伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ  rss feed
[2018.04.09]
ご無沙汰いたしました〜 
ここ1か月くらい 
よく覚えていないくらい密度の濃いスケジュールで 
ゆっくりblogをを開く間もなくおりました 
 
子供の一つの大きな区切り 
中学校の卒業式が終わったと思ったら 
もうあっという間に入学式 
 
6日に無事に入学して 
帯広の子になった息子 
 
27日に引っ越し 
午後から保護者と新入生のオリエンテーション 
制服と教科書などをそろえたりして 
下宿に一泊させていただき 
 
翌日メガネのスペアを作ったり 
昼に遠征に行く息子を 
帯広空港まで送迎して 
初めての帯広空港にワクワクし 
下宿の部屋を整えてから 
真夜中に帰宅 
 
6日にまたもや帯広入りし 
午後から入学式とバド部の説明会 
こまごまとした買い物などを済ませ 
下宿先に一泊 
 
7日午前中に 
知り合いから自転車を戴けることになり 
中札内まで走って 
十勝広い! 
思わず農道で写真撮影 
どこまでも一本道 
十勝広し 
 
こまごま用事を済ませ 
またもや真夜中に帰宅 
 
日勝峠が地吹雪で 
平取方面がブラックアイスバーンで 
下道でゆっくり走ったら 
5時間以上かかってしまった 
 
帰り道に泣いちゃうんじゃないかなんて 
思っていたけれど 
泣く暇もないくらい今後の事を 
ずっと考えながら帰ってきました 
 
20年ぶりに子供がそばにいなくなる 
それがどういうことなのか 
まだ体感できていないですが 
 
海外交流事業で 
1週間ぐらいは離れたことがあったので 
もしかしたら1か月くらいしないと 
実感がないのかもしれません 
 
さあ 
これからがまた 
新しい人生の始まり 
いままでできなかったことを 
後回しにせざるを得なかったことを 
ぜーんぶやり倒す笑笑 
 
ある意味これからが 
私個人の本番 
だって 
 
まだ歌も世に出していない 
べジで世界平和な歌が40超もあるのに 
 
あのレシピも 
あの味も 
焼き立てが最高のあれも 
 
樹齢300年超のオンコもまだ 
北海道の巨樹登録できただけで 
世に出していない 
 
あそこも掃除していない笑 
あれもやってない 
これもお返ししていない 
あっちも 
そっちも 
 
そんなことを考えながら 
帯広から帰ってきたら 
泣くかもなんてすっかり忘れてた 
 
あたためて 
熟成して 
溜まり貯まった人生の経験値 
そしてあまたの御恩たち 
 
整理して徐々にお届けします 
一生かけての恩返し 
 
人に 
 
地域に 
 
世界に 
 
地球に 
 
 
本日はまずその1つ 
新しい酵母のお菓子のご紹介です 
天然酵母のソフトクッキー 
マアムシリーズ第1弾 
 
ソフト系のしっとりしたクッキーが昔から好きでした 
ケーキとクッキーの中間くらい 
オールレーズンとか 
カントリーマアムとか 
 
ブラウニーも大好き 
ココアが濃厚で 
甘さ控えめで大人っぽいレシピで 
どしっと目のつまったようなものを 
高校生の頃から焼いてました 
 
ガトーショコラも大好きで 
真っ黒いくらいビターな 
ずっしりした系のを 
自家製オレンジソースや 
ラズベリーソースを添えて 
 
振り替えると 
昔っから割と渋好み 
 
市販のレシピが私には甘すぎて 
好みに変えて作ってたのが 
今に繋がっています 
 
ちなみに今は 
天然酵母でケーキも焼きます 
 
酵母のブラウニーも 
酵母のガトーショコラも 
シュトレンのように熟成する 
他では出せない発酵の妙 
 
その発酵の妙を 
アロニアのソフトクッキーで 
お届けすることができそうです 
 
試作品第何号目だろ笑 
焼きあがって熟成中 
こちらアロニア生地の有機ビターチョコ入り 
 
こちらホワイトチョコ入り 
 
天然酵母のソフトクッキーのレシピができて 
熟成度合いと日持ち実験がほぼ終了し 
焼いてから5日以降が 
しっとりして美味しくなること 
味わいも深まってくることがわかりました 
 
