伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ  rss feed
[2017.02.06]
 皆さん、覚えてますか? 小生の事を!  
 
 ブログの書き方も忘れてしまうほど、ご無沙汰しておりました!! ご機嫌はいかがですか? 
 
 小生の生業、野菜作りは2シーズン過ぎた訳だから、ブログは、野菜作りより大変だっていう事かな・・・。 
 
 でも、決して忘れないのが、飲兵衛の性!(笑) そんまな訳で、今回は、今年で7回目を迎えた、非公開の宴を・・・。 
 
 
 
 この地はインバウンドで相当賑わっているんです。 
 
 
 
 知る人ぞ知る、小生お気に入りの宿。 中身で勝負の源泉かけ流しの湯と、主人手作りの最高の料理。 
 
 
 
  ほんの一部ですが。 
 
 
 
 そこに、小生の友人(その道では名の知れた、酒屋の社長厳選の純米酒が並ぶのだから、飲兵衛にはたまらない! 
 
 
 
 記録的な寒さが続く、北の湘南の地で、飲兵衛たちは、延々と飲み続けるのです! 笑わないでください、 
小生を含む、仲間たちは議論をするのでなく、ただ、至福の時を共に過ごしているだけなんですから・・・。 
 
 でも、時間が足りない!! 
  
[2013.03.24]
 北の湘南、北海道伊達地方もやっと、春の気配を感じるような天気になって来ましたねぇ!? 
  
 さて、これからは、冬ごもりしていた皆さんも、車でお出かけ、家族でドライブ・・・!!ですねぇ〜。 
 
 当然、道の駅めぐりなんて言う、お楽しみも待っていますねぇ〜!! そんな皆さんにとっておきのお知らせですよ!! 
 
 小生の仲間たちが、一生懸命に作った、農産加工品の数々を、皆さんにこっそり、教えちゃいましょ・!! 
 
 だて道の駅(観光物産館)で、皆さんをお待しているのが、こちら・・・。 
 
 お伊っ達(おだって)本舗自慢の品ですよぉ〜! 
 
 うまい醤(じゃん) 
 
 特製の味噌に、お伊っ達キムチのトウガラシを使って、作り上げたマイルドな味わいのコチュジャンですよ。 
 
 やさいの寝床(塩こうじ) 
 
 伊達の米と東胆振の厚真町の農家の母さんたちが作った米麹のコラボレーションなんです。 
 
 だてっこ味噌 
 
 ご存知、伊達市内の農家の母さん3人組が作っている、無添加の手作り味噌。 洞爺湖サミットの時に、各国首脳が、食した味噌ですよ〜!! 
 
 そして、この時期になると、やっと、皆さんにお裾分けできる、我が家の梅漬けですよ〜!! 
 
 スガワラの梅 
 
 その名もずばり、我が家の自家製梅漬けで、小生が物心ついた時から食べてる梅漬けです・・。 コメント無用かな!? 
 
 隣町の壮瞥の道の駅「サムズ」にだって、小生の友人の作っている、極上の品があるんですよ〜!! 
 
    
 「ほくほくファーム」のリンゴジュース 
 
 壮瞥町と言ったら、北の果物の里ですよ。 その中でも、王様はりんごでしょ!! そのリンゴを丸ごと搾った、リンゴをそのまま瓶詰めしたんだから、旨いに決まってますよね。 止められません!! 
 
 そして、この農場では、こんなものも作ってるんですよ!! 
 
 干しりんご 
 
 これは、一度、口にするともう、やめられませんよ。 お菓子? 果物? 噛めば噛むほど、りんごの風味がよみがえってくるんですから・・!! 食べなきゃ、解ってもらえません・・。 
 
 言い忘れました、この商品は、千歳空港か、有珠山サービスエリアでしか、売ってません!!  
 
 さあ、来週末は、道の駅をめぐってみてはいかがですか、皆さん・・。 
 
 そうそう、私どものこちらの商品もお忘れなく!! 
 
 
 お伊っ達キムチ 
 
 最後まで、小生の自分勝手な商品ピーアールにお付き合い頂きありがとうございました。 
 
 よい週末を・・!! チョット早すぎたかな!? 
  
 
 
  
 
  
[2013.03.13]
 しばらくぶりのブログで、こんなうれしい事をご報告出来るとは・・・。 
 喜ぶのは小生のような飲兵衛だけかなぁ・・!? 
 
