伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ  rss feed
[2018.01.19]
昨日推薦受験を終えて 
帯広から帰ってきました 
 
息子の受験した私立高校は 
バドミントン以外にも 
サッカーも野球も色々強いので 
車が50台以上来ていました 
流石ですね〜 
 
万が一吹雪になったときの事を考慮して 
試験の前日に帯広に入りました 
幸いお天気に恵まれましたが 
確実に着いているのは安心でした 
 
泊まったホテルのラウンジで 
十勝のリーフレットを見ていたら 
あら 
見たことのあるものが 
 
にょろ様十勝にも!? 
と思いよく見たら 
ン?見たことのあるアングル 
 
撮影地 伊達市円山笑笑😂 
大滝でしょや〜 
 
ここ上野に来る前に住んでいたのが 
にょろ様のおられる隣の円山地区 
 
円山遺跡と呼ばれる 
地図にも載っている洞窟に 
奇跡的な美しさの氷筍 
通称ニョロニョロはおられます 
 
大滝アウトドアアドベンチャーズで 
ツアーできます 
興味ある方は検索してみてください 
 
氷筍の形は毎年違うので 
感動します 
 
寒い冬だからこそできる 
人にはできない自然の恵み 
一見の価値大ありです 
 
恵み豊かな大滝へ 
温泉セット持ってgoです🎵 
[2018.01.15]
てんねんやは 
店主が今年年女で笑笑😂 
創業14年目を迎えます 
 
支えてくださる皆様のおかげで 
ここまで続けてこられました 
振り返れば感謝しかありません 
 
子供たちに 
本物の食べ物をあげたくて 
心と身体の基礎をしっかり作ってあげたくて 
始めた百姓とぱん屋の暮らし 
 
1歳と5歳だった子供たちが 
15歳と19歳になり 
ほとんど病院にも行かないぐらい 
健康で元気に大きく育ち 
手探りで始めた暮らしが 
良い方向性だったことを証明してくれています 
 
店を始めるとき 
コンセプトが定まり 
店名を決めるとき 
ふたつの候補で最後まで迷いました 
 
ひとつは「自然屋」と書いて「しぜんや」もしくは「じねんや」 
 
もうひとつは「天然屋」 
 
何日も迷って考えたあげく 
自然と天然の違いはなんだろうと 
 
「自然」は「おのずからそうであること」 
「天然」は「人為が加わっていないこと、自然」 
 
とても似ていますが 
あえて違いを探したら 
 
「自」という感じは「自分」のように 
人が関わる言葉にも使われるけど 
 
「天」は人の入る余地がないような気がして 
 
できるだけありのままで 
無理なく本来であること 
自然回帰が 
世界平和の一番の近道ではないかと思っていたので 
 
人間が世界を壊している 
その事への 戒めと 
 
人智を超えた大きな何かの中で 
私たちは生かしていただいている 
それに気づくことだけが 
搾取と破壊から 
共栄共存の道への転換になる 
その思いから 
てんねんや を選びました 
 
ひらがなになったのは 
柔らかく優しくありたかったからです 
 
カクカクと正しいことを 
頭でっかちに言うのでなく 
 
人もどんな生き物も何もかも 
温かく優しくいたわることを 
嫌がるものはいないことから 
 
そんな風にありたいと思ったからです 
決して 
決して 
私の間抜けの意味ではないのです 
 
店名を決め所はまだ 
一般的にそんな使い方をするとは知らなくて 
テレビもなかった頃なので 
 
しかも最近言われて気がついたなんて 
言霊的には 
しっかり屋にすればよかったかも 
 
選べるのなら 
これからの世界に良いものを 
子供たちに残したいものを 
出来うる限り 
 
まだまだ全ては良くなれる 
私もまだまだ 
ようやくこれから 
 
明後日息子が 
高校の推薦試験で 
明日から帯広に行きます 
 
春には息子も家から出る予定 
子育ての一段落 
これからは手よりお金がかかるとき 
 
ずっとあたためてきたものたちを 
あれこれお出ししていきます 
唄も電子書籍もその一部 
 
ヴィーガン食もどんどん✨ 
昨日の晩御飯はこちら 
ヴィーガン坦々麺 
 
たくさん発信もしますので 
どうぞお楽しみに 
 
有言実行 
言霊と共に 
 
 
 