プレーンから進化して 
チョコ入りや珈琲入りなど 
そしてやっぱりてんねんやは 
地元の特産品アロニアで作りたくなってしまうのです 
 
天然酵母の摩訶不思議 
シュトレンも同じく 
焼き立てももちろん美味しいですが 
熟成したものと比較するとまだ青く若く笑笑 
日がたつごとに美味しさが増してきます 
 
その味わいはとても美味しくて 
この深みは天然酵母でしか味わえない 
しかも安心安全無添加ナチュラル 
いいこと尽くし 
 
これをケーキやクッキーでもお届けしたい 
道の駅にも置いていただいているスコーンたちも 
同じく酵母で熟成するタイプにして 
 
昔のヨーロッパのお母さんが 
家族のために作ったようなレシピで 
素朴で飽きのこない毎日のおやつを 
お届けするのがてんねんやの醍醐味 
 
ここでしか味わえないものを 
唯一無二のものを 
 
人が一人一人違うように 
酵母も作る人によって全く違う 
それがとても奥深い 
毎回違う 
それも醍醐味 
 
天然酵母のソフトクッキー 
マアムシリーズは 
今週末のファーム453でも販売します 
 
今週から新学期の 
豊浦のいずみの学校でも 
果物と北海道のシリアルや 
酵母のスコーンたちと一緒に 
販売していただいております 
 
とっても美味しいので 
是非召し上がってみてくださいね 
 
あ、1つお気をつけて 
 
珈琲とホワイトチョコのマアムは 
夜に食べると眠れなくなるかも 
私は夕方味見して 
午前様越えても眠れなくなりました 
私はカフェイン効きやすいタイプですが 
 
珈琲豆をひいた粉を使っているので 
眠気ダイレクト退散です 
[2018.03.06]
先日の嵐の除雪がようやく落ち着きました 
手伝ってくれた家族に感謝です 
 
ひとりじゃいつまでかかったことやら 
やはり男衆のパワーは素晴らしい✨ 
ありがとうございます 
 
まだ例のお勝手口は埋まっておりますが 
しばれている今は固い氷の塊相手になるので 
次に緩んだときに掘り出すことにして 
しばし除雪はステイ 
課題の屋根が終わったので 
やっと今月の定期便の制作に入りました 
 
昨日仕込んで夜中に成形 
本日昼くらいまでに焼き上げて 
包んで発送する段取り 
天然酵母は時間がかかります 
 
外気温が低いと工房も冷え込む 
ホイロを使わないので 
朝まで保温はできないから 
冷えても発酵する低温長時間熟成の 
時間配分が難しい 
 
常に一期一会で同じ条件の事などない 
昔ながらのぱんの作り方 
経験の積み重ねで感覚でわかる 
春夏秋冬の折々の扱い方 
 
データだけではできないこと 
データがあると予測しやすいこと 
 
そんなこんなで焼き上がりまして 
 
制作中の写真を撮る余裕はなかったですが 
出来上がったお品たちはこちらです 
 
箱にもりもりのまさに箱入りぱん 
持ち上げるとずっしりして 
ぱんとは思えない重さ 
 
 
ここでご存じないかたもわかるように 
今月の箱入りのお品たちをご紹介🙌 
左上から時計回りに 
 
綺麗な紫色の大きな丸いのは 
[アロニアフルーツぱん] 
アロニア入りの塩味の生地に 
有機レーズン入り 
 
上中央凹んで隠れてるのは 
[豆乳山型ぱん] 
植物性の食ぱんレシピ 
イギリス食ぱんが好きなのであえて山型 
なんにでも合う万能なお方 
 
右上大きな丸いのは 
[レーズン胡桃ぱん] 
どうしてこんなに美味しいのと 
聞きたくなる味わい深さ 
 
その下のクラフト袋は 
[北海道大豆と果物のシリアル] 
お豆の味がしっかりする大豆シリアルに 
有機ドライフルーツたちをブレンド 
高たんぱくグルテンフリーの 
美味しくて安心なファーストフード 
 
