伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ  rss feed
[2020.03.31]
何だか、あっという間に20年になった。  
 
 
 
 
 
あの時はいち早く避難した事で  
 
 
人的被害はなかったけど、あの避難生活は  
 
心身ともに苦痛だったのを覚えています。  
 
 
 
 
 
っていうのは、避難所の夜が嫌だった。  
 
 
 
オヤジたちが毎晩のように酒を飲んで騒いでいたからだ。  
 
 
 
 
 
 
避難しているっていう自覚がない!!!  
 
 
 
当たり前の生活が出来なくなって  
 
ストレスたまりまくっているんだよ!?  
 
 
 
 
 
当時中学生だった私は  
 
自宅でパソコンの練習に夢中になっていた矢先に  
 
避難した。  
 
 
 
 
 
 
避難所にパソコンが2台設置されたのですが、  
 
混んでいて触れる時間はほとんどありませんでした。  
 
 
 
 
 
 
それに、ほとんど眠れなかった・・・。  
 
 
 
 
 
 
 
 
仕切りもないので、プライバシー保護なんてなかった。  
 
 
 
 
 
 
 
 
この先、また有珠山噴火を経験するかもしれない。  
 
 
 
 
 
 
 
地獄のような避難生活はしたくない。  
 
 
 
 
 
 
 
 
[2020.03.11]
東日本大震災から9年になりました。  
 
 
 
 
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。  
 
 
 
 
 
被災された方々へ  
 
 
心からお見舞い申し上げます。  
 
 
 
 
 
 
 
 
9年という歳月が流れると  
 
 
 
 
『風化』というのを恐れてしまいます。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今まで経験したことのない揺れ  
 
 
 
 
 
 
 
 
街を襲った巨大津波  
 
 
 
 
 
 
 
そして、原発事故・・・  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一瞬にして日常が奪われてしまった。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
当たり前のように使っていた  
 
 
電気・水道・ガスなどのライフライン  
 
 
 
 
通勤・通学などで通っている道路  
 
 
 
 
 
食料・住まい  
 
 
 
そして家族・・・  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何気ない日常生活を送れるのは  
 
 
どれだけありがたい事なのかっていうのを  
 
気付いたのか・・・・・・・。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつ大きな災害が起こるかわからない。  
 
 
 
 
 
 
だからこそ防災・減災の事を学び  
 
 
生かす事が大事だと思います。  
 
 
 
 
 
 
 
 
[2020.01.17]
阪神・淡路大震災から25年。  
 
 
 
 
当時、私は小学生でしたが  
 
 
ニュースを見たのはわずかですが  
 
 
覚えています。  
 
 
 
 
 
 
倒壊した家屋  
 
 
根元から倒れた高速道路  
 
 
炎に包まれた神戸の街・・・  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
かなり前の話ですが、近所に  
 
神戸で震災を経験された知人がいました。  
 
 
 
 
 
 
話によると  
 
下から突き上げるような大きな揺れだったそうです。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その方は、震災によるストレスなのか不明ですが  
 
 
 
 
アルコール依存症になっていたのです。  
 
 
 
 
 
 
 
一人暮らしだったので  
 
 
何回か呼んで、一緒に食事をしていました。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今は遠くにある老人ホームに入所しているので  
 
 
会いに行く事ができません。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この時期になると  
 
 
 
 
『○○さん(知人の名前)こんな事言ってたな』と  
 
 
 
ふと思い出すのです。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
当時被災された方の心は癒えていない。  
 
 
 
 
 
 
 
『復興』とは何なのか  
 
 
 
 
 
 
 
そして風化させないために  
 
後世へ語り継がなくてはならない。  
 
 
 
 
 
 
 
 
いつ大きな災害が起こるのはわからない。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分の命は自分で守る。  
 
 
 
 
 
 
もちろん助け合うのも大事。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今一度  
 
 
 
防災・減災について考え直そうと思います。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[2019.11.14]
ニュースでもありましたが  
 
道内各地で暴風雪警報が発令されています。  
 
 
 
夕方に初雪が降りましたが、  
 
とにかく風が強いです。  
 
 
 
 
 