 
 
 
  
[2018.01.12]
てんねんやは  
ぱんとお菓子の製造業でもありながら  
地道に音楽活動もしています  
 
なぜなら  
ここに唄があるからです  
 
ぱん屋になったのも  
唄ができたのも  
小さな世界平和を創りたくて始めた  
大滝の山の中の手作りの暮らしの中で  
自然に授かったことで  
 
二人の子供を育てるのに  
まずは現金収入が必要で  
ぱんとお菓子に重点を置いてきましたが  
 
地球に良い素材を選んで  
ぱんやお菓子をつくるのと同じく  
 
しあわせな唄、平和の唄を  
今の時代に奏でることも  
世界平和を創るには  
無くてはならないこと  
 
ようやくそちらに手が出せまして  
心がやっと追い付きまして  
 
私の仕事と思ったら  
沸き上がるようなエネルギー  
 
やったことない電子書籍が  
立て続けに出版出来ました  
なんとvol.3まで3冊も  
 
一冊がCD一枚分  
10曲入っております  
ということは30曲分  
ようやく世界に出せたということ  
 
これは  
今必要な唄です  
人として普通の、あたりまえの  
感謝して仲良く平和に暮らす唄です  
そして素晴らしくきれいで  
美しい唄です  
 
唄は  
言霊と音魂とで出来ていますが  
音源も製作しながら  
一足先に言霊を  
世に出すことにいたしました  
 
ネットの世界はウェーブで  
すぐに地球のあちこちに届きます  
 
北やアメリカや中近東  
異常気象に火山噴火に地震  
バタフライエフェクトで明らかなように  
人の心と行いが世界に影響している  
 
早く  
早く少しでも  
穏やかであたたかく  
誰も苦しまなくていいように  
 
 
ジョンやマイケルや  
平和を夢見た先人が  
志半ばでお帰りになった  
まだ世界は平和ではないのに  
 
私たちはまだ生きていて  
その志を引き継いで  
変えていくことができる  
 
やるか  
やらないか  
選択は自由  
 
私はやりたいな  
浪費するより創りたい  
 
今まで、できないところ  
足りないところにフォーカスして  
こんな欠点だらけなのにできないと  
思い続けて来たけれど  
 
出来ることがあるのだから(プラス)  
プラスにフォーカスして  
欠点(マイナス)を持ったまま  
出来ることをして  
フロー(浮かぶ)していく  
 
プラスを続けていくうちに  
そのうち自然に  
マイナスは沈んでいく  
 
上に上に  
今時で言うとアゲアゲでしょうか  
やっとそれがわかったので  
 
こんなですが  
役に立てるところから  
今まで留めていたものを  
出していこうと思います  
 
無料試し読みもありますので  
是非右上右下左下のリンクから  
繋がってみてください  
ぱんやお菓子と同じくらいおすすめです  
 
胆振から世界へのメッセージ  
ここから地球家族です  
[2018.01.11]
