伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [3553] rss feed
[2010.02.15]
■ドル紙幣の謎 9・11テロ
 盛んにTVや雑誌等で取り上げられ、都市伝説としては異常なくらいインパクトのある事だったから、よく知っている方も多いと思いますが、ドル紙幣には色々な噂がある…。特にフリーメーソンの魔術的な要素を取り入れたのでは?等は有名ですしね…。まして、超有名どころでは、9・11アメリカ同時多発テロが、ドル紙幣ではすでに予言されていたのでは?という話がある…。 


 全世界を震憾させた「アメリカ同時多発テロ事件」。アメリカの象徴でもあった世界貿易センタービルが崩れ落ちていく姿をリアルタイムで見た方も多いと思うが、そんな史上空前のテロ行為が、アメリカ合衆国の発行するドル紙幣の中で、すでに予言されていた!という話…。 
 
 TVなんかでも紹介された事があるから、皆さんも結構知っているのではないでしょうか?もし、暇でドル札を持っている方がいたら試して欲しいのだけど、まず20ドル札を用意し、縦長になるように半分に折る。更に、その紙幣の両端を中央で90度に折り曲げると、なんと!炎上するペンタゴンらしき絵が浮かび上がる!次にそのまま裏返すと、今度は煙に包まれた世界貿易センタービルの姿が現れて来る…。また、とある方法で折ると、OSAMA(オサマ・ビンラディン)の名前が現れる…。 
 まして、この20ドル札だけの話じゃなく、同様に5ドル札を折ると、まだ健在だった頃の世界貿易センタービルの姿が、10ドル札にはテロの直後とおぼしき同ビルの姿、50ドル札からは崩壊を起こしたビルの姿、そして100ドル札には跡形もなく崩れ去ったビルの姿がそれぞれ描かれている…。ちょうど、樹木の部分が煙に見えるんだけど、妙なリアリティーがあるのも確かなんですわ…。 
 
 これって、まったくの偶然なんですかね?実は、紙幣には、ドル札だけでなく、日本の紙幣にも色々な謎が組み込まれているという噂も高い…。まして、9・11テロには、アメリカ政府自身が関与している!という噂もあって、それがもし本当なら恐ろしく計画性の高い陰謀が用意されていたに違いない…。 
 
 ちょっと不思議な事に、ドル紙幣だけでなく、もう一つ9・11テロに関わる予言が日本の”マンガ”の中にあったのをご存知だろうか?これがかなり面白いのだけど、日本の陰謀好きなマニアの間で囁かれた事があって、週間少年ジャンプで連載されていた「ジョジョの奇妙な冒険」という作品の中で、9・11テロが予言されていた!という…。この内容はというと…。 
 主人公一行の敵の中に、マンガで予言をする能力(スタンド)を持つキャラクターがいるのだけど、もしこのマンガの単行本なんかを持っている方は確認して欲しい。そのマンガに描かれた絵を見てみると、何と!電柱に突き刺さって死んでいる男の服には”911”の文字が!そして、その背後には不気味に笑う飛行機と、イスラムのシンボルである月が描かれている! 
 
 更に男は死の直前、時計を見て「10時半だ…」と言うのだけど、これは世界貿易センターが倒壊した時間とピッタリ一致している!これらは偶然の産物なんでしょうかね?ここまで一致してると、何らかの特殊な力が働いたのではないか?とさえ感じてしまうのは、私だけじゃないですよね? 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(2)
名前:タリズマンM  2010.02.16 18:07:30
みやさま!  
お久しぶりです。お元気でしたか?  
確かに、何か偶然ではないものもたくさんあるように思えるし、全ては予定調和されているようにも思えてしまう事も多いです。  
 
でも、私もみやさまと同じように、これから未来に向けて大きな希望を持っている子供たちや若い世代の方たちが、幸せで平和に過ごせるような世の中であって欲しいと願っております。そして、願う事しか出来ないし…。  
 
みやさんコメントありがとうございました。また是非、このブログにも遊びに来て下さいね。 
名前:みや  2010.02.16 17:23:38
ご無沙汰しております(^−^)  
ホントに最近、世界で起きている出来事が偶然ではなく以前から計画されていたのでは…と思う事が多々あります。  
 
子供の将来のためにも平和な世の中であってほしいと思わずにはいられません。 

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
※コメントは承認後に掲載されます。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索