伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [244] rss feed
[2018.03.05]
■嵐の中の雪下ろしと北海道2位の積雪量で陸の孤島に
大荒れになった日本列島 
ここ北海道の山の中も 
猛吹雪になりました 
1日目も同じくらい積もって除雪して 
2日目もまた同じ状態に戻ってる 
除雪したのわからないくらい 
 
2日間国道が通行止めになり 
陸の孤島状態 
初日は停電になり 
息子の中学校も2日間休校 
 
うちは国道から結構山に入った処にあり 
除雪が間に合わないようで 
道路が吹きだまりで膝まであるところもあり車を出せず 
出せても麓の国道が通行止めでしたが 
丸々3日近く山籠り状態でした 
 
幸いうちはサバイバルに適した田舎暮らしで 
薪はあるし、ガスはプロパンだし 
水もお隣のペレット工場から 
300メートルも離れた 
配管の一番最後の家なので 
大事に使えば2日3日の断水には十分足りる 
いざとなったら目の前に小川がある 
冬なので雪もある 
 
もちろんそれを見越しての備えで 
普段から手間ひまかける暮らしをしてるのですが 
 
オール電化のお宅は 
ご不便どころか生命にかかわる停電 
灯油ストーブだって 
電気がないと動かないタイプなら使えない 
避難所まで開設になったそうです 
 
麓に降りられていないので 
被害状況はニュースでしかわかりませんし 
あとは通行止め解除をひたすら待つのみでした 
 
屋根の雪が溜まった状態での 
この嵐だったので 
今まで無いくらい積もってしまいました 
これはよろしくない 
家がかわいそう 
 
そろそろ雪下ろしをと思っていたときに 
インフルBかなという症状の 
熱のあまりでない風邪をひきまして 
長引くこと既に3週間 
咳込むと止まらないので 
外仕事が後回しになっていたところ 
 
そしてこの嵐 
ここまで積もらせたことはないので 
どうなるかわからない 
もう猶予がない状態 
息子もいるし 
屋根を落とすわけにはいかない 
 
お勝手口もここまで埋まる 
 
風速何メートルだろう 
木々がうなりをあげている 
雪が顔に当たると痛い位のは 
さすがにそんなに沢山は体験してない 
その中ひとり屋根に登るわたくし 
真似しないでくださいね 
やむを得ずでしたので 
誰もしませんよね 
 
一軒家の屋根の雪下ろし歴10年にもなると 
嵐の中ですることも何度もあったので 
そんなに怖くはないけれど 
当然慎重に登る 
屋根なのに腿まで雪に埋まる 
えらいことになっているので 
端からどんどん落としていく 
 
バウムクーヘンのように 
綺麗に層になって 
気温が0℃くらいで高い方なので 
固まらすにさらさら割れやすい雪の固まりを 
出来るだけ割らないように除雪スコップで切り出す 
崩すより一度に沢山下ろせるので効率がいい 
雪と言うより石切場みたい 
 
時々立っていられないくらいの強風が来て 
顔を覆って思わず立ちすくむ 
ふらついてしゃがみこむ 
座ると風の影響が少ないことに気づき 
座ったまま雪をおろすと 
カヌーのパドリングのよう 
これなら強風が来ても大丈夫と 
新しい発見に喜んだりして 
 
1日は朝から3回屋根に登り 
午後からまた2回 
初日で既に筋肉痛 
 
2日も朝から地面の除雪と屋根に登ること2回 
午後から2時間位ずっと屋根にいたけれど 
それでも終わらない重たい雪 
 
田舎暮らしぱん屋のわたくし 
時にはチェンソーも 
丸ノコも使います 
 
おなごにしては 
力が無い方ではなく 
肩パッド要らずのいい肩してまして 
可愛らしいとはいえない 
力こぶなんぞあるくらいですが 
 
さすがに握力がなくなってきて 
スコップがすっぽ抜けてしまい 
何度も屋根から落として 
 
ほとんど地続きになった屋根から滑り降りて 
下に降りるとやわい雪で埋まりもがき 
取りに行くことを繰り返すようになって 
さすがにもうあかんと 
ホトホトと家に戻りました 
気合いだけでは続かない年齢でございます 
というか緊張してアドレナリンの影響下 
寒さも忘れて調子に乗りました 
 