唄が来てから10年越しに 
ようやく公に形を表し始めました 
 
小さくライブなどで発信してはいましたが 
ここ数年規模縮小していまして 
 
今から思うと内的醸造とでも言うのでしょうか 
内側で熟成したからこそ 
満ちあふれて自然に殻がむけた 
そんな感じで 
 
あれよあれよと電子出版になりました 
リンクはこちら 
http://p.booklog.jp/book/119491 
 
普通にまっとうな自尊心を 
ずいぶん昔に押し殺して 
気付かないくらい奥底に 
隠してきたのに気付き 
 
忘れてしまったそれを 
ようやく取り戻しながら 
 
正しい自尊心で 
心の穴が少しずつふさがり 
漏れが少なくなったような感じ 
 
ああ、私は本来とてもユーモアがあって 
あっけらかんと明るかった 
 
そして改めて 
どんな人でも生きてる意味があると 
じゃあ自分は何のためにと考えたら 
 
自分にあるものを生かして役に立つ 
自然にいただいているものが 
そうではないのだろうか 
 
というのをテーマにしてから 
今すでにあるものを見直したら 
すでに40曲を越える唄がここにありました 
 
さて長期熟成を経たこの方々 
この世界でどのような評価を受けるのか 
とっても楽しみです 
 
まだまだ熟成途中の 
太陽系第3惑星地球 
日本国北海道伊達市より 
強力な唄を発信します 
 
まずは言霊から 
どうぞお楽しみくださいませ 
 
http://p.booklog.jp/book/119491 
[2017.12.26]
役に立つ事 
あるものを活かす事 
素直になる事 
 
まわりを見直したら 
ここで滞っているものが沢山 
 
あるものは活かして良いはず 
それがお天道様に恥じないものなら 
 
その中の1つが唄 
 
さらにその中の1つが 
大滝のご当地ソングのような 
『ふるさと大滝』という 
初めてできた演歌の曲 
 
約1年前に出来ていたのですが 
これどうしよう、とおろおろして 
今まであたためてしまいましたが 
 
この度大滝のケーブルテレビで 
放送していただく事になりました 
 
12月22日から流れています 
 
大滝の景観を背景に 
タッキーとホロホロちゃんも加わって 
唄っております 
 
アロニアクッキーリニューアルの話と 
メイキングオブふるさと大滝の話で 
本人緊張してるつもりでしたが 
出来上がりが普通に素っぽくて笑いました 
 
お話聞き上手なおふたりですし 
収録してくれた3人が 
皆様知り合いだったのが良かった 
でも唄は6割くらいしかできなかった 
スタジオさんともっと仲良くならないと笑笑😆 
 
まず第1弾 
今年のうちに世に出せて良かったです 
良い曲なので 
皆様機会がありましたら 
是非聞いてみてくださいね 
 
今日は年賀状工房と化しているてんねんや 
あと1日 
皆様よき日をお過ごしくださいませ 
今日から札幌で合宿の息子 
お天気を心配して昨日のうちに 
中山峠を通って札幌の実家に送りました 
 
