伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ  rss feed
[2018.09.13]
地震の起きる前 
台風が過ぎたときに 
投稿準備していた記事です 
 
胆振関連の明るいニュースを1つ 
身内の事で手前味噌な感じですが 
胆振で育てていただいたからこその 
今があるので 
お世話になった方々に伝わるように 
シェアさせていただきます 
 
 
突然ですがご報告です 
息子がバトミントンの団体戦で 
全国大会に出場しまして 
大会結果が出ておりました 
 
http://www.zenkokushigaku-badminton.org/23rd_ibaraki/2018_BTrank.pdf 
 
私学大会なるものがございまして 
公立も一緒のインターハイとは別に 
私学の強豪たちが集う大会です 
 
道予選で勝ち抜き 
全国の舞台で選手として初の登場 
会場は茨城です 
 
見に行きたかったけど 
後方支援で精一杯 
8月に全国大会2回って!!! 
 
胆振出身がレギュラー出場です 
バトミントンご興味ある方は 
私学大会HPへどうぞ 
細かい結果も載ってます 
 
http://www.zenkokushigaku-badminton.org//23rd_ibaraki/2018LeagueTournament.html 
 
あ、すみません 
高校は野球やサッカーでも有名な 
帯広○谷高校です 
伏せる意味あるのかなと思いながら 
なんとなく🙇 
 
 
台風の後片付けと 
停電解除も少し落ち着きましたが 
手短に 
でも胆振関連の明るいニュースも 
お伝えしたかったので 
 
皆さま被害が少なくあられますように 
今日も健やかでありますように 
[2018.05.25]
4月最後にあれこれありまして 
ブログに向かう間もなく 
GW終了してしまったてんねんやでございます 
皆様どうお過ごしでしたか? 
お天気が不安定で寒い日々でしたね 
 
今はもう桜も咲き終わって 
八重桜が満開の胆振です 
半月近くブログに触れてなかったのにびっくり 
浦島太郎の気分です 
 
てんねんやは今年のGWは 
あれこれ画策していたのですが 
蓋を開けてみたら大きくは動けず 
自宅ショップの稼働はもう少し先です 
 
GW開けたかったですが 
諸々の兼ね合いがあるので精一杯 
継続して一歩ずつやっていきます 
 
あれこれあったひとつに 
今までなかった息子の喘息発症がありました 
 
ハイジ的環境で育った15年 
帯広という都会に移って 
急に大会で出たと 
連絡があり 
 
顧問の先生とも話しましたが 
試合続行できないくらい 
咳き込んで 
練習中にも何度か繰り返したので 
通院の命をいただきまして 
 
学校の目の前の 
耳鼻咽喉科を勧められて 
行ってきました 
 
診断の結果は 
運動誘発性喘息の可能性があるとのことで 
ただいま血液検査中 
 
彼はスポーツ特待生で 
部活で結果を出すことが 
使命でもあるので 
身体に関することは非常に責任があります 
家を出て1か月と少し 
この変化は何のお諭しか 
 
衣食住すべてに変化があったので 
血液検査の結果が気になります 
何に反応しているのか 
それによって今後が変わってきます 
 
結果が出たらまた帯広に走ってきます 
 
こんな感じで 
なかなか落ち着けない状態ですが 
子供がいると不意のことが多くて 
ご迷惑をおかけします 
 
子供の手が離れたら 
全力で恩返しさせていただく所存です 
まだまだなんにも出来てない 
心で願うようには 
 
それでも焦らなくなった 
どんな状況の中でも 
どれだけ懸命に事にあたれるか 
昨日より今日を 
半歩でも進めたか 
心を揺るがずに過ごせたか 
自分に問うように生きる 
 
