伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:2] [昨日:3] [124] rss feed
[2018.06.07]
■とうとう出てきて解けて溶けてしまった 内側の永久凍土
10年ひと昔といいますが 
 
てんねんやが正式に今年13周年 
そして歌のほうの地球家族が10周年 
なんとひと昔たっておりました 
今日は歌が中心のお話です 
 
ひと昔たつその間 
ライブを企画したり 
イベントで歌わせていただいたりしてきましたが 
どうにも全力で手掛けることができなくて 
密かにもんもんとしておりました 
 
その原因はうすうすわかっていたのですが 
見たくなくて 
向き合いたくなくて 
ずっと逃げておりました 
 
自覚はあったのですが怖くて 
 
それに向き合うには 
今生の自分の生きざまを全て 
見直し再確認しないとならないことが 
解っていたので 
 
そして時間と労力もかかること 
中途半端に蓋を開けてしまって 
野放しにしてしまうと 
トラウマに飲み込まれて 
精神を損ねることも懸念されることから 
 
今はできない 
時間がない 
そこまでの労力が取れない 
無理 
 
と、ずっと避けておりました 
 
その間にも唄は降り続け 
めちゃくちゃいい曲のご当地ド演歌ができたり 
 
imagineレベルのメッセージ 
we are the worldレベルの壮大さに 
 
なんでこんな曲が私のところにと 
ビビり恐れおののき 
 
ちょっと世に出して反応を見ては 
好評価をいただくとなおさらビビり 
カタツムリのように引っ込んで 
活動ができなくなることの繰り返しでした 
 
その原因のすべては 
 
幼少期の理不尽な体験や 
思春期のトラウマによる 
自己肯定感の低さと 
 
成人してからのトラブルで 
自分は絶対に幸せになってはいけないと 
己に鍵をかけて鎖でがんじがらめにして 
それを無意識層の底に押し込んで 
表面を繕って生きてきたのと 
 
それらによって正しいものの見方ができず 
かなりゆがんだフィルターを通してすべてを見ており 
それが特に自分に対して強烈に作用した 
間違った自己評価からくるものでした 
 