 さて、本題に入りますが・・。 今回話題にするのは、小生の友人、この人・・。 
 
 
 日本酒を愛するこの辺りの人達には知れた人、開業以来、百年以上の歴史を持つ、隣町室蘭の老舗酒店のオーナー、酒本久也氏・・。 
 
 なんたって、彼は日本中の蔵元を訪ね歩き、自分の舌で探し当てた、その地の人しか味わえなかった酒を、私ども北海道中の酒を愛する人たちに紹介して歩く、「日本酒の伝道師!」ってとこかなぁ〜。 
 
 そんな彼から、連絡が・・・。 やっと、西胆振の人達に、旨〜い純米酒を手軽に飲んでもらえるようになったんだよ・・!! 
 
 なんと、伊達市内のお店で、酒本の酒が手に入るという、それはそれは、小生にとって、本当に美味しいお話じゃないですかぁ〜! 
 
 Aコープ(くみあいマーケット) 
 
 そして、小生というより、妻の行きつけのお店というのが有り難い!? 
 
 
 黙っていられなくて、早速、行って来ましたよぉ〜!! 
 
 
 酒本社長一押しの純米酒がずらりと並び、感動、感動・・!! 
 
 そんな中で、やっぱり、1番のこだわりは、伊達ではこれでしょうねぇ〜。 
 
 
 伊達で、栽培した米(当然、北海道の酒米!)で、作った純米酒なんです!! 伊達の農家の心意気と酒本商店の情熱が隠し味・・!?  
 
 当然ですが、小生のお気に入りの酒ですよぉ!!  
  
 これから、春を迎える準備で、忙しくなりますが、小生を含む、飲兵衛たちは・・。 
 
 
 こんな感じかな・・・?? 
 
 迷惑かけないように、体をいたわりながら、過ごしましょ!! 酒好きの方々。 
 
 今日は最高のお話だったでしょ・・・!? 
[2012.05.22]
 最近、何か寂しさを感じるなぁと思っていたら、その、原因が見えてきました〜!? 
 
 小生が、アメリカで、メキシカンと汗かきながら、農作業に励んでいた時、それは、1979年〜80年。 
 
 この年って、すごいんです!! 何が〜て、おっしゃらないで下さい、先輩方。 
 
 今、テレビCMで、よく流れる、(舶来もの?)の音楽、この時代のものがとても多い様に感じるんですよ 
・・・! 
  
 そんな事より、聞いて下さい! それらの曲を歌っていた連中が、次々と別の世界へ旅立っているではありませんか! 
 
 
 爽やかな癒やし系のカントリーを歌ってた! 
 
 
 
 もはや、2度と出ないで有ろう天才的なポップシンガー、彼のリズムと高音の美声は忘れない! 
 
 
 そして、数日前に、逝ってしまった、小生の最も印象的な歌姫、少し、お姉さんですけど。 
 
 この寡黙な小生?まで、躍らせてしまった、ディスコの女王!!! 
 
  
 ドナ・サマー ←「歌声を聴きたければクリックして!」     
 
 これは、本当に寂しいですよ!! 
 
 
 そして、サタデーナイトフィーバーで、熱狂させてくれた、グループの一人!(中央) 
 
 
 異国で、ラジオの向こうから流れてくる、彼らの音楽を空気のように自然に聴いていたんですよ。 
 
 条件反射のように、その音楽を聴くと、情景が甦ってくるんです・・・。 
 
  
 
当時暮らしていた、家〔裏の家)の中では、彼らの歌が、あふれていたんですよ!! 
 
  
 ただただ、ご冥福をお祈りするばかりです・・・。 
 
小生の青春もかなり、遠くへ行ってしまったなぁ・! 
 
 
  
[2012.02.28]
 二月の最後の日曜日、伊達の天気は猛吹雪でしたねぇ! そんな日に、伊達の某ホテルでは、女性たちが中心になって企画したイベントが、盛大に行われたんですよ! 
 
 
 このイベントを進めたお方は、小生も普段お世話になっている、ホテルローヤルのGM(ゼネラルマネージャー)K女史(社長婦人)なのですよ。 
 
 そして、このイベントに参加した、人達の多くが、伊達を拠点に様々の業種で頑張っている女性企業家達なんですよね。  
 
 伊達市にお住まいの方なら、どこかで目にした事のあるお店、気になるけど行った事の無いお店が、大集合して、残念ながら1日だけの営業! 
 
 まるで、ホテル全体がショッピングモールに大変身ですよ・・・! 
 