なんといっても 
まだ未成年の子をお預かりしている 
お母ちゃんなので 
優先順位は決まってる 
 
ここまで無事に大きくなってくれた 
軽トラの荷台から飛び降りても 
自転車で上野の崖から吹っ飛ばされても 
逞しく育った16歳 
 
もう少しだけ 
親の手がいるのもきっともう少しね 
 
姉が成人して 
まだ大学生だけども 
親の手を離れてバイトして自活してる 
それでもこんなに助かってる 
 
下の子が自立したらどんなになるのか 
 
一人の時間を 
今度はどれだけ社会にお返しできるのか 
考えただけでもワクワクする 
 
今は今できることを 
むしゃなびブログも大事なひとつ 
 
不定期発行ですが 
またどうぞよろしくお願いいたします 
[2018.03.31]
怒濤のような3月 
もう下旬なんて 
何をしていたかよく思い出せないくらい 
予定がぎっしりでした 
 
息子の中学校卒業 
送別会 
高校進学 
家を離れる準備 
親戚廻り 
諸々の連絡 
諸々の手続き 
 
27日晴れて暖かい日に 
息子を帯広に送ってきました 
午前中練習に参加するのに 
夜中の2時すぎに出発して 
朝7時に息子を学校に送り 
 
下宿に荷物を運び込んで 
足りないものを買いに行き 
 
午後から新入生と保護者のオリエンテーション 
一般の説明会の後に 
特別奨学生の説明会 
 
教科書の販売 
制服の支払い 
下宿の部屋を整えてると 
ちょこちょこ、こまごまと 
足りないものが出てくるのでまた買い物 
 
日帰り予定が 
結局下宿に一泊させていただくことに 
 
翌日予備のメガネを作りに行き 
なんといっても帯広 
何かあってもすぐに飛んでいける距離ではないので 
出来るだけ万端に 
急に困ることの無いように 
 
息子が続けるバドミントンは 
以外と激しいスポーツ 
狭いコートの中での急激な動き 
ダブルスでは接触もありえる 
 
進学先は北北海道で1,2を争い 
北海道で5本の指に入る 
昨年は団体戦で全国大会に出場している強豪校 
 
練習を何度も見せていただいたけど 
校内ランク下位の先輩でも 
西胆振シングルス2位で 
団体戦では全道出場を果たした息子が 
こてこてにやられるレベル 
 
容赦なく同じ練習 
ついていこうとして全力で動いて 
最初は足がつってしまっていた 
車に乗るとくたくたで 
すぐに寝てしまう位だったけど 
 
回数を重ねる毎に 
帰ってくるとき楽しそうになり 
なんだかご機嫌で 
 
パワーも持久力も技術もメンタルも 
目指すところがひとつ上の 
厳しく激しい練習 
 
他にもお誘いをいただいたけど 
どちらの練習にも参加させていただいて 
違いを確認した上で 
大変さを体感した上で 
 
それが良いと言う息子が 
とても格好よく頼もしく 
 
27日に帯広に移って 
28日からさいたま遠征出発 
帯広空港に送迎 
荷物検査に向かう 
31日まで 
ただ今大会真っ最中 
 
これから家に帰ってこられるのは 
正月2日位だけの 
バドミントン漬けの日々の幕開けです 
 
彼は6才からほぼベジタリアンです 
その前も玄米菜食中心で 
山育ちのワイルドな幼少期から 
ずば抜けて運動神経が良かった 
これは小中学校先生方のお墨付き 
 
加えて怖いもの知らずのチャレンジャー 
一歳のときに姉の真似をして 
軽トラの荷台から飛び降りるという 
無謀な快挙を成し遂げた方 
 
15歳にして 
180センチ近くなった恵まれた体格に 
左利きと言う生まれつき 
上を目指せる器だなと思ってはいたけど 
メンタルも伴ってきて 
 
指導者になりたいらしい 
彼の成長が楽しみです 
 
 
改めて考えると 
上の子も家を出ているので 
とうとう20年ぶりに 
子供が身の回りから離れます 
新しい春です 
 
さみしいねーと聞かれることが多いですが 
さみしさを感じる暇が無いくらい 
実はこれからやることが山ほどあるので 
たぶん 
そんなに子供ロスには陥らないかなと 
 
ひとつ人生の段階を越えて 
今まで手をつけられなかった所を 
やっとこれからする 
脳内で計画を立てていて 
少しずつ準備していたことを 
やっと大々的にできる 
 
これは私の人生の計画の1部 
予定していた時がきた 
なので 
わたくしも次の階段を上ります 
 
皆様も新しい春に 
どうぞ希望と素敵な未来を 
今日も良き日をおすごしくださいませ 
[2018.03.05]
大荒れになった日本列島 
ここ北海道の山の中も 
猛吹雪になりました 
1日目も同じくらい積もって除雪して 
2日目もまた同じ状態に戻ってる 
除雪したのわからないくらい 
 