喜茂別辺りから雪が激しくなり 
お日様が見えるのに 
強風、地吹雪で時々ホワイトアウト 
 
中山峠登り始め 
対向車がハザード点けたまま 
何台も走ってくる 
 
登るにつれて理由が判明 
白い❗見えない❗進まない❗ 
 
ライトよりハザードの点滅の方がまだ見える 
これは皆様連なって点灯するわけです 
 
私も習ってそうしたら 
気がつくと前後の車もそうしてた 
 
慎重に時速20〜30キロ 
時間はかかったけど 
無事に定山渓温泉まで着いて一安心 
 
一泊して朝合宿会場まで送り 
昨日怖かったので美笛で帰ったら大正解 
中山峠通行止めですって 
 
大滝に着いたら 
居間にある薪ストーブの 
上の羽釜の水が凍ってる 
 
水抜をしたけど 
工房の蛇口も台所のも 
軽くシバレてるので 
火をつけて湯を沸かして解凍 
冬の泊まりはこれがこわい 
 
皆様もどうぞお気をつけてくださいませ🙆 
[2017.12.15]
引っ越しする友人から 
フローリング材を譲り受けました 
 
非常に良い材で 
これは高かろうと 
みてわかる 
 
既に用意した 
テーブルとよく似た色合いで 
1枚板なのも素敵 
 
友人と 
私の父の手も借りて 
おじさんの電気ドリルも借りて 
2台のドリルでネジを外し 
アトレーに積み込んで 
 
他にも 
特注の畳二畳分の小上がりを 
これまたばらして積み込んで 
中山峠を越えて大滝のてんねんやへ 
 
遅々として 
でも着々と 
形になる段取りを踏んでます 
 
小さなちゃぶ台 
お茶と焼き菓子でひと休み 
 
自然なぱんとご飯と 
良い食材をお分けしたり 
これからを考え学ぶ場所をと 
ここに来るときから思って8年 
 
小学生だった娘が大学生 
息子も来春高校生で 
しかも家から出る見込み 
一気に追い風か 
沢山サポートいただいています 
 
両手を広げて 
ありがたくいただいて 
ちゃんと役に立つ                      
 
すぐびびる 
今までの小さな私に言い続ける 
 
大丈夫 
あなたはできる子 
あなたに有るのは 
伸びしろだけよと 
[2016.09.02]
沢山の被害があった台風10号が一過し、昨日はトンボの群れが飛び交うのにものずごく蒸し暑い一日でしたね。  
 
ご無沙汰でございます。  
昨日ようやく2日の停電が復旧し、携帯不通も終わり、通常モードとなりました大滝、冷凍庫のものも完全に解ける前に通電したので無事に済み、今日はお天気も良いのでやっとお洗濯ができ、ほっと一息つきました。  
 
とはいえ、家から50メートル先の電線にカラ松の倒木がぶら下がったまま。  
ほくでんさんに電話してから早3日目、復旧作業もお忙しいようでまだここまで手が伸びてきていません。  
 
今朝よく見てみたら、電線と山ぶどうの蔓で支えられて何とかぶら下がっている状態で、ぎりぎりで守っていただいているようなすごいことになっていました。  
 
 
写真では見えませんが、引っ張られた隣の電柱も傾いていますので、木を切るだけでは済まないかもしれません。  
 
ここが切れると影響があるのはうちだけなのですが、諸々鑑みて次の台風が来る前に撤去していただけることありがたいですが、お忙しいほくでんさんと委託の業者さんも大変だろうと思うので、風の吹かないことを願っております。  
 
火曜日、夜9時に息子のバドミントンの迎えに行って、帰ってきたら電気が消えていました。  
 
すぐにろうそくとランタンを出して、手慣れた息子が火をつけてくれているうちに晩御飯の支度をしました。  
 
薪ストーブの暮らしで、子供たちが小さいころから火の扱いに慣れているので、こういうサバイバルな時でもあまり慌てないのが助かります。真っ暗でもスムーズに何をしたらいいか判断できて、自主的に的確に動いてくれるのはとてもありがたいです。  
 
逆に嬉々として面白がって沢山のろうそくに火をつけてくれるのは余興ですが(笑)  
これは真っ暗闇のソファーとろうそく。  
 
 
断水に備えて鍋釜に水をためて、非常用のラジオの確認をして、懐中電灯を枕元に置いて。  
 
ガスはプロパンなので煮炊きに不便しなかったのも助かりました。水も断水になるかもと言われていましたが、結局一時出が悪くなったもののすぐに回復して、素早い役場の対応がありがたかったです。  
 
心配してお電話くださった方々、メールくださった方々に御礼申し上げます。ありがとうございました。  
 
今日からまた製作にかかれます^^  
 
本日も穏やかで、全国のいまだ復旧していないところの作業が進みますように。  
 
 
 
[2016.07.01]
昔、河島英五さんの歌で「酒と泪と男と女」というのがありまして、カラオケボックスでバイトしていた20代前半のころ、バイト仲間が唄うのを聞いて、かっこいい歌だなあと思ってものでございます。 
 
個人的には「時代おくれ」をちょっとアレンジした、後世に残したいお酒飲まない替え歌バージョン(勝手にてんねんや作)が人生のテーマソングなのですが、今日のタイトルは何となく4つの言葉が浮かんだので河島さんの歌になぞらえてみました。ゴロは合わないですがそこはご愛敬で^^ 
 
本日はじめは庭。大好きな庭、というか山?畑?と区別がつかない生活必需品のガーデンのお話でございます。 
 
裏の草ぼうぼうの畑は広すぎて、約5反くらいあるのでまだアロニアとルバーブと少しのハーブしか植えておらず、よもぎ(自生)、タンポポ(自生)、月見草(自生)、スギナ(自生)などなど勝手に天然野草園と化しております。こちらはもう少し苗を育ててから区画しながら移植するので、今はまず手近な母屋の周りから手を付けております。 
 
