写真も素晴らしいですよねぇ・・! 
 
 これらの写真には、とても深〜い関係があるのですが、おわかりですか?  皆さん・・!! 
 
 チョッと難しい質問でしたかね。 ヒントも無いですしね・・。 
 
 それでは、答えをお教えしましょ・・!!  
 
写真を撮影された方こそ、Oさんのご主人、写真家の大木茂さんです。  
 
 お伊っ達キムチの宣伝に利用している、見覚えのある写真は、大木さんのご好意で撮影して下さった、大変に有り難い作品なんですよ。 
 
大木さんの写真集はこちらから  
 
 こうした、出会いから、また、様々な出会いが始まるんですよねぇ。 
 
 さて、小生も、飲んでばかりいないで、ぼちぼち、平成23年の行動を開始しないとね・・・!! 
 
 今年も、お伊っ達キムチを一生懸命、製造しますよぉ・・。 かわいがって下さいねぇ・・。 
  
[2011.01.05]
 ご存知!?、お伊っ達キムチの製造元、 「お伊っ達本舗」・・・・。 
 
 まだ、あったのかい? なんて言わないで下さいよ。  地道に?、静かに地味に生きてまいりました・・。  
 
そして、お陰さまで今年で、3年目を迎る事が出来ました。 
 
 
 見かけた事はありますよね・・? 
 
 
6月にオープンしました、直売所「峠のやおや」も、お客様のご支援によりまして、無事に年を越す事が出来ました。 
 
 
 申し遅れましたが、実は冬も営業してるんですよ。 
 
売る物あるのかい?ですって、是非ともいらして下さいな・・・。 冬には、冬の地産の農産物があるんですよぉ・・!! 
 
 大評判のジャガイモ(寒じめワセシロ)  
 
 他にも沢山、この時期ならではの逸品ありますよ。 
 
そして、お伊っ達本舗が、満を持して!?始めたのがこれ・・・!!   
 
 ナント、・・”通販サイト”ですよ・・!! 
 
 
  コチラから  
 
 
 農家の連中だけじゃとてもできません、これも素晴らしい仲間がいて、出来ちゃったんですよね・・!! 
 
「お伊っ達本舗」は、こんな、伊達をこよなく愛する仲間達が作ったものだからなんですよねぇ・・。 
 
 伊達まで、こられない方も、どんどん、伊達産の素晴らしい農産物をお買い求め下さい。 
 
 冬の「峠のやおや」  
 
 そんな訳で、”おだって”、始めちゃった、2011年の事始・・・。 
 
 小生には、吉と出るのか、凶と出るのか・・・? 
 
皆さん、よろしくお願いしますよぉ・・・・・。 
[2010.12.30]
 皆さん、今年は大声で笑えましたか・・・・?   
 
 今年も、師走の某日、伊達市内某所で、総勢40名ほどで、恒例の餅つきの会が行われましたよ。 この時期にしか、会えない方もいらっしゃいますが、大半の人達は、伊達のどこかで、お会いしている人達ばかり・・!?  
 
 師走のこの時期に、集まれるのは、暇人じゃないのって? 
 
 いえいえ、とんでもない!? どなたも、忙しい人達ばかりなのです! でも、小生は・・?? 
 
 何故か、この方々、自然と呼び合っちゃうんですよね!! 
 
 笑顔の餅つき担当の面々 
 
 今年も、それぞれに、色々な事があった筈、でもねぇ。 そんな事は、どうでもいいんです。 
 
 ひたすら、一つの目的(餅を食べたい!)に向かって、まっしぐらですからね・・・! 
 
 事前の打ち合わせなんてありません。それなのに完璧に、役割分担が出来ちゃって、あっという間に約50kgの餅をつき上げちゃいましたからね・・。 
 
 チョッと緊張気味の蒸かし担当の面々 
 
 船頭がいなくても、滞りなく、進んじゃうんですから、感動です。 そして、あちこちから聞こえてくる、爆笑の渦、渦・・。 
 
 なんとも、爽やかな時間でしたぁ・・・・!! 
 
 日本伝統の「餅つき」って、多分、家族の絆を確かめ合う、1年を締めくくる一大イベントだったんだろうなぁ・・・。 
 
 と言う訳で、この会の締めくくりは、ご想像通り、 
 
 当然の大反省会 
 
 老いも若きも大爆笑の年忘れ反省会になりました! 
 
 裏方で頑張っていただきました奥様方、有り難う御座いました。 そして、大変ご苦労様でした。 
 
 今年のもち米(白鳥もち)は色といい、つき上がりの状態といい、中々、出来のよい米でしたよ。 
 
長和の先輩Yさん!  
[2010.12.10]
 師走に入って間もない時期に、勉強!?のために数日間、山陰、山陽方面に行ってきました。 
 
 今年は、大河ドラマの影響か? 坂本竜馬ブームでしたね。 そんな、彼が活躍した幕末から明治にその時代を竜馬と共に彩った人達こそ、長州(山口県)の藩士達ですよねぇ! 
 
 日本の開国を主導した面々 
 
 江戸時代になり、広島から山口(萩)に国を移され、百二十万石から、三十六万石になった毛利一族や家臣たちがどれだけ幕府を恨んだ事でしょうね。 そして、そのエネルギーが最高潮に達したのが幕末・・!! 
 
 松下村塾  
 
 吉田松陰が作り、久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文など、数多くの人達が教えを受けた場所がここ。  
 
 とんでもない状況になってしまった今の日本、どのように国を導いて行ったら良いのか分からず、右往左往している、世の政治家達!? 
 
 
 今の日本を当時になぞらえるのは先人達にチョッと失礼だとは思いますけどね・・! 
 
 小生も、生業の農業を取り巻く情勢に対処出来ないで、四苦八苦しているのが現状ですから、修行が足らないぞ! と言う先人たちの声が聞こえてきそうですよ・・・。 
 
 そうですよね、彼らは20代〜30代で、事を起こしたと言うのに、小生は50代で、こんな有様ですからね。 比べること自体野暮でしたがねぇ。   
 
ア〜、情けない、情けない・・・・! 
 
 
 そんな事を考えながら、小生、先人達に思いを馳せて、深く頭を垂れ、心を込めて手を合わせてきましたよ!  
 
 
 
 ところで、読者の皆さん・・! この場所って、自分が凡人だって事を忘れてしまう様な、不思議な空間でした・・・。 
 
 そんなことより、凡人ではない、政治家の先生達へのお願いなんですが・・・。 
 
 荒海の中にいる日本丸の正しい舵取りをお願いしますよ・・!  真剣にねぇ・・・! 
 
  
菜っ葉屋の農事だより
ヴェジファーム スガワラ
ヴェジファーム スガワラ
  風光明媚(び)な館山の地で葉物野菜(レタス、長葱など)を中心に栽培し、平成21年に農家と異業種の友人達と設立した「お伊っ達(おだって)本舗研究会」の構成員です。  
ブログ検索