伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:1] [1280] rss feed
[2012.02.17]
■ ♪ 大切な ストリング その 8 ( ブリッジ 編 )
Ukulele のボディ・トップで踏ん張って、ストリングの強烈なテンションにひたすら耐えているパーツ 「 ブリッジ 」 。 
 
テナー・サイズで 1 本のストリングの張力が、およそ 4 Kg 前後と言われますから、合計で 16 Kg もの力で、ず〜っと 引っ張られ続けていることになるんでしょうね・・・。 
 
無口で小柄な力持ち・・・みたいなイメージのパーツです。 


ニカワやタイトボンドなどの接着剤で固定されているようですが、最近は、フロロカーボンやナイルガットなどの 「 高張力ストリング 」 にも耐えられるように 「 木ネジ 」 を併用するメーカーも多くあります。 
 
ブリッジにも、ストリングを固定する役割のほかに、ストリングの振動を効率よくボディのトップ板などに伝達するという極めて重要な任務があります。 
 
したがって、ブリッジがきちんとボディに接合されていないと 「 あまり鳴らない Ukulele 」 になってしまいます。 
( ここは 「 工作技術の質 」 が問われる部分でしょう ) 
 
(ブリッジの上でストリングが乗っている白いパーツを 「 サドル 」 といいますが、これも重要なパーツです。) 
 
ストリングを止める 「 ブリッジ・タイプ 」 は、主に 3 タイプ。 
 
 
もっとも多くてポピュラーなのが 「 ひっかけタイプ 」 。 
シンプルで扱いやすいタイプです。 
 
 
お次は、アコースティック・ギターのようにブリッジにストリング・ホールがあって、ブリッジ・ピンで留める 「 ピンどめタイプ 」 。 
高張力のストリング対応が狙いと言えるでしょう。 
 
但し・・・ Ukulele のストリングはギター・ストリングのように端っこに 「 ボール・エンド 」 は付いていないので、自分で適当な結び玉を作る必要があります。 
これは、慣れないと、ピンの脇からストリングがスルリと抜けてくるので、かなり要注意のタイプです。 
 
 
そして、私が最も好きな 「 結びタイプ 」 。 
 
クラシック・ギターのようにブリッジに結び付けます。 
手間はかかりますが、固定方法としては最も安定したタイプだと思います。 
 
いずれにしても、ここは 「 ストリングを確実に固定する 」 ということに最大限の注意を払わなければならない部分です。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

Profile
伊達ウクレレ協会 ( DUA )
伊達ウクレレ協会 ( DUA )
室蘭生まれの室蘭育ち。 
永く室蘭地域の経済振興に係る業務に携わってきましたが十数年前に縁あって伊達市に移住。 
現在、サラリーマンしながら、伊達ウクレレ協会(DUA)の代表幹事として協会運営にチョッピリ奔走しています。 
 
40年以上も慣れ親しんだアコースティックギターをウクレレに持ち替えて「ゆるゆる」をモットーにウクレレの音色普及と「伊達ウクレレ化計画」をLifeWorkとすべく、ゆるゆるのんびりと情熱を燃やしています。 
 
【趣味】 
音楽や絵画の鑑賞  
楽器演奏  
船釣 (イカ・カレイ・サバ釣り) 
読書 
 
【好きな食べ物】 
なんでも 
 
【嫌いな食べ物】 
なんだろ? 
 
【好きなスポーツ】 
アメリカン・フットボール 
バスケットボール 
 
【好きな花】 
桜・プルメリア・リンドウ・キキョウ 
 
【お気に入りの場所】 
良い空気を深呼吸できる 「 海の上 」 や 「 森の中 」 
専用の椅子 
Hawaii 
Sheraton Waikiki の海かぜ通るエントランス 
 
【お気に入りのカラー】 
いまは、メインがブラウン 次にホワイト 
 
【ストレス解消法】 
Ukulele を演奏する 
ネコと遊ぶ  
温泉や風呂に浸かる 
美味いものを食べる 
 
【特技】 
計算(暗算ではありません) 
作文 
観察 
実験 
どこでも眠られる 
 
【 夢 】 
Hawaii の Ukulele Event で演奏する 
北海道にウクレレイベントを創る 
北海道にウクレレオーケストラを創る 
 
【座右銘】 
人間 土壇場に理屈はない そんな時こそ絶え間ない訓練の花が咲く  
(40年以上使ってる銘です) 
 
人間万事、塞翁が馬 
 
【音楽の経歴】 
・私 
普通に小・中学校で音楽を学びましたが、高校では音楽の授業は選択しませんでした。 
大学では音楽のカリキュラムが必須でしたので、ピアノや理論を少し勉強しました。(音大でもないのにです) 
 
中学生のとき、吉田拓郎、かぐや姫、泉谷しげるの全盛期でしたので、ご多分に漏れず 「 フォークギター 」 を友人たちと弾き始めたのが楽器演奏の始まりです。 
残念ながらどなたにも師事したことはありません。全て独学でした。 
ウクレレはハワイでレッスンを受けました、30分だけですが・・・笑 
 
過去にライブやコンサートは結構な回数をこなしてきました。 
コンテストでの受賞歴は、中学校時代の 「 合唱コンクール 優勝 」 が最高位です。笑 
 
アコースティックギター、ウクレレ、エレキギターのほかに、今後はエレキベース、ヴァイオリン、三線、アルトサックス、篠笛、龍笛にチャレンジする予定です。 
 
・女房 
幼少のときにエレクトーンを学び、若かりし頃は伊達市の伝説的バンドに所属し、キーボード・プレーヤーとして、ザ・ワイルドワンズや聖鬼魔2(2はローマ数字)などのビッグネームのライブで前座演奏を務めた経歴を持つ実力派。 
DUAの音楽的バックボーンです。 
ブログ検索