いただいたトマト&ズッキーニの苗が沢山あります。 
南西の日当りのいいところに降りていただきました。 
 
もともと三つ葉とミントの生えていたところなので、 
苗をおろすのに背の高くなっていた方々を丸々刈りましたが、また生えて来たらちょうどよいコンパニオンプランツになってくれます。 
 
裏庭もやっと草刈しました。 
草を刈ったら埋もれていたブドウの苗がやっと見えた;; 
 
笹が進出してきていたので、刈り込んでほっと一息です。草の山ができたのでここを新しい堆肥山にして、今まで一年以上使っていた堆肥山を寝かせます。 
 
大体二年寝かすとほとんど土に返ってくれ、いい草が生えてくるのでそうしたら切り崩して堆肥や苗床の土として使います。植木鉢の植え替えにも使います。 
するとえらいことに。 
 
母のところから来て株分けした緑が、ものすごく大きく元気になって、挿し穂した枝の育つ勢いがすごいのです。 
 
ここに越してきてから二つ堆肥山を作り、今3つ目ですが、一つ目の堆肥山をまだ切り崩して使っています。野菜くずや汲み取ったもの、今は家畜がいないのでこれら二つとあとは草刈りや枝払いの小枝などを積み込んだだけの堆肥山ですが、ふっといミミズやスズメバチも来る虫たちのレストランで、この方々のおかげで栄養満点の土になってくれるのです。 
 
計算されつくした生態系の見事なサイクル。自然の妙、まことに妙なる地球の技だなあと感歎。 
 
完熟した山の土は黒くてしっとりとして、程よく空気が含まれてそれはそれはいい感じ。 
よほどいいベッドなのか、土を掘り返すとよくミミズが熟睡していて触っても起きないので面白いです。 
 
イチゴと競争して鉢の中で狭そうになり、最盛期で混雑しているラミウムを玄関の反対側の土におろします。来年両脇から玄関を囲むように咲くピンクの花を想像して移植しました。 
 
今はまだ切って植えたばかりなので少ししおれてかわいそうな見た目ですが、最盛期の元気のいいうちに挿し穂すると、花は落ちても根が張るので、秋ごろには葉が茂って綺麗になります。白銀に緑の縁取りの葉が美しい種類なので、どこから見ても美しく、お客様の目も楽しませてくれると期待します。 
 
挿し木して大きくなったアロニアの苗を収穫しやすい近さの母家の周りにも植えたくて、父が草刈りしてくれた所に古タイヤを並べ、その中に移植することにしました。 
 
タイヤはしばらく株元のマルチ代わりになるし、苗が気づかれずに踏まれないための目印にもなるし、数年して枝が張る前に抜けばいいので、ちょうど増えきていた古タイヤの使い道ができてよかったです。 
 
庭仕事もまだまだ途中だけど、明日イベントなので仕込みもあります。アロニアクッキーも焼きます。3人くらいに分裂できたらいいのにと思う毎日です。 
 
夜も更けてまいりましたが焼き時間の拘束されている合間にこのブログを書いています。工房、暑いです。 
 
そして明日はまたまた重なりますが息子が中体連の胆振大会。こちらで勝ち残ると全道大会です。 
 
大会といえば大事なお弁当! 
コンディションを左右するので気が抜けません。 
そして手も抜けません。 
 
王子のお気に入り、キャベツととうきびのサンドイッチと胡瓜のお漬物(塩分補給)と果物(ビタミン補給)! 
そして明日てんねんやはイベント出店!! 
 