右下のとんがり三角は 
[天然酵母スコーン4種] 
ナチュラルなカロリー○イトがコンセプト 
どれもすっごく美味しい 
今回は大滝アロニア、大滝ミント、珈琲、芥子の実 
12種類あるので3回ずつローテーションで 
皆様の元気をチャージに伺います 
 
左下丸い2つのぱんは 
月替わり季節の恵みぱん 
弥生限定[柚子カスタードクリームぱん] 
静岡の有機柚子を数年熟成させたピールが 
豆乳カスタードにたっぷり入ってます 
柚子は身体を温めるそうですので 
春まであとひと頑張りする身体を応援 
 
左中央てんねんやの大定番 
水を使わず有機豆乳100% 
双子の形のほんのり甘い 
お母さんのおっぱいをコンセプトにした 
しあわせなSOYみるくぱん 
子供心を癒すような優しい味わい 
ママの味でございます 
 
月の初めの元気の源 
絶讚好評発送中 
10日位まで承ります 
 
明日も穏やかでありますように 
健やかでありますように 
[2018.02.08]
てんねんやの 
大滝愛がだだもれちゃった形の現れ 
美味しくて美しいアロニアクッキーたち 
自分で言っちゃうくらいだだもれ 
親ばか全開 
隠すことなし笑笑😂 
だって本当に美味しくて美しい 
 
なんとお隣の壮瞥町 
道の駅サムズにデビューしました🙌 
嬉しくて思わず写真✨ 
 
また写真笑笑😂 
 
店長さんがとても素敵な方で 
お話が盛りあがって止まらなく 
初回なのにずいぶん 
長居をしてしまいました✨ 
郷土愛が伝わって 
ありがたくてたまらない 
 
この店に置いていただけて嬉しい 
良かった〜と思える店が 
また増えてしあわせ 
 
ご当地近隣の名産たちと 
仲良く並べていただいています 
 
とても光栄 
すごく嬉しい 
写真をみても 
つい微笑んでしまう怪しいわたくし 
更にただもれ 
 
感謝感謝 
ありとあらゆる事に 
 
今日はまずお知らせまで 
これからぱんの仕込みです 
 
また寒くなって来ましたね 
皆様今日も 
心も身体も温かく 
どうぞお過ごしくださいませ 
[2018.02.03]
大変お待たせして申し訳ありませんでした 
前回バーコードができないというトラブルで 
納品出来ずに待機熟成していた 
天然酵母のスコーンたち 
とうとう物産館に登場いたしました 
 
前回コメントくださったチビさま 
お待たせいたしました 
是非是非食べてやってくださいませ 
 
売り場全体はこんな感じ 
更に華やかに✨ 
 
麗人さんや青葉さん、 
いずみの学校さんやイベントで 
ご存じの方もいらっしゃるとは思いますが 
改めてご紹介させていただきます 
[2018.01.25]
自家培養天然酵母で 
ぱん以外にもケーキやスコーン 
クッキーやクラッカーを作りはじめてから 
沢山のレシピが出来ました 
 
