伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ  rss feed
[2019.07.13]
 昨年暮れの話だけど、小生は仲間たちと研修と銘打った旅へ! 
 
 行った先は、九州大分県国東(くにさき)半島。 
 
ここで、出会った女性に感動! 
 
大阪出身の彼女、未経験の農業に参入。会社を作ってしまった。 
 
 
子育て中の女性が、自分たちの都合で仕事をするには、会社に勤めながらでは無理! 同じ立場の女性たちが補い合って、働くしかないだろうって事で、会社を作り、農業を始めちゃったって訳・・・。 
 
 
リーフレタスをコンピューター制御で、水耕栽培している。 
 
 
人手不足で、外国人労働者が引く手あまたの日本。 
 
女性たちが、女性たちだけで、農産物を作る! そんな農業も有りだよなぁ!! 
[2019.07.11]
 まず、栃木県民の皆さん、タイトルについて、ご容赦下さい! 
 
 昨年の正月の事、妻とともに、私の母校のある水戸市に行ったついでに、折角なので、宿泊先の日光へ行く前に、宇都宮で有名な餃子食べて、目的地へ行こうと言う事に・・。 
 
 ガイドブックを調べたら、聞き覚えのある、大谷石の文字! あまり、期待もせず(失礼)、現地へ。 
 
小生の無知さに愕然! なんじゃ、この景色。 
 
 
そして、案内されるままに、建物の中へ。 
 
 
ここからの感動は画像で・・・。 
 
一昔前は、政府の備蓄米の保管に使われていたとの事。 
 
映画のロケやコンサートで使われるとの事。 
 
冷やっとした、感覚と圧倒される地下空間! 
 
 
 ここは、ホントに素晴らしかったなぁ!! 小生が言うのも変な話だが、見て損なし。 
 
もう一度、行きたいなぁ。 
[2019.07.09]
 ご無沙汰です! 3年も空いちゃったんですね。 小生、還暦から、休んでたって事なんですね・・・。 
 
1917年の春は散々だったな! 小生が農業を始めて、1番辛い年だったかも!! 
 
 
屋根が飛んだ。 
 
 
野菜の苗が流された。 
 
 
道が流された。 
 
 今考えてみたら、異常気象は、もう、日常の出来事の様に慣れてしまったかも!? 
 
 でも、慣れちゃだめですよ〜。 
[2017.02.06]
 皆さん、覚えてますか? 小生の事を!  
 
 ブログの書き方も忘れてしまうほど、ご無沙汰しておりました!! ご機嫌はいかがですか? 
 
 小生の生業、野菜作りは2シーズン過ぎた訳だから、ブログは、野菜作りより大変だっていう事かな・・・。 
 
 でも、決して忘れないのが、飲兵衛の性!(笑) そんまな訳で、今回は、今年で7回目を迎えた、非公開の宴を・・・。 
 
 
 
 この地はインバウンドで相当賑わっているんです。 
 
 
 
 知る人ぞ知る、小生お気に入りの宿。 中身で勝負の源泉かけ流しの湯と、主人手作りの最高の料理。 
 
 
 
  ほんの一部ですが。 
 
 
 
 そこに、小生の友人(その道では名の知れた、酒屋の社長厳選の純米酒が並ぶのだから、飲兵衛にはたまらない! 
 
 
 
 記録的な寒さが続く、北の湘南の地で、飲兵衛たちは、延々と飲み続けるのです! 笑わないでください、 
小生を含む、仲間たちは議論をするのでなく、ただ、至福の時を共に過ごしているだけなんですから・・・。 
 
 でも、時間が足りない!! 
  
[2016.01.11]
 年が明けて、少し時間が過ぎましたが、年頭のご挨拶を・・・。 皆さん、今年も宜しくお願い致します。  健やかな一年をお過ごしになる事をお祈りしております!! 
 
 さて、ここからが本題ですよ〜。 小生、あまりにも前のめりな人生を歩んで来たものですから、自分の年齢などに無頓着!! 気が付けば、実は還暦だったんですよ〜(笑) 
  
 そんな訳で、今年の正月は申にゆかりの地へ、身を清めに?行って参りました〜。 
 
  
ご存知、日光東照宮です。 
 
 
この五重塔までは無料で〜す。 ここで、参拝料(入場料)を支払って、奥へ参ります!!  
 
