伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:1] [104] rss feed
[2019.02.27]
■今季最終便90キロ限定。無農薬みかん
困難を踏まえたうえで 
 
あえて無農薬で作物を作るのは 
 
愛の心以外の何物でもないと思う 
 
 
 
それを45年近くやり続けてきた 
 
尊敬する農家さんのおひとり 
 
静岡県清水市の佐野さんは 
 
私より少し年上のお子さんがいらっしゃる 
 
おばあちゃんです 
 
私は清水の母様とお呼びしています 
 
 
 
おてんとうさまのジュースという 
 
有志で造り上げたジュースや 
 
某航空機機内でも使われているジュースにも 
 
材料を提供していらっしゃるそうです。 
 
 
 
まむしもでる静岡の山の中 
 
草刈りが一番怖いとおっしゃる 
 
 
 
高い崖の上に畑があるから 
 
収穫にはトラックまで 
 
みかんがたくさん入ったコンテナを 
 
手で運ばなくてはならない 
 
 
 
おかげで腰が曲がっちまっただよと 
 
駿河弁で笑っておっしゃる 
 
 
 
それでもずっと続けてこられたのは 
 
土への愛と 
 
地球への愛と 
 
未来への責任をしっかりと知っていらっしゃるから 
 
 
 
てんねんやを始めるとき 
 
シュトーレンに使う無農薬のレモンにこだわって 
 
日本中探して出逢った母様は 
 
子供二人つれて百姓ぱん屋を始める私を 
 
今時あんたみたいな考えの若い人は珍しいよと言って 
 
娘のようによくしてくれました 
 
 
 
母様との出会いがなかったら 
 
こんなによいみかんを普通の価格で 
 
皆様にお届けできなかった 
 
 
 
無農薬では顔が悪いから(傷が出るから) 
 
この辺じゃみかんは余ってるから 
 
無農薬だって言って無人販売で 
 
安く売っても 
 
みんな農薬使ったきれいな方を買っていくだよ 
 
仕方がないから畑に投げるんだよ 
 
 
 
そういう母様に 
 
北海道はみかんが造れないから高いし 
 
私の仲間はみんな見た目より中身を重視して 
 
ちゃんとわかってくれる人ばかりだから 
 
もったいないから投げないで送ってください 
 
私に売らせてくださいとお願いして 
 
傷物ちゃんたちを送ってもらうようになったのが 
 
始まり 
 
 
 
それからもう10年以上のお付き合い 
 
娘が成人したこと 
 
息子が高校生になったこと 
 
孫のように喜んでくれる 
 
本当にありがたい繋がりをいただいています 
 
 
 
そんな佐野さんの無農薬みかんたち 
 
最終便がつきました 
 
実はこの時期にまでみかんが残っているのは稀で 
 
10年以上のお付き合いで初めての事です 
 
 
 
昨年の台風24号の直撃で 
 
こすれて傷だらけになった子が多くて 
 
B品がたくさん出た今年ですが 
 
 
 
昨年はみかんが少なくて 
 
一月にはもう終わってしまっていました 
 
 
 
なので一期一会のみかんたちです 
 
召し上がった方々が皆さま 
 
味が濃い!甘い!とおっしゃる 
 
元気のでるみかんたち 
 
明日麗人さんにもお持ちします 
 
 
 
直接ほしい方はご連絡ください 
 
今ならまだ90キロ早いもの順です 
 
お取り置きも致します 
 
 
 
春まであと少し 
 
ビタミンミネラル補給して 
 
サプリよりナチュラルに 
 
自然の恵みと母様の愛の塊を 
 
いただきませんか 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村  
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村  
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
地球家族のうた
youtubeでも聞けるものがあります 
てんねんやはこんな人
てんねんや
てんねんや
地球にやさしい暮らしをと模索していたら、自給自足に行き着き、素人だから失敗だらけの百姓仕事の中で、自然の力や人には計り知れない大きなものがあるのを体感しました。地球の美しさに感動しつつ、子育て自分育てに七転び八起きしながら天然酵母のぱん屋を続け、気がつくと田舎暮らし17年目でした。田舎暮らしの中で自然や命、地球を讃える歌を授かり、風のピアニストmiyukiとのユニット「地球家族」の唄うたいとして、伊達、札幌、函館などでライブ活動もしています。 
ブログ検索
あふれる想いが形に