不要な外出は控え、  
 
 
停電などに備えておきましょう。  
 
 
 
 
 
車を運転される方は  
 
トランクにスコップ・長靴・カイロ  
 
毛布などの防寒具を常備してください。  
 
 
 
 
 
 
外出先で暴風雪に遭ったら  
 
コンビニなど安全な場所に避難してください。  
 
 
 
[2019.10.11]
大型で強い台風19号が接近しています。  
 
 
明日には関東地方を直撃するとの事。  
 
 
 
明後日、北海道に接近する恐れがありますので、  
 
早めの対策をお願いします。  
 
 
 
 
外に置いてある植木鉢や物干し竿を屋内に入れてください。  
 
 
 
 
 
停電や断水に備え、  
 
懐中電灯・モバイルバッテリー・給水袋  
 
大きいペットボトル・凍らせたペットボトル  
 
ビニール袋・非常食・飲料水・ラジオなどの  
 
防災用品を用意してください。  
 
 
 
 
風が強いと防災無線が聞こえにくくなるので  
 
伊達市の防災ツイッターがありますので、  
 
アカウントを持っている方はフォローする事を  
 
おすすめします。  
 
 
 
 
 
 
 
[2019.09.06]
北海道を襲った  
 
『胆振東部地震』発生から1年。  
 
 
 
 
亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。  
 
 
そして被害が大きかった地域の皆様に  
 
心からお見舞い申し上げます。  
 
 
 
 
 
夜中に鳴り響いた  
 
緊急地震速報のアラーム  
 
 
 
 
そして大きな揺れ・・・  
 
 
 
 
ニュースを見ている最中に停電。  
 
 
 
 
 
 
 
当たり前のようにあった日常生活が  
 
突然失われた・・・・。  
 
 
 
 
 
 
夜が明けるのを待ち、  
 
冷蔵庫の中に凍らせたペットボトルを入れたり  
 
発電機を起動させて携帯の充電器をチャージした。  
 
 
 
 
テレビに電源を接続させたが、電波が来ない・・・。  
 
 
私の家はラジオの電波が届かないので  
 
スマホのワンセグでテレビを見ていました。  
 
 
 
 
日中にセイコーマートで買い物をしましたが  
 
商品はほとんどなくなっていた。  
 
 
 
あの時スマホの電波があったので、  
 
急遽ブログ更新をしたのです。  
 
 
 
 
 
家に帰った後は明るいうちに  
 
晩ご飯を作った。  
 
 
 
 
ガスと水道が使えたのが不幸中の幸い。  
 
 
 
 
圧力鍋でご飯を炊いて  
 
簡単なおかずを作る。  
 
 
 
 
家中に懐中電灯やランタンを置いて  
 
明かりを確保。  
 
 
 
 
 
 
 
 
だけど、不便だったのは  
 
防災無線が聞き取れない事とネットが  
 
繋がりにくかった事。  
 
 
 
 
 
ツイッターやインスタグラムを送信するのに  
 
かなり時間がかかった。  
 
 
 
 
 
 
電気が復旧したのは  
 
翌日未明。  
 
 
 
 
 
 
 
改めて電気のありがたさを知った。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
当時の事をインスタグラムで少しずつ  
 
載せますので、ぜひご覧ください。  
 
 
 
 
 
インスタグラムアカウントは  
 
@ulysses_butterfly219です。  
 
 
 
[2019.09.01]
今日は『防災の日』  
 
 
 
各地で災害が相次いでいます。  
 
 
 
先週は九州北部で豪雨災害がありました。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして6日は  
 
 
 
 
 
 
『胆振東部地震』発生から1年。  
 
 
 
 
 
ニュースや新聞で被災した地域を見ると  
 
 
いまだに地震の爪痕が残ったまま・・・。  
 
 
 
 
 
 
 
 
またいつ大きな地震が来るか不安になる。  
 
 
 
 
 
自宅には懐中電灯・ランタン・電池・カセットコンロ  
 
ガスボンベ・水を入れる袋・ポリ袋・古新聞・  
 
凍らせたペットボトル・救急用品など備えています。  
 
 
 
 
 
 
去年の停電では懐中電灯と凍らせたペットボトルが  
 
役立ちました。  
 
 
 
