伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:2] [昨日:1] [197] rss feed
[2020.05.01]
■戦艦アイオワ
 第二次世界大戦から、アメリカ海軍の象徴としてあった戦艦アイオワ…1980年10月、アメリカ海軍は、戦艦アイオワを第一線から退ける事を決定した!コスト削減がその理由そして挙げられていましたが…。 


 真の理由は「呪い」にあるらしいのさ…。 
 
 廃艦になる2年半前の1989年4月19日、訓練航海中のアイオワに搭載された第2砲塔が突然爆破し、47人の水兵が犠牲になるという事故が起こった…。 
 あってはいけない事故に、海軍は500万ドルの費用をかけて原因を解明しようとしましたが、どうしても分からずに…。そして、この事故からしばらくしてからというもの、アイオワ艦上では奇怪な事件が多発していたのさ…。 
 
 アイオワがメンテナンスを受けた造船所で働くロジャー・トルバートという人によると、まず、事故死した艦員の幽霊が艦上に出現…。そして、それ以来、原因不明の事故や自殺が頻繁に起こったらしい…。 
 
 例えば、夜間の歩哨み立った水兵が見えない力で圧されて、甲板から海に落ちたり、悪夢にうなされて自殺したり…また、トレバー自身、16インチ砲の弾倉の上で何かに取り憑かれたかのように踊る2名の水兵が、そのまま海中に飛び込んで行くのを目撃している…。 
 「この戦艦は呪われている…」 
 
 かくして、恐怖に怯えて乗艦を拒否する者が多発した…。また、訓練中にレーダーシステムが原因不明の故障をしばしば起こすという異常事態も起こったという…。 
 
 戦艦「アイオワ」は、事故死した乗員の「呪い」によって、廃艦をよぎなくされたのかも知れませんね…。記念艦として残す事も出来たはずなのに…。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
※コメントは承認後に掲載されます。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索