2日間国道が通行止めになり 
陸の孤島状態 
初日は停電になり 
息子の中学校も2日間休校 
 
うちは国道から結構山に入った処にあり 
除雪が間に合わないようで 
道路が吹きだまりで膝まであるところもあり車を出せず 
出せても麓の国道が通行止めでしたが 
丸々3日近く山籠り状態でした 
 
幸いうちはサバイバルに適した田舎暮らしで 
薪はあるし、ガスはプロパンだし 
水もお隣のペレット工場から 
300メートルも離れた 
配管の一番最後の家なので 
大事に使えば2日3日の断水には十分足りる 
いざとなったら目の前に小川がある 
冬なので雪もある 
 
もちろんそれを見越しての備えで 
普段から手間ひまかける暮らしをしてるのですが 
 
オール電化のお宅は 
ご不便どころか生命にかかわる停電 
灯油ストーブだって 
電気がないと動かないタイプなら使えない 
避難所まで開設になったそうです 
 
麓に降りられていないので 
被害状況はニュースでしかわかりませんし 
あとは通行止め解除をひたすら待つのみでした 
 
屋根の雪が溜まった状態での 
この嵐だったので 
今まで無いくらい積もってしまいました 
これはよろしくない 
家がかわいそう 
 
そろそろ雪下ろしをと思っていたときに 
インフルBかなという症状の 
熱のあまりでない風邪をひきまして 
長引くこと既に3週間 
咳込むと止まらないので 
外仕事が後回しになっていたところ 
 
そしてこの嵐 
ここまで積もらせたことはないので 
どうなるかわからない 
もう猶予がない状態 
息子もいるし 
屋根を落とすわけにはいかない 
 
お勝手口もここまで埋まる 
 
風速何メートルだろう 
木々がうなりをあげている 
雪が顔に当たると痛い位のは 
さすがにそんなに沢山は体験してない 
その中ひとり屋根に登るわたくし 
真似しないでくださいね 
やむを得ずでしたので 
誰もしませんよね 
 
一軒家の屋根の雪下ろし歴10年にもなると 
嵐の中ですることも何度もあったので 
そんなに怖くはないけれど 
当然慎重に登る 
屋根なのに腿まで雪に埋まる 
えらいことになっているので 
端からどんどん落としていく 
 
バウムクーヘンのように 
綺麗に層になって 
気温が0℃くらいで高い方なので 
固まらすにさらさら割れやすい雪の固まりを 
出来るだけ割らないように除雪スコップで切り出す 
崩すより一度に沢山下ろせるので効率がいい 
雪と言うより石切場みたい 
 
時々立っていられないくらいの強風が来て 
顔を覆って思わず立ちすくむ 
ふらついてしゃがみこむ 
座ると風の影響が少ないことに気づき 
座ったまま雪をおろすと 
カヌーのパドリングのよう 
これなら強風が来ても大丈夫と 
新しい発見に喜んだりして 
 
1日は朝から3回屋根に登り 
午後からまた2回 
初日で既に筋肉痛 
 
2日も朝から地面の除雪と屋根に登ること2回 
午後から2時間位ずっと屋根にいたけれど 
それでも終わらない重たい雪 
 
田舎暮らしぱん屋のわたくし 
時にはチェンソーも 
丸ノコも使います 
 
おなごにしては 
力が無い方ではなく 
肩パッド要らずのいい肩してまして 
可愛らしいとはいえない 
力こぶなんぞあるくらいですが 
 
さすがに握力がなくなってきて 
スコップがすっぽ抜けてしまい 
何度も屋根から落として 
 
ほとんど地続きになった屋根から滑り降りて 
下に降りるとやわい雪で埋まりもがき 
取りに行くことを繰り返すようになって 
さすがにもうあかんと 
ホトホトと家に戻りました 
気合いだけでは続かない年齢でございます 
というか緊張してアドレナリンの影響下 
寒さも忘れて調子に乗りました 
 
