伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:1] [2517] rss feed
[2009.10.15]
■映画「タイタニック」の知られざる裏側
 世界中で大ヒットし、アカデミー作品賞等を受賞した超大作映画「タイタニック」。日本でも勿論、大ヒットでしたから、今だに根強いファンもたくさんいる事だろうし、この映画でたくさん涙を流した方も、いるでしょうし、主演のレオナルド・ディカプリオのファンになった方も多いんでしょうね…。 
 
 この映画は、まったくのフィクションではないですよね!ご存知のように1912年4月13日の夜中に大西洋に沈んだ豪華客船タイタニック号の悲劇をモデルにした映画なんだけど…。 


 タイタニック号の沈没は、史上最大の海難事故と言われていて、この時の死者は乗客乗員2207名中1513人がこの事故で命を落とした。イギリスのサザンプトン港からアメリカに向かって処女航海に出航したこの豪華客船は、どこの港に辿り着く事なく、わずか3日後に大勢の人々とともに海の藻屑に消えた…。「絶対沈没しない」と言われていたために、救命ボートの数はわずか20隻しか積み込まれておらず、これが犠牲者の数を増やした大きな原因だとされている。 
 
 助かる可能性があったにもかかわらず、救命ボートが少なかったために、船と運命を共にしなければならなかった方たちの無念と想いは計り知れない。大勢の乗客は船と一緒に沈んだまま、今も遺体すら引き上げられておらず、暗く、冷たい海の底で、彼らの悔しい思いや意識は、今も漂い続けているかも知れませんよね…? 
 実は、事実そう思わざるを得ないような事件が、映画「タイタニック」の撮影中、幾度となく起きてしまった事を知っているでしょうか? 
 
 まず、最初の事件は撮影前に起きた!カナダ東部のノバコシアで、出演者とスタッフがパーティーを開いた時のこと、出された料理の一つ、ロブスターのチャウダーを飲んだ一部の人々が突然苦しみ始め、次々に病院に運ばれてしまう…。 
 
 はじめは誰もが食中毒を疑ったが、病院で下された診断は驚くべきもので、なんと!チャウダーの中に、農薬が混入されていたらしい!一体誰が入れたのか?結局分からず、スタッフは全員顔色を変えたという…。いくらいたずらにしても、あまりにも悪質だったからなのは当然ですよね?幸い大事には至らなかったようなんだけど、この時、監督のジェームス・キャニオンも被害にあっており、事と次第によってはこれから始まる予定の映画製作に大きな支障を出しかねない出来事だったのは間違いない! 
 事件は更に続き、主役のディカプリオと主演女優のケイト・ウィンスレットが巨大な波が押し寄せる中、デッキ上を逃げる有名なシーンの撮影時、何と!2人は押し寄せる波から逃げ遅れてしまうアクシデントがあったらしい…「危ない!」悲鳴に近い叫び声が上がったのは想像につきますが、出演者に危険がないよう、十分注意が払われた上での撮影だったろうから、普通ではあり得ないアクシデントだったのは間違いない!一つ間違えば、命を落としかねない事故で、2人は幸いに逃げれたようなんだけど…。 
 
 他にも、エキストラやスタントマンが骨折するなどの事故が続出し、災難は続いたようなの…この頃から出演者やスタッフ間では噂されていたようなんだけど、「タイタニック号で死亡した乗客の怨念と恨みが引き起こしているのではないか…?」と…。 
 
 悲劇は映画が完成した後にも起きたようで、1997年12月14日に行われた完成披露試写会の日、主演女優のケイト・ウィンスレットはただ1人試写会を欠席して、イギリスのリーディングにいた。彼女の最愛の恋人、俳優兼脚本家のスティーブン・トレンダーが、ガンで死亡し、この日に葬儀が行われていた。彼女は15歳の時に彼と出会い、22歳のこの時まで、ずっと彼とともに愛を育て続けてきた。過食症に悩む彼女を励まし続け、やっと彼女が女優として成功を収めよう!という時になって、彼は突然ガンで死亡してしまう…。 
 撮影前から始まった不可解な事件やアクシデントは、撮影終了後、完成試写会という晴れがましい日に、主演女優の恋人の”死”という不幸で幕を閉じた。映画は大ヒットし、アカデミー賞も受賞したけど、皆で大いに喜びあう!という気分には決してなれない終わり方に、何か目に見えない力を感じた関係者は少なくなかったようなのね…。 
 
 ある意味ドキュメンタリー映画や映像なんかは、これらの事って多いのかも知れませんよね?だって、よく言うでしょ?いまだに、四谷怪談なんかやる時はお岩稲荷さんに、お参りに行くとかさ…。たぶん、映像の世界も、この手の話が表面化しないだけで、かなりあるんでしょうね…。「タイタニック」見た時、私はかなりな要素感じてたから、「やっぱりね…」って思いましたもんね…。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
※コメントは承認後に掲載されます。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索