伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [1745] rss feed
[2010.06.15]
■ゾンビ
 私の中で、ドラキュラに噛まれて死ぬ、フランケンシュタインに首を捻られて死ぬ、狼男に首筋をかっ切られて死ぬ、ゾンビに襲われて死ぬの中で、一番避けたいというか、嫌なのはダントツに”ゾンビに襲われて死ぬ”なんですが、皆さんはいかがでしょうか?(笑)たぶん同意見がかなり多いと思うんですけど?それくらい、映画のゾンビというか、「ドーン オブ ザ デッド」のインパクトは強烈だった訳で…。そもそも、私たちが抱くゾンビのイメージって、”半分体が腐っていて足を引きずるように歩き、唸り声を上げながら人を襲う”といったものですよね? 


 実はコレは映画やゲームの世界でのスタンダードなイメージであって、ヴードゥー教のいうところのゾンビとは、定義がかけ離れているらしい…。実際はヴードゥー教の法体系によると、ゾンビとは刑罰の一種で、殺人罪等の重罪を犯した者やコミュニティの掟を破った者への制裁処置だったようなの…。 
 
 ヴードゥー教は、元々アメリカ開拓の際にアメリカおよびカリブ海地域に奴隷として売られたアフリカ人と共に渡って来たナイジェリアのヨルバ族の精霊信仰「ジュジュ」とカトリックとの習合によって出来た民間信仰のようで、強制連行先でカトリックと出会ったジュジュは、徐々にカトリック化して行き、キューバではサンテリア、ブラジルではカンドンブレとして、カトリック的な要素を組みつつ広まって行って、ハイチに定着してヴードゥー教となった。ブードゥー教の教えは霊的なものに対する信仰のほか、生活習慣や道徳、教育、哲学、法体系にまで及んでいるんだけど、このヴードゥー教で信じられているものがゾンビですよね。このゾンビ死者が蘇る!ちゅうのは、ちょっと違うみたいでさ、ゾンビは”ゾンビパウダー”なる劇薬で作るというか、生きた人間を廃人状態にするものらしい…。 
 実はゾンビには二種類のタイプがあるようで、一つは一般的にゾンビと呼ぶ肉体を持った「ゾンビー・カダーヴル(肉のゾンビ)」、そしてゾンビ化された際に肉体から遊離した霊魂の一部である「ゾンビ・アストラル(魂のゾンビ)」。前者は自己の意思がなく、命じるがままに死ぬまで働き続け、後者はゾンビを作った”ウンガン(司祭)”が持つ壺の中に封じ込め、魂を取り戻し、人間には戻る事が出来ないよう厳重に管理されるそうなの。ヴードゥー教社会において、人間をゾンビ化させるのは、前述のようにあくまで”刑罰”という性質上、ウンガンの一存では行わず、コミュニティでの合意が必要となる。 
 
 さて、ヴードゥー教社会で人間をゾンビ化させる事は、「空気の術(クー・レール)」あるいは「粉の術(クー・ブードゥル)」と呼ばれており、その際に使用するのが、ゾンビを作るゾンビパウダーなんだけど、術を執行する”ボコール(魔術師)”を兼ねるウンガンによって作られるこの”薬”は、トンベ・ルヴェやティレ・ボナンジュ等、いくつかの種類が存在しているらしいのだけど、基本的な効果や製法は、ほ同一とされている。 
 
 この劇薬というか毒薬の材料は、昆虫やトカゲ、ムカデ、タランチュラ等の実際に目にした時にあまり歓迎出来ない生物のほか、毒性の強いフグが用いられる!これらをすり潰して混ぜ合わせ加熱した後、仕上げにトゲや針、毛を持つ植物(ママン・グエペ、マシャシャといったもの)を加えて(代替品にムクナ・ブルリエンスという豆や細かく砕いたガラス片を加える事もあるという)完成!となるんだと…。 
 
 その使い方は、飲ませたりするのではなく、顔や体に吹きかけられる事のほうが多かったようで、ゾンビパウダーは成分、製法から見ても解るように、非常に毒性が強い!食べさせたり飲ませたりすると、わずか17分ほどで死亡したという例があるほどの劇薬!ゾンビ化させる対象者の体にトゲ等で傷をつけておき、そこに目がけてパウダーを吹きかけたり擦り込んだとされている。 
 
 前述のように、ゾンビパウダーの主成分はフグの毒(テトロドトキシン)だから、フグ毒中毒に酷似している。毒が効力を発揮し始めると、軽度の麻痺を発症し、すぐに激しい痺れに移行して行く。麻痺は全身に広がり、触角が機能しなくなって、浮遊感を覚えるようになると、次には呼吸困難に陥り、手足の先から血の気が引いて、全身が青白くなって行く。声も出せなくなり、全身も動かなくなって、ついには、脳死の状態になるそうだ…。 
 その後、フグ毒中毒の症状を乗り越えた犠牲者には72時間以内に解毒剤ダトゥラ・ストラモニウム(シロバナヨウシュチョウセンアサガオ)が与えられる…。この解毒剤には回復の薬理作用はなく、むしろ状況にダメ押しをする見当識障害(物事を正しく認識する機能の障害)の作用によって、正常な思考能力を停止させられるんだと…。解毒剤はその後も定期的に与えられるんだけど、当然回復するはずなどなく、死ぬまで働き続ける人形と化す…。まぁ、これでゾンビが一体出来上がり〜ぃ!てな訳ですわ…。 
 
 ゾンビに襲われるのはえらい怖いけど、ゾンビにされるのもかなり怖いですね。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
※コメントは承認後に掲載されます。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索