伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:1] [1901] rss feed
[2010.08.15]
■土偶
 日本各地の遺跡から発掘される土偶は、多くの謎に包まれた奇妙な土で出来た人形なのは皆さんご存知の通りだと思います。まず、その形状というのがかなり異様ですもんね?多くの土偶は乳房が異常に大きかったり、腹が異常に出ていたり、耳・鼻・口等、顔のパーツがなかったりして、人間のリアルな像には程遠い…。縄文土器に見られる造形力からしたら、もっと人間らしい人形をつくる事は可能だったように思うんですけどね…。 


 更に不可解な事は、ほとんどの土偶が手足や首を失った無残な姿で発見される事が多い。1000体以上の大量の土偶が発見されながら、一つとして完全な土偶が見つからなかった遺跡もあるそうで…。しかも、構造をよく見てみると、最初から破壊しやすいように製作されたモノが多いのも事実らしい…。 
 縄文人にとっては、土偶の製作は労力や時間のかかるモノだったとも思われるんだけど、何故苦労してつくったモノを破壊したのでしょうかね?そもそも、土偶って、何を表現したものなんでしょうかね?一説には、土偶の破壊は農業の始まりがある!とされていて、この説では土偶の腹部が極端に膨らんでいる事に注目し、土偶とは母なる大地の生産力を妊娠した女性に託して表現したものではないか?という説。私の個人的な意見も同感ではあるんだけど…。 
 
 その裏付けとなっているのは、殺された女神の死体から作物が誕生した!という神話…。このタイプの神話は世界各国に残されており、日本にも「古事記」にスサノヲノミコトによって殺されたオオゲツヒメの死体から五穀が生じたという記述がある。 
 
 かつて、縄文時代に農業はなかった!とされて来たが、近年では原始的な植物栽培や稲作が行われた形跡が認められる遺跡も発見されている訳で…とすれば、縄文人が土偶の破壊を女神の殺害に見立て、作物の収穫を願い大地に霊力を与えよう!としていた可能性があるのではないでしょうか? 
 一方で、土偶は人間の身代わり(形代)ではなかったのか?という説もある。この説では、土偶の破壊された箇所を、病気や怪我をしていた箇所と見立て、破壊する事によって、治癒を祈願していたのではないか?現代人でも「風邪は人にうつすと治りが早い」等というのだから、縄文人が人間の苦しみを土偶に転じられる!と考えたとしても不思議ではないですよね? 
 
その他にも祖霊崇拝のため!だの安産祈願等の諸説はあるのだけど、いずれにしても単なる飾りや玩具ではなく、呪術的な行為に使われていた!という点では一致している。その姿は神あるいは精霊といった人間に似ているが人間でないものを表現していると考えられているそうですが、土偶は形を変え現代、人形を使った呪術になって残っているのかも知れませんね…。 
 少し長くなってしまうけど、亀ヶ岡遺跡のある青森県木造町…。その表玄関JR五能線「木造駅」の駅舎には、高さ17.3メートルもある「しゃこちゃん」と呼ばれる町のマスコットが壁面に張り付いている。この「しゃこちゃん」のモチーフになったデザインの持ち主が、亀ヶ岡遺跡から出土した、皆さんもよくご存知の「遮光器土偶」なんだけど…。 
 
 亀ヶ岡遺跡は、今から約2500〜3000年前の縄文時代晩期の遺跡で、その出土品は卓越した芸術性がある事で知られ、遺跡が発見された江戸時代初期から「亀ヶ岡もの」として、好事家に珍重されて来た。中でも、圧倒的な存在感を示しているのが、40年代後半に出土したこの遮光器土偶で、国の重要文化財にも指定されて、現在は東京国立博物館が所蔵している。 
 
 この遮光器土偶、誰もが仰天する不思議な形をしてますよね?そもそも「遮光器」という形容は、その目の部分が北方民族のイヌイット等が使うサングラスに似ている事から付けられたもので、眼鏡等なかったであろう縄文時代に、何故このようなものが…?って絶句してしまいそうですよね? 
 
 先ほど、土偶は農業の収穫や多産や身代わりのためつくられた!って書いたのだけど、それらの見解に一石を投じ人々を驚かせたのが、当時のソ連のSF作家、アンドレ・カザンチェフという人で、彼が提唱した仮説とは、遮光器土偶は古代人が宇宙服を着た異星人を見てそれをモデルに作った!という説…。 
 このカザンチェフ説によると、大きな丸い目に見える部分は、地球上の紫外線をガードするゴーグルで、口にはフィルターらしきものがあり、腰には幅広のベルト、手には厚手の手袋がある!とされている。これらは外部との直接の接触を避けるため、特に機密性保持が重視されていて、頭部にはアンテナ状の突起が見られ、何らかの通信手段に用いられたのではないか?と憶測している。オイオイ!頭には突起というより、マムシだし、SF作家そこまで言っちゃったか?って突っ込みも入れたいけどね(笑)。 
 
 実は、実際当時のNASAの宇宙服と驚くほど似ており、NASAはこの遮光器土偶をヒントにして宇宙服を開発したのではないか?くらいな事も言われている訳で…。もちろん、その真偽は不明だが、土偶って本当に不思議ですよね?土偶は縄文時代早期に出現しているのだけど、ある時を境にして、弥生時代にはまったく作られなくなったのも不思議ですわ。何だか私なんか土偶に魅せられて遮光器土偶のレプリカを欲しい!って思っています(笑)。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
※コメントは承認後に掲載されます。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索