この中でロングセラーなのが 
天然酵母のスコーンたち 
こちらは今日から物産館に登場する予定だった 
アロニアスコーンたち🙌 
 
なのですがここでごめんなさい発生 
パソコン不具合が発生して 
バーコードが印刷できず 
本日納品できないことに 
 
申し訳ありません🙏 
しばしお待ちくださいませ 
納品時にまたお知らせさせていただきます 
 
 
ここからは 
アロニアスコーンのメイキング話です 
 
 
ナチュラルなカロリー○イトを作りたい 
がコンセプトでして 
 
手軽にエネルギー補給できて 
かつ作りやすく日持ちして 
かつ持ち運び易く食べやすく 
かつ無添加で身体に良いもので 
かつサイコーに美味しくて 
 
という 
店主の望みがぎっしりつまった 
熟成するスコーンたち 
実は全部で10種類以上あります 
 
ドラッグストアやコンビニで 
こういう商品の需要が高いのか 
色々沢山売っていますね 
 
上の子が部活の大会の時 
結構子供たちが 
みんな普通に食べていて 
 
いや昔私も食べたことはあるのですが 
販売当初は画期的で 
確か中学か高校生の頃 
 
実はめっちゃ好きでした 
特にチーズ味 
 
ですが年々年を重ね笑笑😂 
味覚にも変化が現れ 
 
湧き水と自然栽培の野菜を 
食べ続けたおかげで 
鋭くなった(ところもある笑笑😂) 
からなのか 
いやこれほんとです 
 
戌年だからよと 
笑って母は言いましたが 
嗅覚が小さい頃から良いらしく 
母によく 
食べ物の傷んだのは 
お姉ちゃんに聞けばわかるなんて 
言われていたせいか 
(いいのでしょうか母上様笑笑😂) 
 
いつからか 
 
後味がビタミン剤や風邪薬と 
同じ味がするような感じで 
口の中が不思議な感覚になるのが 
不得手になり 
買わなくなっていました 
 
どれも添加物が沢山 
これは確かに便利だが 
健康にはどうなのだろうかと 
疑問に思ったのが始まり 
 
平気な方はもちろんいいのです 
味覚は人それぞれ 
好みも人それぞれ 
世界は広いし 
多種多様なのが今の地球 
 
私が野生児な上に 
土着の民で 
これからの未来に良いものを、という 
基準にものを見てしまう属性なだけで 
これも生まれ持ったものなの 
 
世界の一部で小さく自然に 
私らしく行うことも 
自然の流れで 
 
私のような方々ももちろん 
広い世界にはいらっしゃるので 
 
便利で斬新な 
大企業様の製品に 
インスパイアされまして 
 
てんねんや好みの 
ナチュラルなものが 
まだ無いなら作ろうっと🎵 
 
で、出来ました、と✨ 
 
大滝愛がとどまることを知らず 
アロニアコンフィチュール 
丸ごと入ったアロニアスコーン 
近日物産館にデビューです 
 
またお知らせさせていただきます🍴🙏 
ブルースクリーンエラーって直るのか 
調べ中〜 
 
寒いですから 
皆様ご自愛くださいませ 
[2017.12.14]
天然酵母のツリーブラウニー  
 
シュトレンのように熟成します  
私は焼いてから10日位がおすすめ  
しっとりして生チョコみたいな  
濃厚な味わいになるのです  
 
子供たちにギフト用の  
ミックスクッキーは  
全部天然の色  
 
安心して差しあげられる  
 
まだまだ焼いてます  
ご予約も承ります 
[2017.12.13]
情報が溜まって 
一度出し始めると溢れでてまいります 
 
今年ようやく型をオーダー出来て 
リニューアルしましたアロニアクッキー 
念願の芸術的なレリーフ型をご覧ください 
 
型屋さんが普段作っていない 
立体のレリーフ型を 
特注で引き受けていただき 
 
アロニアの美しい曲線を出したくて 
デザインから起こして 
この秋に出来上がりました 
 
以前のものと比べると 
1枚が約1.4倍増量 
中身も少し配合を変えて 
細かい型でも抜きやすい生地に 
 
そしたらありがたいことに 
食感も色合いも更に良くなって 
美味しく美しくなりました 
 
袋から出して 
コーヒーやお茶と共にお皿に置いて 
しばし眺めてしまうような 
食べてしまうのが惜しくなるような 
 
そしてようやく食べてみたら 
美味しくて忘れられない 
そんな品を目指しました 
 
お世話になってばかりの伊達大滝に 
大好きな伊達大滝に 
今できる恩返しの第一歩を 
 
クッキーは 
すぐに食べてしまう儚いもの 
それでも最大の真心を込めたくて 
ようやく形も整いました 
 
伊達観光物産館で販売しています 
どうぞ可愛がってくださいませ 
[2017.06.30]
え、  
去年の9月に更新してから?  
 