出られないのでせめて出来ることをと 
せめて精いっぱいの今出来ることを 
 
家に入ってびっしょり濡れた服を着替え 
火をつけたのに寒くてたまらず 
足湯をしてようやく寒気が退散 
ほらやっぱり冷えていた 
薪を足そうとすると上手く握れない 
腕が上がらない笑える状態 
 
よく頑張ってくれたわたくしの身体 
ここまでやらせてしまってごめんなさい 
でもありがとう 
火事場の何とかですが歳と身体は嘘つかない 
でも心地よい疲労感と妙にハイな爽快さ 
身体をうごかすのは本当に大切だと感じる 
 
折しもその日は農暦の小正月 
中国では胡麻餡などを包んだ 
白玉や米粉の丸いお団子が入った 
温かい甘い汁物をいただくそうです 
その年の初めての満月にちなむのでしょうか 
中秋の名月、十五夜も 
それにちなんだお菓子月餅もそうですが 
満月のイベントやお菓子に 
何故か心惹かれるわたくし 
 
うちの北京料理の本に載っていて 
作ってみたいなと思っていたのを思い出して 
晩御飯のデザートに 
作っている途中で息子が流しに来て 
すいとん?と嬉しそうに聞くので 
デザートの甘い団子の他に 
晩御飯にもあつあつの 
味噌仕立てのまん丸すいとんにしました 
 
甘いのは中に 
白胡麻と白練り胡麻と有機砂糖の餡 
同じく有機砂糖とシナモンと生姜をいれた 
お汁粉のよう甘い汁で 
 
もっちもちで美味し〜 
たっぷりの生姜で温まりました 
 
停電でしたので 
一晩だけキャンドルナイトでしたが 
マッチと蝋燭は常にすぐわかるところにある 
息子は嬉々として薪ストーブの上で 
小さな蝋燭をまとめて溶かしてグラスに入れ 
タコ糸をつるして 
新しい大きな蝋燭を作っていました 
 
普段は部屋にいることが多く 
居間には長くいないのですが 
サバイバルな中でも楽しみを見つけて 
生き生きとしてる 
小さなころから変わらない 
遊びの天才を再発見しまして 
 
出られなくて不便だからこそ 
そばにいられる貴重な時間で 
こんなことも見つけられるのかと 
蝋燭の炎を眺めながら 
今月末には帯広に行ってしまう息子と 
後どれだけ一緒にご飯を食べられるのかなと 
ちょっとセンチになった母でした 
 
皆様もどうか大事な人との大事な時を 
日々大切にお過ごしくださいませ 
 
 
.......✨✨✨しあわせな食べもの定期便✨✨✨......... 
 
ベジィでヴィーガンでヘルシーでハッピーな 
美味しくてしあわせなぱんのお菓子、 
忙しい朝やタイトな時間こそ 
身体に優しい食べものを 
 
天然自然のエナジーとしあわせが詰まったセットです 
 
詳細リンクはこちら 
http://blog.mushanavi.com/tennenya/?S=43719&C=blogEntryCheckView 
地球家族のうた
youtubeでも聞けるものがあります 
てんねんやはこんな人
てんねんや
てんねんや
地球にやさしい暮らしをと模索していたら、自給自足に行き着き、素人だから失敗だらけの百姓仕事の中で、自然の力や人には計り知れない大きなものがあるのを体感しました。地球の美しさに感動しつつ、子育て自分育てに七転び八起きしながら天然酵母のぱん屋を続け、気がつくと田舎暮らし17年目でした。田舎暮らしの中で自然や命、地球を讃える歌を授かり、風のピアニストmiyukiとのユニット「地球家族」の唄うたいとして、伊達、札幌、函館などでライブ活動もしています。 
ブログ検索
あふれる想いが形に