 
すぐに、馬小屋が・・。でも、そこに、あの有名なあれがあるんですよね〜。 
 
 
 (三猿)「見ざる、言わざる、聞かざる」です。 何故、馬小屋に猿かというと、猿が馬の守り神と言う故事に由来するらしいいんです!?  そう言えば、我が家でも、午年の父の守り神が、申年の小生って訳?(笑) 
 
 
 ただ、良く見ると三猿だけが有名だけど、八つの場面があり、人の一生を表現しているらしいんですよ〜!! 
 
 奥が深いんですね・・・・。 
 
 
 後ろを振り向いたら、こんな建物が・・。 そこには、あれが・・。 
 
 
 下絵を描いた、作者が本物を見たことが無いので、想像して描いたと言われているらしい!! まさしく、『想像の象」という、タイトル!! 
 
 
 ところで、象と猿を比べて、何か感じませんか? 
 
 この日も、外国人を含め、スゴイ数の観光客が参拝していたのですが、彼らも、多分思ったのでは・・!? 
  
「三猿がミ・ジ・メ!!」 と・・。 
 
 観光産業を国の柱にするなら、もっと、観光資源の修復に予算を付けるべきじゃないかな〜。 国会議員の先生方!!  
 
急がなきゃ、観光客が逃げちゃいますよ〜。(笑) 
 
 余談はさて置き、もっと奥へと歩みを進めると、 
 
  
 ご神木が、あちこちに!!   
 
 
 そして、徳川家康公を祭る、本殿の入口を守っているのが・・、東照宮で最も有名なもの、 
 
 左 甚五郎作?と言われている 「眠り猫」 
 
「眠っていても、大丈夫!」な、泰平な世が続く事を願っていると言う、意味らしいんですが〜。 
 
 こんな、静かな雰囲気を久しぶりに味わいながら、仙台伊達藩ゆかりの場所で一泊 
 
 
 
還暦の身を清めて?参りましたたと言う 
 
 そんな、土産話?でした・・・。 (失礼) 
[2015.12.29]
 「百聞は一見に如かず!」 この言葉を暫くぶりで思い出しましたよ〜。 
 
 小生は別の顔?で、12月始めに6年ぶりの視察研修で関西へ行ってきました〜。 仕事ですよ!! 
 
 あまり、念を押すと疑われちゃうかな!?(笑) 
 
最終日に、1時間ほどの余裕が出来たので、この場所だけ、訪れることが出来たんです・・。 
 
 バスを降りて、後ろを振り返ったら、こんな景色が。 
 
 
 山々に囲まれた市街地が眼下に広がってました。なんとなくゆったりしたたたずまいに見えるのは気のせい? 
 
 そして、気合を入れ歩き始め賑やかな参道を歩いていくと、前方に・・。 
 
 
階段を登り、門をくぐり、少々歩くと・・。 
 
 
 さて、ここからは、もう、見慣れた景色!? 解説なんて無用ですね〜。進みましょ!! 
 
 
 下を見て驚き、遠くを見て、例年より劣ると言わたが、それでも見事な紅葉を眺めて感動してました。 
 
その場所とはここ!! 
 
 
 ご存知、清水寺!!  しかし、舞台から、飛び降りる覚悟をするというよりも、舞台の床が落ちるのではないかという不安に襲われてしまいますよ〜。(笑) 
 
 早々に、その場を立ち去って、上を見ると 
 
 
これは、スゴイ!! 舞台下から、上を見上げたら、飛び降りる覚悟は消えますね〜!(笑) 
 
 判断を下すときは、色々な方向から眺めて、考える必要が有るんですね〜。 実感しちゃいましたよぉ。 
 
 先人たちは、ひょっとして、こんな事も言いたかったのかも・・・!?? 
 
 
 それにしても、観光客が増えて、有難い反面、静かな京都は・・、どこかへ行ってしまったようだ〜。  
 
 
 さ・び・し・い・なぁ〜!! 
[2014.01.28]
 小生の暮らす北海道伊達市館山地区はまだ田園風景が残る、農村地帯の様な住宅地の様な微妙な地域なんだよねぇ。 
 
 ところで、昨年秋から畑に通う途中で建築工事が進んでいた、興味深い建物が完成し、内部が公開されたので、行ってみたんです。 
 
 
 ここは、医療祉法人が運営するとの事!! 宣伝は請け負っていませんので、名前は出しませんよ〜。 
 
 
 ゆったりした部屋です。 
 
 
 皆でくつろげるスペースも日当たり良好!! 
 
 
 スタッフの皆さんが調理するとか!! 
 
 
 建物全体が当然、バリアフリーでよねぇ〜。 
 
 
 浴室は広めのユニットバスでした!! 
 
 
 多分、入所者は使わないのでしょうが、洗濯スペースも十分みたいですよ〜。 
 
 スタッフの皆さんも、笑顔の素敵な女性ばかりでした!! 
 