写真を載せるのが簡単なFBを使って楽をしていたら  
(そちらも時々でしたが)  
すっかりこちらをご無沙汰してしまいました。  
 
PCの調子も不安定だったので  
スマホ使用だったのも原因の一つですが  
時々やってくる節目のような時期で  
ぱん屋的にも色々と考えることも多く  
内側に入ることが多かったので  
じっくり発信することができなかったのもあります。  
 
今回はちょっと長かったですが  
お陰様で見るべきところ  
超えたいところが露わになりまして  
いよいよ人生のクライマックスに  
やっとこれから入るのだ  
やっと入り口に立つのだ  
ということが自覚できました。  
 
って自分がどれだけ今までトンデモだったかに  
やっと気が付いたということなのですが;;  
トンデモだった理由がわかったので  
今後は心嬉しく楽しくありがたく  
自然に動いていけそうです。気が楽になりました。  
 
そうなると諸々現象も変化が現れてきまして  
お知らせでもちょっと触れましたが  
酵母を一新することになりました。自然に。  
 
今までも何回か更新したり、継ぎ足したり加えたり  
変化はありましたが、  
今回の酵母はまた一段階深まったというか  
しっとりもっちり、に潤いが加わったというか  
これは食べてくださった方の感想で初めて潤いという表現がぴったりだとわかったのですが  
妙に優しげでうるうるしているぱんになるのです。  
 
そして2,3日してもうるうるしている。  
そして味わい深い。でも非常に軽い。  
ぱん自体はみっしりと重たいですけれど(笑)  
 
微生物は微細なうえに繊細で  
というかちゃんと居るべき環境に忠実に居るので  
暑ければ暑さに強い菌が  
酸素が多ければ酸素の好きな菌が  
自然に優位になるのです。  
 
日々の小さな変化も顕著に表れるので  
水の結晶が人の感情に左右されて形を変えるように  
とてもわかりやすく目に見える現象になってくれます。今後の変化が楽しみです。  
 
さて今週は  
明日息子が中体連の胆振大会で苫小牧まで行くので  
親も送迎と応援団で出張です。  
なので今日ぱんたちを焼いています。  
 
明日のお品たちはこちら  
 
 
アロニア山型ぱんは  
カットするときれいなピンク色  
アントシアニンも豊富。  
 
それからアロニアのジャムシリーズ  
今はアロニアみかんが完売して  
アロニアママレードが旬です。  
 
 
今焼きあがった全粒粉ぱんと  
もう少しで発酵完了の豆乳山型ぱん  
ハード系とソフト系の代表的なプレーンなぱん  
 
そろそろレタスなどの生野菜が  
とても美味しくなってきましたので  
サンドイッチやオープンサンドに向く  
シンプルなぱんたちを焼きました。  
 
もともとてんねんやは  
全粒粉100%とか  
ライムギ100%にキャラウエイシードとか、  
ライ50%全粒50%とか  
日本ではマニアックなぱんたちも焼いていましたが  
 
やはりほどほどに柔らかく  
食べやすいぱんが主流になってきて  
SOYみるくぱんとか豆乳山型ぱんとか  
副材料も入った柔らかいぱんたちも  
焼きますし好きですが  
やはり天然酵母ぱんの醍醐味は  
粉!酵母!塩!水!  
リーンなぱんの奥深さは秀逸です。  
 
他の食材の味を損なわない、という点では最強だと思います。食事にするなら断然、リーンなぱん。  
でも作るのが一番難しい、ごまかしの効かない筒抜けなぱんたちでもあります。  
 
ぱんについて語るとやはりとまらなくなるので  
この辺で(笑)  
アロニア山型ぱんも豆乳山型ぱんも  
ふっくらうるうるとお待ちしております。  
 
大滝野菜直売所ファーム453へどうぞ^^  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[2016.06.12]
週末二日連続、息子が中体連で登別体育館に朝7:45分集合の送迎! 
 