出られないのでせめて出来ることをと 
せめて精いっぱいの今出来ることを 
 
家に入ってびっしょり濡れた服を着替え 
火をつけたのに寒くてたまらず 
足湯をしてようやく寒気が退散 
ほらやっぱり冷えていた 
薪を足そうとすると上手く握れない 
腕が上がらない笑える状態 
 
よく頑張ってくれたわたくしの身体 
ここまでやらせてしまってごめんなさい 
でもありがとう 
火事場の何とかですが歳と身体は嘘つかない 
でも心地よい疲労感と妙にハイな爽快さ 
身体をうごかすのは本当に大切だと感じる 
 
折しもその日は農暦の小正月 
中国では胡麻餡などを包んだ 
白玉や米粉の丸いお団子が入った 
温かい甘い汁物をいただくそうです 
その年の初めての満月にちなむのでしょうか 
中秋の名月、十五夜も 
それにちなんだお菓子月餅もそうですが 
満月のイベントやお菓子に 
何故か心惹かれるわたくし 
 
うちの北京料理の本に載っていて 
作ってみたいなと思っていたのを思い出して 
晩御飯のデザートに 
作っている途中で息子が流しに来て 
すいとん?と嬉しそうに聞くので 
デザートの甘い団子の他に 
晩御飯にもあつあつの 
味噌仕立てのまん丸すいとんにしました 
 
甘いのは中に 
白胡麻と白練り胡麻と有機砂糖の餡 
同じく有機砂糖とシナモンと生姜をいれた 
お汁粉のよう甘い汁で 
 
もっちもちで美味し〜 
たっぷりの生姜で温まりました 
 
停電でしたので 
一晩だけキャンドルナイトでしたが 
マッチと蝋燭は常にすぐわかるところにある 
息子は嬉々として薪ストーブの上で 
小さな蝋燭をまとめて溶かしてグラスに入れ 
タコ糸をつるして 
新しい大きな蝋燭を作っていました 
 
普段は部屋にいることが多く 
居間には長くいないのですが 
サバイバルな中でも楽しみを見つけて 
生き生きとしてる 
小さなころから変わらない 
遊びの天才を再発見しまして 
 
出られなくて不便だからこそ 
そばにいられる貴重な時間で 
こんなことも見つけられるのかと 
蝋燭の炎を眺めながら 
今月末には帯広に行ってしまう息子と 
後どれだけ一緒にご飯を食べられるのかなと 
ちょっとセンチになった母でした 
 
皆様もどうか大事な人との大事な時を 
日々大切にお過ごしくださいませ 
 
 
.......✨✨✨しあわせな食べもの定期便✨✨✨......... 
 
ベジィでヴィーガンでヘルシーでハッピーな 
美味しくてしあわせなぱんのお菓子、 
忙しい朝やタイトな時間こそ 
身体に優しい食べものを 
 
天然自然のエナジーとしあわせが詰まったセットです 
 
詳細リンクはこちら 
http://blog.mushanavi.com/tennenya/?S=43719&C=blogEntryCheckView 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 菜食・ベジタリアンへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 伊達情報へ
にほんブログ村  
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村  
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村  
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
地球家族のうた
youtubeでも聞けるものがあります 
てんねんやはこんな人
てんねんや
てんねんや
地球にやさしい暮らしをと模索していたら、自給自足に行き着き、素人だから失敗だらけの百姓仕事の中で、自然の力や人には計り知れない大きなものがあるのを体感しました。地球の美しさに感動しつつ、子育て自分育てに七転び八起きしながら天然酵母のぱん屋を続け、気がつくと田舎暮らし17年目でした。田舎暮らしの中で自然や命、地球を讃える歌を授かり、風のピアニストmiyukiとのユニット「地球家族」の唄うたいとして、伊達、札幌、函館などでライブ活動もしています。 
ブログ検索
あふれる想いが形に