 この日だけの笑顔ではありませんよ。 小生、チャンとチェックしましたから・・・!? 
 
 高齢化が進んでいるのは、この地域だけじゃない、日本国中どの地域でも抱える問題なんですよね!! 
 
 昔のように、家族が世代を超えて、同居出来ればいいのでしょうが、流石に、今の状況じゃ難しいでししょうね。 
 
 こうした施設にお世話になるのも良いのかなぁ・・〜。 
 
 人と人とがかかわりあって生きるのが、自然なんだろうなぁ〜!? 
 
 そんな事を感じた見学でした。 満足、満足!! 
 
ところで、写真は許可をもらって撮影しましたが、お金はもらってませんよ〜・・。 (失礼) 
[2013.11.29]
 皆さん、しばらくでした!! この言葉も、使い過ぎると良くないのは身に浸みているんです・・・。  
 
 でも、ゴメンナサイ!! 
 
 ところで、小生と同じように、世間では頭を下げたり、土下座をしたり、謝ってばかり・・・。 
 
 反省して、世の中が良くなるのかと思って見てもさほど変わったように見えないのは小生の思い過ごし?! 
 
 さてと・・・、タイトルの中身に移ろうかな・・。 
 
 ここのところ、テレビで話題になっているのが、40年ぶりに、政府が米の減反政策を廃止! 5年後を目途に!!  
 
 40年も続いてしまうと、減反て・・? と思う人たちが世の中にどのくらいいるでしょう。 小生の子供達もその中に入っちゃいますねぇ〜。残念ながら・・。 
 
 減反? そもそも、戦後の食糧難の時代を経験して、日本人の主食たる米を国がすべて買い上げ、国民に漏れなく供給していた(食糧管理法と言う法律に則って)。 それが、国民の食生活の多様化などによって、消費量が減少し、また、農業技術が向上して増収がなされ、どんどん、米が余ってしまい、どうしようもなくなってしまい、農家に米を作る面積を減らし、生産量を減らそうと国は考えたんですね〜ぇ! 
 
 その代わり、それによって生じる収入の不足分は国が補償します! そして、使われなくなった田圃では荒れないように別の作物を栽培して下さい! どんな作物を栽培しても良いですよ〜!  
 
 この様なしくみで、米の栽培は40年間続いてきたんですよ・・・!! 
 
 これが、減反(生産調整)のお話・・・!! 
 
 やっぱり、話が硬くなって来ましたねぇ〜! チョット一服しましょ!! 
 
「北海道有数の良食味米を生み出している洞爺湖の水」 
 
 
 さて話を戻しますよ〜。 
 
 皆さんが食べてるお米っていくらですか〜?  10キロ「 3500円? 4000円? 5000円!? そのくらいしますよねぇ〜。 つまり、1俵(60キロ)21000円〜30000円になる勘定です。  
 
 この数字を見ると、確かに結構な金額になりますよねぇ〜。  
 
 ところが、農家の懐に入る金額(収入)は2300円ほど、ここから経費を支払うわけですから、ほとんど、手元に残らないのが現状なのです。 
 
 農業関係者以外の人達から、農家は過保護だと言われる場面がありますが、小生も完全否定はしません・・・。 
 
 また、農業者の中にも、言っている人達もいます。 
 
でも、農業者のうち、自分で販売を行っているのはごく少数の人達で、ほとんどの農家(米)は現状の流通で販売するしかないんですよねぇ〜!! 
 
 小生は、野菜農家ですから、過酷な市場経済の中で生きています。 でも、野菜は所詮、おかずなんですよ〜。 
 
 米は主食ですからねぇ〜!  
 
 この際、日本の米、主食をじっくり考える時かもしれませんよ〜。 皆さん!  
 
 外国から、安い米がどんどん張って来るかもしれませんが、永遠に入って来る保証はないんです。  
 
 そして、美味しいお米を食べている皆さん、一度、美味しいものを口にしてしまったら、もう、元には戻れないんですよ〜。 
 
 最後は、脅しかよ〜。 
 
 なんて言わないでください。 農家の親父のひとりごと何ですから・・・。 
 
 今度、土下座してお願いするかも。 その節は宜しく・・・・。 
 
 やっぱり、こう言うお話、小生には向いてないのかな・・・。 
 
 結構、疲れますね・・・・。  
 
 そこで、最後まで、お付き合い頂いた皆さんへのお礼です。 
 
 絶景をご覧いただきましょう。 
 
(有珠山噴火の置き土産) 
  
[2013.03.13]
 しばらくぶりのブログで、こんなうれしい事をご報告出来るとは・・・。 
 喜ぶのは小生のような飲兵衛だけかなぁ・・!? 
 