なのでお漬物はすでに仕込み、ぱんも発酵中、あとはぱんを焼きあげて豆腐マヨネーズを作って果物をカットしておけば朝は野菜を刻んで混ぜてはさむだけ。ん、万端。べジぱんで消化も良く力も出ます^^ 
 
明日のイベントは札幌市清田区にあるcaféナチュラリストさんのほっこりマルシェです。 
詳細はこちらです。 
https://www.facebook.com/events/2044951729063752/ 
地球と人と命を愛するべジぱんたち、札幌行きますよ〜。LOVE&PEACEな人集まれ〜^^(大滝の山の中で愛を叫ぶ) 
 
午後からはオープンマイクライブもあります。 
ライブの詳細はこちら 
https://www.facebook.com/events/1214104265267458/ 
LOVE&PEACEな音楽が集います。 
 
皆様是非お誘いの上お越しくださいませ^^ 
 
庭と、お菓子と、子供とイベント。 
ありがたい盛りだくさんを今日もさせていただけること、感謝感謝*** 
今日は写真を撮るのが間に合わなかったので、文章だけで失礼します。庭の写真は、また今度^^ 
 
世界中平和で幸せでありますように。 
今日も、明日も、ずっと。 
[2016.06.26]
今朝1時半起きでぱんを成型し、5時半に焼き、8時に壮瞥へお届けスケジュールを無事済ませ、車に乗ったら携帯に着信履歴がありました。 
 
誰かと思ったら私の母でした。 
何かあったかと思ってかけなおしたら、 
今日、うちにいる?って。 
いるよ、と云ったら弟が車を出してくれるから行こうかな、と。 
父上と母上、弟君の大滝来訪が急きょ決定しました。 
 
本日の目的の一つは緑の疎開です。 
 
母上の趣味?かライフワークか、観葉植物(緑)を挿し木や株分けで増やすのが得意で、すぐ緑の植木鉢が増えてしまいマンションではある意味困ってしまうのでそれを土地が広い大滝に持ってきてくれるのです。 
 
私はさらにそれを販売したり増やしたり土に植えたりしています。 
今回もサンスベリアやアイビー、ポトスなどが大滝に来ました。緑だらけの山に住んでいても、これらの観葉植物のかわいらしさはまた別物です。 
 
せっかく遠くから来てくれた家族に、急きょだからあるものだけど精いっぱいのおもてなしをと、雨の合間を見て庭からレタスを採ってきて、大豆ミートと豆腐の野菜もりもりハンバーガーを作って有機珈琲を入れ、ちょっとcafé風ランチにしてお出ししました。 
 
話していて写真を撮れなかったのが残念でしたが、みんな喜んで食べてくれて、ぱんの味が一番強いから中身の存在感をもっと強くした方がいいとか、舌が肥えている弟の的確な意見もあり、ではこうしたら、更にこれを入れたらなど、ワイワイとべジランチ談義に盛り上がったのでした。 
 
楽しかったし、ヘルシーで美味しいと家族にも受け入れてもらって、よかった。 
次は事前にもっと準備して、ああしてこうして、更なるおもてなしをと心に決めたのでございました。 
 
ランチが済んで、本日のもうひと仕事、明日のcaféのばらさんのてんねんやの日のお品を包んで送ります。 
今日のお品たちはこちら。 
豆乳メロンぱん、オレンジチョコぱん、豆乳山型ぱん、全粒5割ぱん、酵母スコーン、天然酵棒、ドライフルーツ、こちらももりもりです。 
喜んでいただけるといいな。 
 
お近くにお越しの方は是非お立ち寄りくださいね。 
caféのばら 小樽市桂岡町9-19 
 
美味しい珈琲と野菜料理もいだたけます。 
続々出版しております
初の電子書籍出版 
今ここにあるものを 
ようやく世に出して 
生かすことが出来る 
 
後世に繋げるものを 
世界を良くするものを 
てんねんやはこんな人
てんねんや
てんねんや
地球にやさしい暮らしをと模索していたら、自給自足に行き着き、素人だから失敗だらけの百姓仕事の中で、自然の力や人には計り知れない大きなものがあるのを体感しました。地球の美しさに感動しつつ、子育て自分育てに七転び八起きしながら天然酵母のぱん屋を続け、気がつくと田舎暮らし17年目でした。田舎暮らしの中で自然や命、地球を讃える歌を授かり、風のピアニストmiyukiとのユニット「地球家族」の唄うたいとして、伊達、札幌、函館などでライブ活動もしています。 
ブログ検索
あふれる想いが形に