伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:2] [昨日:1] [106] rss feed
[2020.07.15]
■紅蓮尼奇譚
 以前、冥婚というか、むさかり絵馬の事をこのブログで紹介した事ありますが、それに似たお話しを今回、紹介しようと思います。昔、出羽国象潟に何不自由のない裕福な夫婦がいましたが、子供がいないのを嘆いて、観音様に願をかけたところ、可愛い女の子が生まれ、美しく成長していつしか年頃になった…。ある時、ふと思い付いた夫婦は、お礼参りのつもりで諸国観音霊場巡礼の旅に出た…。 


 その道中で、これも旅姿の中年の夫婦と道ずれになり、聞いてみると松島の人なので途中まで同行する事にした…。意気投合した2組の夫婦は、互いの身の上話を語り合ったのですが、驚いた事に何から何までソックリで、観音様にお願いして出来た子が象潟は女、松島は男 
という点だけが違っていた。「これは観音様のお導きに相違ない。私どもの倅は小太郎と申しますが、いっそ子供どうしを夫婦にしたらいかがでしょう?」 
 松島の夫婦が言うと、「結構なお話しでございます。帰り次第用意を整え、松島へ参りましょう!娘は紅蓮(こうれん)と申します」 
 
 と象潟の夫婦も喜び、それぞれ打ち合わせを済ませて別れた…。 
 
 象潟に戻った夫婦が娘の紅蓮にこの話を伝えると、彼女も観音様のお導きだというので喜び、早速準備を整えて両親共々松島へ旅立った…。 
 
 ところが!松島へ行ってみると、不幸にも相手の小太郎はすでにこの世を去っていた…。紅蓮親子は落胆し、小太郎の両親もなき縁と諦めてお引き取り下さいと涙を流した…。すると紅蓮は、「この世におられなくても、小太郎様は私の夫。私はお位牌と結婚致します!」と断言した! 
 
 両家の親たちは驚き、なだめたり、すかしたりしたみたいなのですが紅蓮は頑として聞かない!ついに花の盛りで位牌と結婚!紅蓮は小太郎の両親に仕えるようになったらしい…。やがて、紅蓮に見取られて小太郎の両親が亡くなると、紅蓮は瑞巌寺の明極禅師に師事し、尼となって夫の菩提を弔う決心をした…。 
 心を慰めるのは、亡き夫の幼き日に植えた梅が大きく育ち、春ごとに美しい花を咲かせる事ですが、それだけに花を見ると夫が恋しくて悲しくなる…。 
 
   植えおきし花の主ははかなきに軒端の梅は咲か 
   ずともあれ 
 
 思いつくまま歌を口ずさんだところ、翌年には花が咲かなかった…。さては梅には夫の霊が宿っているに違いないと思い、別の歌を詠んだ…。 
 
   咲けかしな今は主とながむべし軒端の梅のあら 
   むかぎりは 
 
 不思議にも梅は、再びたくさんの花を咲かせ、紅蓮尼の草庵を美しく飾ったという…。 
 
 秋田県象潟の蚶満寺には、紅蓮尼の石碑と純愛を捧げつくした彼女の像が祀られています。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
※コメントは承認後に掲載されます。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索