写真は伊達市議会議員のKさん撮影です。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 しかし、イベント企画は、女性の感覚で! 参加して中心になって頑張っているのも女性陣!!  そして、お客様も多くが女性だったとか!? あっぱれ! 女性達!! 男達の出る幕は無かったみたいだねぇ! 
 
 男性陣は、完璧に負けてますねぇ・・。 情けない、情けない、脱帽ですよぉ! 
 
 1日の入場者数も500人を遥かに超えたと言う事ですから、凄い事になっちゃいましたねぇ・・・・。 
 
 こうした試みが、町おこしのヒントになるんじゃないかなぁ!? 
 
 小生は、つくづく感じちゃいました!  みんなで、この伊達を盛り上げましょう!! 
 
 こんなイベントをもう一度、企画してください! なんて言ったら、虫が良すぎるよねぇ・・。 
 
 ホテルローヤルのスタッフの皆さん、お世話になりました!! 
  
[2011.07.08]
 今、テレビでも、世間?でも、フェースブックと言う言葉がよく聴かれますねぇ。 
 
 このフェースブック、アメリカのハーバードの学生が、女性との出会い、交流を目的に立ち上げたインターネットのサイトだとか!? 
 
 それが今では、趣味やビジネス等・・、どんどん、情報交換がされてますよねぇ。  
 
 そして、国の体制を変えてしまうような波まで起してしまうんですから、凄いことです! 
 
 
 これほど広がったって言うのも、参加するには実名と自己紹介が必要だと言う事が、<安心>と<信頼>を生んだってことなんでしょうかねぇ! 
 
 さてさて、先日、伊達市内の某所で、小生所属?のブログの書き手の交流会が開かれたんですよね! 
 
 オフ会って言うもの! これって、小生もよくわかんなかったんですけど、オフラインミーティングの略だとの事! 
 
 普段は、オンラインでインターネットの上で、しかも匿名でしか出会ったことの無い人達との出会い。 
 
 なんだか、ペンフレンドと初めて、出会うような、緊張感・・・!(チョッと古臭かったかな?) 
 
 出席者は20名以上!! 今まで、ベールに包まれた人達?が実名で登場ですからね・・・・。 
 
 でも、楽しかったですよぉ!!(類は友を呼ぶって感覚かな・・!?) 
 
 でも、出席されたブロガーの皆さん、出会ってしまったんですから、もう、元には戻れませんよぉ・・・・。  
 
 小生の実感です・・・。 出会いが1番!!  
[2011.05.29]
 野菜作りが生業の小生が、今年も、苦手の稲苗作りに・・。 どうにか子供達の田植えには間に合ったみたいです・・! 
 
あれだけ、イコロ農園勤務?の先輩方に、助けていただいたのに、失敗なんか許されませんよねぇ。 
 
 種籾の脱棒作業  
 
 必死になって、作業を手伝って下さった先輩方の苦労に報いるためにも・・!? 我が家の米担当責任者(爺ちゃん)が一生懸命に 
手入れをしてました。 
 
 
 そして、必死に手伝って下さった先輩方の思いの果てには、こうした子供達の姿が映っていたんでしょうねぇ。 
 
 2011年のイコロ農園での田植えの様子(北海道新聞) 
 
 それにしても、自然と触れている時の子供達って、本当に生き生きしてますよね。 
 
 今年も素晴らしい出来秋を迎える事、間違いないでしょ!! 
 
 なんたって、「ゆめぴりか」と「ななつぼし」のブレンド米ですからねぇ・・・。(チョッと小声で) 
 
 楽しみに待ちましょう。 秋の収穫まで。 
 
 -管理は任せましたよ先輩方!!- 
 
ところで、我が家は、田植え作業まで辿り着けません。 今年の天気が恨めしい・・・!! 
 
 代掻きまでは、どうにか。 
[2011.05.16]
 札幌がこんなに遠いなんて・・。 たどり着くまでに、なんと、3年もかかりました・・・! 
 
 感動です!! 長かった・・・!? 
 
アッ・・。 すいません、皆さん!  小生、自分の世界に浸ってました。 
 
 さて、正気に戻ったところで、チョッと、ご説明を・・・・。 
 
苦節3年、やっと、伊達で、認知?された、 
 
 
 久々登場の <お伊っ達本舗> の商品ですよぉ・・。 
 
まだ、あったんだ!? なんて、おっしゃらないでくださいよ。 地道に、歩んでまいりましたから・・!? 
 
 そんな事より、このキムチ、今年から、札幌の皆さんにも味わっていただけるようになったんです!! 
 
