伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ  rss feed
[2014.01.04]
皆様、ウクレレさなでございます。 
 
新年あけましておめでとうございます。 
 
久々の休みに狂喜乱舞しておりました。 
相変わらず引きこもり状態でテレビも観ず、ひたすら食べるか呑んでるか寝ているか、そして PC と遊んでいる、一見堕落したような(世間一般には堕落と言われそうですが)なんとも楽しい日々を過ごしておりました。 
 
ウクレレはあまり練習しなかった(´艸`*) 
 
実は年末に素敵なウクレレスタンドをゲットしました。 
 
創ってもらったのです! 
無理難題を押し付けて! 
 
いやー仕事が綺麗だし早いもの。 
そして、ド素人の私にも木目や木の性質について色々説明をしてくださいました。 
 
とうちゃんは「うんうん」と感心しきり。 
私は「杢目がギラギラしていて綺麗かどうか」という全く野性的感覚で注文してました。 
 
製作者は 
ウクレレビルダーの谷本さんです。 
きゃさ工房 さんです。 
北海道札幌で活躍していらっしゃいます。 
 
ではご覧ください。 
あなたもほしくなっちゃいますよ。マジで! 
[2012.11.26]
過日、楽譜を起こした 「 CANON 」 を、ただいま、猛特訓中です・・・ 
 
 
 
モノにするにはまだまだ練習しないと・・・ 
 
 
 
とりあえず、少しずつですが、上達しつつあると感じますが、まだ山や谷はたくさんありそう・・・ 
[2012.08.13]
ブログを書くようになってから、1年と数ヶ月。 
 
まぁ、手軽と言えば手軽ですが、これは私にとっては 「 DUA の広報手段 」 という位置づけなので、話題と言い回しの意識はそれが中心。 
 
 
「 ねこまんが 」 は、日頃なにかとせわしない業務から離れた 「 オアシス 」 として大切な役割です。 
 
 
そして、このほかに手書きの 「 日記 」 をつけています。 
[2012.04.17]
本業はまだまだこれからが佳境・・・ 
 
しかし先週末から今季のライヴの準備にも掛かり始めました・・・ 
 
もう平日の夜遅くか、休日の夕方以降しか、こうした準備に費やす時間がほとんどない状態・・・ 
 
( 先日 " 爆発 ” した腰は鍼灸治療と湿布剤で取りあえず抑え込み中・・・これも " 癖 ” になって困ったこと・・・ ) 
[2012.01.13]
Ukulele の演奏の際は、会場によってはいろいろと機材を用意する場合もあります。 
[2012.01.05]
れんさんの白ギャラ作品活用の後篇です。 
 
こちらは、最初から使いみちを決めていたのでOKでした! 
[2012.01.03]
本業へのアプローチと、Ukulele の演奏感覚を思い出すために、ぼちぼちと 「 日常 」 へ向けて動き出そうかと思います。 
 
とりあえずは、周辺整備として、先月、れんさんの 「 白ギャラ 」 で入手した作品の活用策を考えました。 
[2011.11.03]
スマートフォンを使いだして、早3か月・・・。 
 