早朝から沢山の車がきていて、ご両親ともに送迎に来られているご家族もあり、こういうところでも世の中のお父さんお母さんは子供のためにえらいなあと思った次第でございます。 
 
大会はほとんどが土日で、週末の直売所のぱんたちを焼くのと重なります。日曜日も2時半に起きて焼くスケジュールで、夜中にアラームで起きました。 
 
工房に行くとぱんたちは予定通りの膨らみ具合で焼いていいよの顔をしています。 
 
早速豆乳山型ぱんを小さいほうのオーブンに入れて焼き始め、次にレーズン胡桃ぱんにクープを入れようとカミソリをもって切り目を入れているとき、ちょっとぼーっとしていたようで、あっと思った瞬間にはもう左のひとさし指をすっぱり切ってしまいました。 
 
やってしまった!結構深くいってしまったので、手を止めて傷口が元通りにくっつくようにふき取りながら合わせ、軽く押さえておきますと数分でくっついてくれました。 
 
傷口が切れたとおりにうまく張り合わせるようにするときれいに貼りつくのですが、あれですあれ、キュウリやズッキーニの切り口同志が吸い付くようにくっつくのと似ています。 
 
でもくっついたばかりはぶつけたり力を入れたりすると簡単に開いてしまうので、切った指を使うことはできず、水仕事もがまん。傷口が化膿すると仕事できない日数が多くなってしまうので、それはとても困ります。でもここを我慢できると完全にくっつくのが速いのです。 
 
仮にくっついた後の指を絆創膏で2重に巻いてぶつけ防止をして使わないようにして、クープ入れの途中だったレーズン胡桃ぱんにクープを入れ、オーブンへ。先ほどの豆乳山型ぱんがあがったので差し替えて、交互に時間差で焼く形になりました。 
 
一か所使えない指があると、いろいろな作業でいつもと加減が違うので、焼きあがったぱんを網に上げるときに手が滑り、一つ落としてしまいました。あああレーズン胡桃ぱんが〜。 
 
大会のお弁当にはサンドイッチを所望のうちの若殿のリクエストに応えるべく、豆腐マヨネーズを作り具を合わせ、はさみ、包むのも、たった一つの指が使えないだけでとても時間がかかってしまいました。 
 
本当に人の手も計算されつくした作りになっていて、五本の指と左右の両手があって初めていろいろなことがスムーズにできるのだなと、改めてこの手のありがたさが身に沁みました。 
怪我をしないよう、以後気を付けます。 
 
お弁当もでき、直売所のぱんたちもでき、6時10分にお友達と待ち合わせて、7時半に登別へ。 
体育館に子供たちを無事送り、9時過ぎに大滝にとんぼ帰りしてきて、直売所に納品。 
それから工房に戻って、今日はご注文いただいた大滝限定のアロニアの星クッキー×10を焼く予定でした。 
 
電話や来客もありましたが、他の仕事も絡めて昼には出来上がり、地元の施設の一つにお届けに行きました。 
 
いつも直売所でアロニアクッキーを買ってくださるというそのお婆ちゃんには初めてお会いするのですが、施設のロビーで私を待っていてくれました。 
 
話しているうちに、もう2つ買ってくださることになり、いつもとても楽しみにしていること、切らさないように頑張っておいてほしいとの旨、伺いました。 
 
大滝限定の星型のアロニアクッキーは、地元の方に気軽にお茶菓子として食べてほしくて作ったものなので、初めて直接地元のお客様から気に入っているといっていただけて、感慨もひとしおです。また頑張る元気をいただきました。 
 
私はどうもおかしなところが不器用なようで、変なところでやりすぎたりとんちんかんだったり、普通に器用にこなす、ということがとても難しく感じることが良くあります。 
 
これ、ということに対する集中力は変にあり、夜中まで平気でやってしまったり、絵を描いていた時もすぐ寝食を忘れるので、このままでは寿命が縮まる、と真剣に思ったりしました。 
 