その場所とは、こちら、JR琴似駅前、 
 
 JR琴似駅 
 
 そして、仮説のテントの直売店!! えー、テント?  そんなこと言わないで・・。  
 
 チョッと、聞いて下さい・・。 重要なポイントがあるんですからねぇ!? 
 
 <その1>、琴似駅は札幌駅に次ぐ、利用客がいる。 
 
 <その2>、直売店(わくわく広場)は、11月まで、毎日営業。 
 
 <その3>、伊達の農産品がいつでも買える。 
 
 伊達の野菜を販売してくれる直売店(わくわく広場) 
 
さて、結果はどうなるんでしょうねぇ・・。 
 
 果たして、お伊っ達キムチは、北都の人達に受け入れて、もらえるんだろうか・・・・?  
 
 小生、チョッと?、不安です。  いえいえ、伊達の代表として、頑張りま〜すよ。 
 
 札幌の皆さん! そして、伊達ゆかりのお客様、琴似駅でお目にかかりましょう。  
 
 最初から、最後まで、宣伝でした、失礼しました!    
[2011.05.10]
 今回は、イコロ農園勤務の先輩方に、種の準備から、種まきまでと重要な助っ人をして頂いた、大切な苗もやっと、こんな状態に・・・。 
 
 
 ちょうどその頃、外では、米作りには避けて通れない、これまた重要な作業が待っているんですねぇ! 
 
 これを見たら、米の味が変わりますよ・・多分? 
 
 我が家の田圃の水源地(気門別川) 
 
 さて、ここからが、大仕事・・。 気合を入れて、ご覧下さい。 消費者の皆さん!! 
 
 1年間かけて、茂った草たち 
 
 掃除作業 
 
 この作業を我が家の場合は、約500mの距離を行うんですよねぇ・・! 
 
 昔は、この用水路(堀)を4軒の農家が利用していたので、男達の共同作業で行っていたんですけど、今では、我が家だけなので、女の人も総動員で大掃除ですよ! 
 
 汗をかきながらの重労働・・・。 後を振り返ったら、こんな具合になってます!! 
 
 掃除の終わった用水路 
 
 そして、6時間後に、やっと、この重労働から開放されました・・・。  
いつもの事ですけど、「なんで、こんな重労働を女にさせるんだよ!」って、女性陣に怒られるんです。 
 
 この時ばかりは、小生も頭を下げっぱなしなんですよねぇ。 ゴメンナサイ・・! 
 
 あー、疲れた!! 明後日あたりに、筋肉痛になるんだろうな・・・!? 
 
 我が家の今年の米は、<ゆめぴりか>と<ななつぼし>のブレンド米ですよ。 お楽しみに!! 
    
[2011.04.07]
 冬は飲むのが仕事みたいな?!小生も、この時期になると、流石に猫の手も借りたい忙しさになるんですよ・・。 
 
 そんな折、大切な仕事が残っていました・・!! 
 
 もみの脱棒作業(寺島さん撮影) 
 
 4月に蒔く予定の種もみの準備作業なんですけどねぇ。 いつもは種もみを購入してるんですけど、今年は、とっても美味しいと評判の北海道産米(・・ぴりか)を栽培しようと考えたんです。 
 
 でも、その種が手に入らないので、知り合いの農家から、種にする為に、もみを分けてもらったんですよね。 
 
 ただ、種にするには、一手間かかってしまうんです。 その作業(脱棒)って、大変な時間が必要なんですよね。 
  
 脱棒前と後のもみ(寺島さん撮影) 
 
 この作業をしないと、種として使えないので、とても大切なんですよ。(種まきの時に、棒が播種機械に引っかかって播けないんですよ!) 
 
 そんな訳で、この作業を引き受けてくださったのが、イコロ農園勤務?の二人の有り難い先輩方・・! 
 
 立派な種に変身しましたよ・・。 完璧な仕事でした!! 
 
 そして、種へと変身したもみは、ご覧のように、今は、水に浸して水分補給中なんです・・。 
 
 乾いた種もみに水分補給 
 
 先輩!! 種まき時には、また、助っ人お願いしますねぇ・・・。    
菜っ葉屋の農事だより
ヴェジファーム スガワラ
ヴェジファーム スガワラ
  風光明媚(び)な館山の地で葉物野菜(レタス、長葱など)を中心に栽培し、平成21年に農家と異業種の友人達と設立した「お伊っ達(おだって)本舗研究会」の構成員です。  
ブログ検索