なんたって褒められたくない 
認められるのが怖い 
本当は人前に出るなんてガクブルで 
小さく小さく誰にも気づかれないように 
密かに生きていきかったのに 
 
小さく田舎暮らしのはずが 
訳あってぱん屋を始める流れになって 
ご縁でイベントなどにお呼びいただいて 
おかげさまでなんとか暮らしてこられたのですが 
 
さらに唄ができるようになって 
どうするのこれ、としばらく持て余して 
 
でも世に出す流れをいただいて 
やっぱり人前に出ることになって 
 
やってみたらできなくはないけど 
めちゃくちゃ精神力を消耗する 
 
評価をいただくと嬉しい反面 
わけのわからない罪悪感と自己卑下が 
 
うぬぼれるんじゃない 
誰がお前なんか 
社交辞令だろう 
本気にするなんて 
お前なんかができるわかない 
何を誇大妄想しているんだ 
 
そんな声が 
内側から湧くのです 
 
で、やっぱり自分はダメなんだと 
出来ない怖い私なんかがそんなこと 
無理無理無理と布団をかぶって 
 
一番避けたいことをしようとしてたから 
今から考えると当然拒否反応が出ますよね 
精神崩壊するかと思う時もありました 
 
やらなきゃ、と思う自分と 
それをあざ笑う自分がいつも一緒にいるのです 
あー思い出しても恐ろしい 
寛大な家族や友人 
仲間がいなかったらどうなっていたことか 
 
でもね 
落ち着いて考えてみたら 
 
ぱんもうたも他のもろもろも 
こうやって文章を書くことも 
なんでか自然に湧いてくる 
 
無理して作ったものや 
ないものを無理やりやろうとしたり 
人様のものを奪ってきたものではない 
全て自然と与えていただいたものばかり 
 
それは賜物と言えるのではなかろうか 
 
私は自分を見ないようにしてきたので 
自分のことと思うとフィルターが自動作用して 
客観的にものが見られなくなっていたのですが 
 
例えばこれがほかの人がやっていたら 
 
てんねんやも 
地球家族も 
ブログも 
 
イヤーなにこの人変な人面白いと 
思ったかもしれない 
 
長年の自己卑下、 
最近は自己髭とあえて変換していますが笑笑 
それが少しづつ脱毛されていくのを 
数年前から体験してきました 
 
ある時大きな気づきがあり 
こんな私でも 
赦されている愛されていると体感し 
自己髭なんてしていたら申し訳ないんだと 
電車の中で思わす泣きそうになった時 
 
電車の中のTV広告がぱっと目に入りました 
ジレットの髭剃りのCMでした 
 
出そうになった涙も引っ込むくらい 
腹筋を使って笑いをこらえるのにどれだけ苦労したか 
人の多い電車の中でひとり 
奥歯が痛くなるほど笑いをかみしめて 
天地に感謝したものです 
 
田舎に暮らして 
人は見えるものだけで生きているのではないと 
日の光や水、風の動きを感じながら 
 
ありとあらゆることは 
大いなる自然の流れの中の一部で 
私の失敗も過ちも同じように 
善悪を超えた一部でしかない 
見方を変えたら白も黒も紙一重 
 
その中で何を経験したか 
何を学んで 
どう生かして生きていくか 
何を選んで何を選ばなかったか 
 
やって失敗した 
やらないで経験値を逃した 
動いて波風を立てた 
じっとして静穏を保った 
 
何が正しいかなんて 
その時はわからないことも多い 
 
人生半分近く生きて分かったことは 
不自然は無理があるということ 
意味のないことは何もないということが 
真実だということ 
 
だから自然のままに 
起こることすべてをありがたくいただいて 
感じ消化し体験し正し改め 
毎日小さな世界を作っていくのだということ 
 
ああ 
とうとう解けちゃった 
そして溶けちゃった 
永久凍土のようにかたくなだった私が 
 
長年の癖があるから 
思考の習慣は出てくるけど 
もうそれにずっと巻き込まれはしない 
 
あらあらまだいたのね 
ずっと傷ついたところを 
私の目から隠してくれて 
私の心を守ってくれていてありがとう 
 
もう向き合えたから大丈夫 
そうしたら 
フィルターが取れて 
素直な自分が見えてきた 
 
あちこち記憶もあいまいで 
ところどころ途切れていた自分史が 
埋もれていただけでちゃんとあることが分かり 
 
小さい頃からずっと繋がっている自分が 
全てのことがあって今の私がいることが 
腑に落ちて戻ってきたので 
 
48年かけてやっと 
地に足がついたような感じです 
 
いまのさとり世代からすると 
何のまわり道よとなるかもしれないけれど 
私にとっては必要不可欠だった道 
 
絡まりが解けて一つになったので 
さあ前に進みましょう 
 
先日録音した音源のリンクを最後にのせます 
完璧を目指しますが 
完璧に至るまでの道のりを楽しんで分かち合う 
それもいいなと思うので 
 
音のブレやミスはご愛敬で 
地球家族の世界観を楽しんでいただけたら幸いです 
 
聞こえてきていた声に近くなってきた 
まさか自分の声だとは思わなかった 
でもどうやらそのようです 
 
禅問答のようですが 
今日はこの辺で 
次の仕事にかかります 
 
皆様今日も良き日をお過ごしくださいませ 
 
 
はみ出しちゃったですが 
直し方がわからないのでご愛敬 
easy come, easy goでございます 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 伊達情報へ
にほんブログ村  
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村  
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
地球家族のうた
youtubeでも聞けるものがあります 
てんねんやはこんな人
てんねんや
てんねんや
地球にやさしい暮らしをと模索していたら、自給自足に行き着き、素人だから失敗だらけの百姓仕事の中で、自然の力や人には計り知れない大きなものがあるのを体感しました。地球の美しさに感動しつつ、子育て自分育てに七転び八起きしながら天然酵母のぱん屋を続け、気がつくと田舎暮らし17年目でした。田舎暮らしの中で自然や命、地球を讃える歌を授かり、風のピアニストmiyukiとのユニット「地球家族」の唄うたいとして、伊達、札幌、函館などでライブ活動もしています。 
ブログ検索
あふれる想いが形に