今は、逆にこうしてお客様から励ましをいただき、 
じゃあ、おいしいクッキーを作るために私は手を怪我などしてはいけないんだ、と自重する気持ちが生まれてきました。 
 
ちょっと今生訳ありで、私にとって自分を大切にすることはいけないことで、酷使していないと生きていけない、というくらいに思っていた時期が長かったので、怪我しても病気でも関係ないしこれくらいで死にやしない、そんなことより地球環境を護るんだ〜という勢いで今までやってきましたが、その生活ではいつも余裕がなく、せっぱつまっていて、怒りを感じることも多く、心からいつも幸せだとは感じられずにいました。仕方なかったとはいえあほでしたねえ。 
 
今はなんでそうだったのかの理由もわかるようになったので、そうならざるを得なかった自分も解るし、解るとどんどんこんがらがった状態から抜け出したくなって自分で這い上がろうとしています。 
 
私は地球環境を護りたいがために無理をして、あることろでは物質的には汚さないように気を付けてきたかもしれませんが、自分をおろそかにしてきたので見えないところで心に怒りが潜んでいて、実は物質よりもそれらのマイナスの感情の方が地球を汚してしまうことを知っていたのに、本当に腑に落ちていなかったのです。 
 
というか、無理が何なのか、どうすることが自分を大切にすることなのか全く解っていなかったし、大切にしようとも思っていなかったし、解ろうとも思っていなかったのです。ひどいなあ。あほですな。 
 
実は先日、かけがえのない方を亡くしました。 
私の人生の、大きな転機でした。 
いくつかの約束を果たせないままの別れでした。 
そして、何かのスイッチが入ったようなのです。 
 
霧が晴れるように、今までわからなかったそこに手が届き、ふと見渡すと自分にいらないものばかりを持っていることに気が付きました。 
 
自分が本当にしたいことから無意識に目を背けてきたことに気付きました。 
 
無意識でなりたがっていた自分、でも正しい自尊心がなかったのでなれるわけないと思い込んでいた自分と、今のまだまだ届かない状態の自分が繋がり、本当に私の願いである地球を確実に守る、ということを現実にすることを目指すには、私がまず幸せでないと始まらないということが一つ深く腑に落ちたのです。 
 
そうしたら、指を切ったときに申し訳ないと思えてびっくりしたし、今まではそれで水仕事をやめるなんて考えもしませんでしたが今回はいたわる気持ちが芽生え、またまたびっくりしたのです。 
 
以前は指を怪我したら、くっそやっちまったこのドジ、とばかりに自分に罵詈雑言を浴びせるような悪人ぶり(うわあひどいぃ懺悔懺悔∞) 
痛い?何言ってるんだ甘えんじゃねえとっとと働きやがれビシビシ!(なぜかべらんめえ調)みたいな気持ちでやってきたのでそりゃあ免疫異常も起こしますわ。体も嫌になってボイコットいたしますわ。 
 
もう懺悔しかございません。 
五体投地したい気持ちでございます。 
地球さん宇宙さん世界さん荒々しい気持ちをまき散らしてきてごめんなさい。 
 
20代のころ荒雄、と異名をとったおやじっぷりにも深い深いわけがあり、その名残は健在でございました。心の傷、こわい、こわい。 
取り戻せ、自尊心。 
正しく頑張れ、私。 
 
無駄なことは何一つないといわれますが、小さなきっかけの積み重ねがなければ大きなきっかけでいっきに気づくことはできなかっただろうと思います。 
 
あがいたことも、わけわかんなかったことも、思い違いしたことも、間違ったことも、失敗したことも、迷惑かけて落ち込んだことも、うまくできなかったことも、何にもわかっていなかったことも、全て無駄ではなかったようです。 
 