 さて、本題に入りますが・・。 今回話題にするのは、小生の友人、この人・・。 
 
 
 日本酒を愛するこの辺りの人達には知れた人、開業以来、百年以上の歴史を持つ、隣町室蘭の老舗酒店のオーナー、酒本久也氏・・。 
 
 なんたって、彼は日本中の蔵元を訪ね歩き、自分の舌で探し当てた、その地の人しか味わえなかった酒を、私ども北海道中の酒を愛する人たちに紹介して歩く、「日本酒の伝道師!」ってとこかなぁ〜。 
 
 そんな彼から、連絡が・・・。 やっと、西胆振の人達に、旨〜い純米酒を手軽に飲んでもらえるようになったんだよ・・!! 
 
 なんと、伊達市内のお店で、酒本の酒が手に入るという、それはそれは、小生にとって、本当に美味しいお話じゃないですかぁ〜! 
 
 Aコープ(くみあいマーケット) 
 
 そして、小生というより、妻の行きつけのお店というのが有り難い!? 
 
 
 黙っていられなくて、早速、行って来ましたよぉ〜!! 
 
 
 酒本社長一押しの純米酒がずらりと並び、感動、感動・・!! 
 
 そんな中で、やっぱり、1番のこだわりは、伊達ではこれでしょうねぇ〜。 
 
 
 伊達で、栽培した米(当然、北海道の酒米!)で、作った純米酒なんです!! 伊達の農家の心意気と酒本商店の情熱が隠し味・・!?  
 
 当然ですが、小生のお気に入りの酒ですよぉ!!  
  
 これから、春を迎える準備で、忙しくなりますが、小生を含む、飲兵衛たちは・・。 
 
 
 こんな感じかな・・・?? 
 
 迷惑かけないように、体をいたわりながら、過ごしましょ!! 酒好きの方々。 
 
 今日は最高のお話だったでしょ・・・!? 
[2013.01.29]
 スーパーでの買い物で今、奥様達が一番頭を抱えているのが多分、野菜の高値!! かな? 
 でも、結構、不思議な事が起きているんですよぉ〜!! 
 
「野菜の高値を伝える新聞記事」 
 
 その理由が、今年の異常低温で、野菜の生育が遅れていて、供給量が極端に少ない為!!どうしようもないんです・・・!! と、マスコミも消費者の皆さんを先導してますよねぇ。 
 
 国内の野菜が高いんだったら、輸入したらいいんじゃないのと言う話しになるんですが、これまた、簡単な話しじゃないみたいなんですよ。 
 
「中国の低温を伝える新聞記事」 
 
 この寒さの影響は日本だけじゃなかったと言う事情があるようなんです・・・。 が・・、 
 
 この新聞記事だけ読んだり、スパーで買い物をしている奥様は、きっと、野菜を出荷している野菜農家は相当儲かっているだろうと思ってるんじゃないですか・・!? 
 
 でもねぇ〜!! それは、誤解なんですよ〜!!  
 
どうしてか!?って・・・? 
 
 これまた、皆さんが、ご覧になった事のない、農業の業界誌をご覧いただきましょう・・・。 
 
「野菜の市況」(日本農業新聞) 
 
 わざと小さくして見えないようにしている訳ではないんですが?、野菜の取引価格は普通の状況と変わりないか、意外と安値で取引されてるんですよ・・実は・・!! 
 
 それじゃ、誰が儲けているんでしょうねぇ? 結論までは言えませんが、ご想像にお任せしましょ。 
 
 昔から泣きを見るのは、作る人と買う人なんですよねぇ〜!! どうにかならないものでしょかねぇ〜。 
 
 ム・・・・、今日は小生かなり、愚痴ってしまいました。 
 
  
 お詫びに、とって置きの情報を教えちゃいましょ! 
 
 伊達の農家の人達は、近くに住む消費者の皆さんにと、だて道の駅(観光物産館)にて、ささやかですが直接、お裾分けをしてますよ〜。  
 
 早く、暖かくな〜れ!! 
 
  
菜っ葉屋の農事だより
ヴェジファーム スガワラ
ヴェジファーム スガワラ
  風光明媚(び)な館山の地で葉物野菜(レタス、長葱など)を中心に栽培し、平成21年に農家と異業種の友人達と設立した「お伊っ達(おだって)本舗研究会」の構成員です。  
ブログ検索