伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:1] [123] rss feed
[2019.01.28]
■今日の朝刊
噴火湾ホタテ大幅減産の記事がありました。  
 
 
 
 
 
昨年はホタテが大量に死んでしまい、  
 
出荷量が少なかった。  
 
 
 
 
漁港にある廃棄場も  
 
大量の殻や養殖かごに付く不純物で  
 
山になっていた。  
 
 
 
 
 
漁師たちが  
 
約1ミリの種貝から丹精こめて育て  
 
春には稚貝をオホーツクに出荷。  
 
そして三年貝を育てる作業。  
 
 
 
 
 
初夏まで耳吊り。  
 
 
 
 
耳吊りが終わる頃に種貝を捕獲する作業。  
 
 
 
 
 
 
 
 
秋から冬にかけて出荷。  
 
 
 
 
 
 
 
 
その繰り返しが毎年続きます。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それなのに  
 
 
 
原因不明の大量死・・・。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ホタテ漁師たちや従業員にとっては  
 
深刻な死活問題です。  
 
 
 
 
 
 
 
 
今年はどうなるのか  
 
わからない・・・。  
 
 
 
 
 
 
噴火湾ホタテの復活を願うばかりです。  
 
 



▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
プロフィール
ユリシス
ユリシス
地元で漁業関係の仕事をしています。 
 
 
 
【趣味】 
釣り・家庭菜園・野球観戦(TV観戦) 
音楽鑑賞 
ブログ検索