がけっぷちにならないとスイッチを入れられない癖も、もういらないので、入れるべき時にいつでもスイッチが入るよう、心のブロックをいつも外しておきたいと思いました。 
 
正しい自尊心をもって、人として普通に、当たり前に、みんなと一緒に幸せになる。 
てんねんや、ようやく最終形態に向かっての扉が開きました。目指せ、脱あほでございます。 
早く人間になりたい。まっとうな。 
 
今日は、痛い話とアロニアクッキーともつながるお話でした。時間の関係で写真なしで文章のみで失礼します。 
ではまた^^皆さまどうぞ佳き日をお過ごしください。 
[2016.05.30]
おととい登別、昨日札幌、で今日は伊達市街地の物産館の納品。 
三日間で合計約400キロの移動距離でございます。 
 
長距離ドライバーさんはこんなものじゃなくお走りになるのだから、尊敬します。 
へたばっている場合ではない^^ 
 
車に乗っているときの脳で感じる「移動距離」と、 
実際に体が移動に使っているエネルギーの誤差があるように思えることがしばしばあります。 
 
ちょっとくらいなら一晩寝ると治るのですが、数日間連続長距離移動したりすると一日では治らず、時差ぼけに似た状態になることがあります。 
 
いわゆる「疲れた」状態だと思うのですが、走ったり自転車などで実際に自分の体を使って移動して、移動距離に見合った体の運動があると眠るだけですっきりと疲れが取れるのですが、車の長距離移動だと体はそんなに疲れていないのに脳だけアンバランスな緊張感が残って変な感じになるのです。 
皆さんは感じたことはないでしょうか? 
 
ちょこっとぼーっとした頭でお仕事なので 
ポカをしないようにゆっくりと。 
 
お天気が良くて、今日も早い時間から蝉しぐれの聞こえる工房で、お菓子を焼きます。 
 
建物の中にいても、緑に囲まれているのが感じられる窓からの風景。 
オーブンの奥にある窓から見える森。 
オーブンを開け閉めするたびにこのみどりに癒されます。 
 
物産館でも置かせていただいている、しょっぱいぼっこ、天然酵棒を焼きためております。 
 
かたい、うまい、でも手が止まらない、とよく言われる、天然酵母で焼くおせんべいのようなクラッカーのようなとても旨い棒状のものですが、材料は至ってシンプルです。 
 
もともと油のないグリッシーニを作りたくてできたものなので、使っているのは小麦粉、天然酵母、塩、本物の醤油、あとは副材料になる胡麻や青のりなどだけです。 
 
新作の試作、アロニアぼっこ。 
発酵した状態がこちら。ぱんみたいですね。 
二つにカットして 
 
 
伸ばします。 
 
 
こちらは胡麻醤油の生地。 
スケッパーの長さに合わせて幅を取ります。 
この幅でカットするとあの長さで袋にもピッタリなのです。 
 
 
天板に並べて 
 
 
焼きあがったものがこちら。 
良い膨らみ具合です。 
 
 
アロニアぼっこは、もう少し改良が必要みたいです。 
アロニアをもう少し濃く、塩を足して。 
自家用で食すには十分な感じですが、 
一般的な味からするとかなり薄いので、 
胡麻醤油くらいのパンチがあるといいなと思います。 
 
試作品2号をこれから仕込みます。 
皆さま今日も良い日をお過ごしください^^ 
地球家族のうた
youtubeでも聞けるものがあります 
てんねんやはこんな人
てんねんや
てんねんや
地球にやさしい暮らしをと模索していたら、自給自足に行き着き、素人だから失敗だらけの百姓仕事の中で、自然の力や人には計り知れない大きなものがあるのを体感しました。地球の美しさに感動しつつ、子育て自分育てに七転び八起きしながら天然酵母のぱん屋を続け、気がつくと田舎暮らし17年目でした。田舎暮らしの中で自然や命、地球を讃える歌を授かり、風のピアニストmiyukiとのユニット「地球家族」の唄うたいとして、伊達、札幌、函館などでライブ活動もしています。 
ブログ検索
あふれる想いが形に