伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:2] [昨日:1] [330] rss feed
[2019.12.24]
■和菓子は時代に合わないのか?
 
今回は和菓子の話である。 
私は酒が飲めないので、甘いものが好きである。 
 
しかし太ることを気にしているので、思うようには食べられないのが目下の悩みである。だから仕方なく栄養価の高いケーキは避けて、和菓子を食べる。その和菓子屋が元気が無い。 
 
最中「空也」(銀座)


ある時、ネット情報で老舗の「花園饅頭」が倒産したと知った。 
この会社には多少の縁があり、私の現役時代に会社の近くに花園饅頭の工場があった。 
 
ここの名物は社名と同じ「花園饅頭」と、もう1つは「ぬれ甘なっと」である。どちらもかなり値段が高いが、東京土産として有名であった。 
 
豆大福とワッフル「岡埜栄泉」(虎ノ門)  
 
 
私はお客様を訪問する時には、時々、工場の直売店で「花園饅頭」を買ったものだ。しかしこの会社は「近所のよしみ」も工場直売も関係なく定価販売で、私はいつも「愛想が無い会社だ」と思っていた。 
 
小平市の商工業者の会合などでも会うことがあったが、いつも工場長が出席していたが彼も愛想が無かった。 
 
鹿の子「鹿乃子・銀座店」(銀座)  
 
 
花園饅頭の元社長の対談がネットにあり、それを見て倒産の原因が分かった。やはりご多分に漏れず、バブル期の過剰設備投資が原因だったようだ。 
 
花園饅頭の本社は、以前は新宿花園神社の近くにあった。 
ある時、映画を見に行った帰りに、近くに行ってみた。 
すると元の本社の場所に、花園饅頭の売店と喫茶があった。 
 
桜餅「伊勢屋」(門前仲町)  
 
 
「倒産したのに、どうしたことか?」と思い、帰ってからネットで調べてみた。いまは昔と違って、調べものには便利な時代となったものだ。 
こんなことをネットの無い時代に調べるには、興信所に調査を依頼したものだった。 
 
花園饅頭は、どうやら高級フルーツ店の千疋屋の下で再出発したようだった。フルーツと饅頭の取り合わせで、上手く行くのか? 
 
どら焼き「清月堂」(銀座・松屋デパート)  
 
 
花園饅頭の歴史は古く、1906年の創業である。一方の 千疋屋は1834年の創業である。200年近くの歴史がある会社が100年以上の歴史の会社を傘下に入れたのだから、これだけでも驚く。 
 
IT企業の経営者が会社を設立して数年で株式公開をし、巨万の富を手にする時代にあって、100年単位で会社を継続して来たことに敬意を表する。その間には色々とあっただろうなー? 
 
花園神社の境内は銀杏と山茶花の花が落ちて、美しい花模様を作っていた。 
 
 
花園饅頭の名前は花園神社を知っている人なら、近くにある「花園神社」から取ったものであることが分かる。そこで久しぶりに花園神社を覗いてみた。 
 
「花園神社の歴史」であるが、1590年には既に存在していたようだ。 
早稲田通りの鳥居をくぐり、神社にお参りした。 
花園神社はこの場所に430年もなにも変わらずに、そこにあった。 
 
花園神社の向かい側に、花園饅頭の売店と喫茶が営業していた。 
 
 
(おまけの話) 
甘いもの好きの私がたまに行っていた甘味処「立田野」が、いつの間にか銀座から消えた。 
これもネットで調べたら、今は吉祥寺と渋谷の2店舗だけになっていた。 
 
人形町の「初音」も昔のような賑わいは無い。 
甘味処が今の時代には合わないのかもしれない。 
それは私自身が「時代に合わない」のと同じなのかもしれない。 
 
中花と大福「久保」(伊達市) 伊達市滞在中はよく「中花」を買って食べたので懐かしい。(ご夫婦は元気かな?) 
 
 
私の好きな和菓子の店は色々あるが、時々、買いに行く店がある。 
「鹿の子」を買う店名と同じ「鹿乃子」(銀座店)、豆大福を買う岡埜栄泉(虎ノ門)、どら焼きを買う「うさぎや」(上野店)。 
 
「清月堂」(銀座・松屋店)、そして庶民的な味と値段で勝負の伊勢屋(門前仲町)などがある。まだまだある。鯛焼きも好きだ。 
 
みたらし団子とこしあん団子「追分だんご本舗」(新宿)  
 
 
若い頃は和菓子は2〜3個くらいは食べられたが、いまは1個だけである。家族は殆ど食べないので、買う時に困る。1個というのは買いにくい。 
 
だから最低でも5個は買ってしまう。 
それを2日以内には食べないといけないので、太る原因を作っている。 
太るのを恐れケーキを避けたのに、これで台無しとなっている。 
 
人形焼き「板倉屋」(人形町)
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
URL:
*コメント:
プロフィール
心の伊達市民 第一号
心の伊達市民 第一号
北海道伊達市に2003年夏より毎年季節移住に来ていた東京出身のH氏。夏の間の3ヵ月間をトーヤレイクヒルG.C.のコテージに滞在していたが、ゴルフ場の閉鎖で滞在先を失う。それ以降は行く先が無く、都心で徘徊の毎日。 
ブログ検索
最近のスナップから
2月の山中湖 
 
丸ビル方面の夜景 
 
ラーちゃん