以前使っていた 「普通の携帯電話」 と、さほど変わらない使い方をしているので 「何だ・・・スマホは必要なかったかな・・・」 と思っていました。 
 
ところが何と・・・驚きました・・・。 
[2011.07.10]
こんにちは。 
 
10日の天気はウクレレ日和です。 
 
こんな日は屋外でウクレレ演奏したくなりますが、その前にいろいろ考えたり、やらねばならぬことが山積・・・。 
 
今日はDUAメンバーのために工作作業をしました。 
 
「カポタスト」 通称 「カポ」 はコードフォームを替えずにキーを上げるためにギターではよく使います。 
 
愛用のギター・カポたち 
 
ウクレレ用にもカポは売られています。 
初めてウクレレを購入した時 「ギターでは頻繁に使うから、当然ウクレレでもカポは必要だろう」 と思い一緒に購入しました。 
 
しかし、5年経過してまだ一度もウクレレにカポを使う場面がなくウクレレには 「カポ不要論者」 になっていました。 
 
ところが今回、コンサートで予定している曲がコードフォームの展開は簡単なものの、キーが低くてDUAのボーカルが唄いづらい曲であることが判明。 
 
いつもなら移調してしまうのですが、オリジナルコードが弾きやすい展開のものを、移調すると複雑なコードフォームが登場してしまいチョット扱いに工夫が必要になります。 
 
「キーは上げたい」 、 「でもコードフォームを変えたくない」 というDUAメンバーのたっての願い?がありました。 
 
そうなると選択肢は 「カポを使う」 しかありません。 
 
ウクレレ用のカポは1,000円弱でギター用に比べるとかなり安価とは言え、使用頻度がそう多くないのにメンバーに購入してもらうのも気が引けていました。 
 
すると、サナが 「カポを作る!!!」 と言いだし、 
竹製割り箸、布ガムテープ、布テープ、輪ゴムを揃えせっせと作ってしまいました。 
 
ウクレレは1弦と4弦が細いので、それにも対応できるよう試行を繰り返し完成したのが、これ↓↓↓↓↓↓ 
 
 
これをこんな感じに装着すると、カポの機能としては十二分の代物です。↓↓↓↓↓↓ 
 
 
ただし、裏はこんなチープな感じですし、装着の練習をして、きれいな音を出せる位置を把握しておく必要があるかもしれません。 
 
 
今日も、ウクレレを弾くより、ウクレレの周辺整備に時間を差し上げてしまいました・・・。 
 
少し練習したいな〜と思う、この頃です。 
[2011.06.23]
さて、今回は実用的な 「お助けグッズ」 です。 
 
ウクレレ演奏で、打楽器が併用されることが、ままあります。 
 
しかし、派手な打楽器ではウクレレの音が消されかねません。 
 
あくまでも軽く 「リズム」 をとる程度でしょうか。 
 
私がときどき 「ウクレレ演奏の裏で軽くリズム入れる」 のを目的に使うのが、 
       これ↓↓↓↓↓↓ 
 
 
名前は 「リズム・リング」 (Made in USA) 
 
横から見ると、中に小さな鉄球は入っています。 
 
 
 
これを、↓↓↓↓のように手の中に持ちます。 
 
 
そしてストラミングをすると、鉄球が 「Syakka Syakka」 と鳴り、リズムを刻んでくれます。 
いわば 「ミニチュア・マラカス」 みたいなものです。 
 
ストローク中で、チョイとブレていますが、こんな感じで使います。 
 
 
これはときどき使うと 「演奏の味付け」 になる、お助けグッズだと思います。 
Profile
伊達ウクレレ協会 ( DUA )
伊達ウクレレ協会 ( DUA )
室蘭生まれの室蘭育ち。 
永く室蘭地域の経済振興に係る業務に携わってきましたが十数年前に縁あって伊達市に移住。 
現在、サラリーマンしながら、伊達ウクレレ協会(DUA)の代表幹事として協会運営にチョッピリ奔走しています。 
 
40年以上も慣れ親しんだアコースティックギターをウクレレに持ち替えて「ゆるゆる」をモットーにウクレレの音色普及と「伊達ウクレレ化計画」をLifeWorkとすべく、ゆるゆるのんびりと情熱を燃やしています。 
 
【趣味】 
音楽や絵画の鑑賞  
楽器演奏  
船釣 (イカ・カレイ・サバ釣り) 
読書 
 
【好きな食べ物】 
なんでも 
 
【嫌いな食べ物】 
なんだろ? 
 
【好きなスポーツ】 
アメリカン・フットボール 
バスケットボール 
 
【好きな花】 
桜・プルメリア・リンドウ・キキョウ 
 
【お気に入りの場所】 
良い空気を深呼吸できる 「 海の上 」 や 「 森の中 」 
専用の椅子 
Hawaii 
Sheraton Waikiki の海かぜ通るエントランス 
 
【お気に入りのカラー】 
いまは、メインがブラウン 次にホワイト 
 
【ストレス解消法】 
Ukulele を演奏する 
ネコと遊ぶ  
温泉や風呂に浸かる 
美味いものを食べる 
 
【特技】 
計算(暗算ではありません) 
作文 
観察 
実験 
どこでも眠られる 
 
【 夢 】 
Hawaii の Ukulele Event で演奏する 
北海道にウクレレイベントを創る 
北海道にウクレレオーケストラを創る 
 
【座右銘】 
人間 土壇場に理屈はない そんな時こそ絶え間ない訓練の花が咲く  
(40年以上使ってる銘です) 
 
人間万事、塞翁が馬 
 
【音楽の経歴】 
・私 
普通に小・中学校で音楽を学びましたが、高校では音楽の授業は選択しませんでした。 
大学では音楽のカリキュラムが必須でしたので、ピアノや理論を少し勉強しました。(音大でもないのにです) 
 
中学生のとき、吉田拓郎、かぐや姫、泉谷しげるの全盛期でしたので、ご多分に漏れず 「 フォークギター 」 を友人たちと弾き始めたのが楽器演奏の始まりです。 
残念ながらどなたにも師事したことはありません。全て独学でした。 
ウクレレはハワイでレッスンを受けました、30分だけですが・・・笑 
 
過去にライブやコンサートは結構な回数をこなしてきました。 
コンテストでの受賞歴は、中学校時代の 「 合唱コンクール 優勝 」 が最高位です。笑 
 
アコースティックギター、ウクレレ、エレキギターのほかに、今後はエレキベース、ヴァイオリン、三線、アルトサックス、篠笛、龍笛にチャレンジする予定です。 
 
・女房 
幼少のときにエレクトーンを学び、若かりし頃は伊達市の伝説的バンドに所属し、キーボード・プレーヤーとして、ザ・ワイルドワンズや聖鬼魔2(2はローマ数字)などのビッグネームのライブで前座演奏を務めた経歴を持つ実力派。 
DUAの音楽的バックボーンです。 
ブログ検索