伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [290] rss feed
[2019.03.31]
■有珠山噴火から19年
2000年3月31日  
 
午後1時10分  
 
 
 
 
 
 
有珠山が  
 
1977年以来23年ぶりに噴火した。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
当時、私たち家族は  
 
伊達市内にある総合施設に避難していました。  
 
 
 
 
 
 
 
あの時、同じ避難所にいた男性が  
 
 
 
 
『噴火したぞ───!!!』と叫んだので  
 
 
 
 
急いで外に出ると  
 
 
 
 
西山から黒い噴煙が空を覆い始めた。  
 
 
 
 
 
 
 
 
市内にサイレンが鳴り響いていた。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テレビのニュースも  
 
 
『有珠山23年ぶりに噴火』の表示と共に  
 
 
黒い噴煙が映し出されていた。  
 
 
 
 
 
 
 
 
その瞬間、絶望に襲われた・・・。  
 
 
 
 
 
 
『この街が灰だらけになってしまう』  
 
 
『犬たちが死んじゃう』  
 
 
 
 
 
 
それしか頭になかった・・・。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伊達市内は被害はなかったが、  
 
 
 
 
洞爺湖町(当時の虻田町)に  
 
 
甚大な被害を及ぼした。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
噴火湾のホタテにも被害が出たという記録もある。  
 
 
 
 
 
 
 
 
だけど、全国の方たちからの支援のおかげで  
 
復興できた。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とはいえ、有珠山は20年〜30年の周期で噴火する。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
またいつか噴火する。  
 
 
 
 
 
 
 
 
1977年のような山頂噴火になるかもしれない。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もっと深刻な被害を及ぼす可能性もある。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
避難生活が長くなる可能性だってある。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
被災した地域を復興させるには  
 
 
いろんな課題がある。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その事について  
 
考えなければなりません。  
 
 
 
 



▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
プロフィール
ユリシス
ユリシス
地元で漁業関係の仕事をしています。 
 
 
 
【趣味】 
釣り・家庭菜園・野球観戦(TV観戦) 
音楽鑑賞 
ブログ検索