 
携帯電話の電波が悪かったが、ワンセグテレビが見れたので情報収集できたのも幸いでした。  
 
 
 
 
 
 
そして市の防災アカウントも登録し、  
 
通知機能をオンにしています。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伊達市のツイッターアカウントは  
 
@bousai_date_hkd  
 
『北海道伊達市防災情報』です。  
 
 
 
 
 
ちなみに私は  
 
北海道電力・警視庁災害対策課のツイッターも  
 
フォローしています。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北海道電力株式会社ツイッター  
 
@Official_HEPCO  
 
 
 
警視庁警備部災害対策課ツイッター  
 
@MPD_bousai  
 
[2019.08.16]
台風10号が北海道に接近しています。  
 
 
 
 
明るいうちに飲み水・食料・充電器・ラジオ  
 
懐中電灯などの準備をお願いします。  
 
 
 
 
 
SNSをやっている方は  
 
 
 
伊達市の防災ツイッターのチェックをお願いします。  
 
 
 
 
 
 
また自主避難される方は  
 
風が強いので気を付けてください。  
 
 
 
 
 
 
避難所は  
 
 
 
 
防災センター  
 
 
 
カルチャーセンター  
 
 
 
大滝総合支所です。  
 
[2019.03.31]
2000年3月31日  
 
午後1時10分  
 
 
 
 
 
 
有珠山が  
 
1977年以来23年ぶりに噴火した。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
当時、私たち家族は  
 
伊達市内にある総合施設に避難していました。  
 
 
 
 
 
 
 
あの時、同じ避難所にいた男性が  
 
 
 
 
『噴火したぞ───!!!』と叫んだので  
 
 
 
 
急いで外に出ると  
 
 
 
 
西山から黒い噴煙が空を覆い始めた。  
 
 
 
 
 
 
 
 
市内にサイレンが鳴り響いていた。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テレビのニュースも  
 
 
『有珠山23年ぶりに噴火』の表示と共に  
 
 
黒い噴煙が映し出されていた。  
 
 
 
 
 
 
 
 
その瞬間、絶望に襲われた・・・。  
 
 
 
 
 
 
『この街が灰だらけになってしまう』  
 
 
『犬たちが死んじゃう』  
 
 
 
 
 
 
それしか頭になかった・・・。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
伊達市内は被害はなかったが、  
 
 
 
 
洞爺湖町(当時の虻田町)に  
 
 
甚大な被害を及ぼした。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
噴火湾のホタテにも被害が出たという記録もある。  
 
 
 
 
 
 
 
 
だけど、全国の方たちからの支援のおかげで  
 
復興できた。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とはいえ、有珠山は20年〜30年の周期で噴火する。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
またいつか噴火する。  
 
 
 
 
 
 
 
 
1977年のような山頂噴火になるかもしれない。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もっと深刻な被害を及ぼす可能性もある。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
避難生活が長くなる可能性だってある。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
被災した地域を復興させるには  
 
 
いろんな課題がある。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その事について  
 
考えなければなりません。  
 
 
 
 
[2019.01.12]
各地で火災が相次いでいます。  
 
 
 
 
その原因の1つは  
 
 
 
 
 
 
空気の乾燥  
 
 
 
 
 
 
 
 
冬になると喉が渇いたり  
 
肌がカサカサして痒かったりしますね。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてもう一つの原因  
 
 
 
 
 
 
 
 
『静電気』  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドアノブや手すりに触れたら  
 
バチバチって音がして、激痛に襲われます。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その静電気による火災もあります。  
 
 
 
 
 
特にセルフ式ガソリンスタンド  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガソリンはすぐ揮発するので、  
 
わずかな静電気でも発火します。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
100均などで  
 
 
静電気を抑えるブレスレットがあります。  
 
 
 
 
 
室内では加湿器を使うか  
 
 
濡れたタオルを干して  
 
 
適度な湿度を確保しましょう。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール
ユリシス
ユリシス
地元で漁業関係の仕事をしています。 
 
 
 
【趣味】 
釣り・家庭菜園・野球観戦(TV観戦) 
音楽鑑賞 
ブログ検索