伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [77] rss feed
[2019.07.15]
■プロジェクトノア
 氷河期等、様々な危機的状況が近未来の地球で起こり得る事を予見しているアメリカは、対策として地球以外の惑星への移住計画を推進しているらしい…。現実的な移住先として有力視されて来たのは火星ですが、土星太陽化計画が成功した場合、衛星エオロパやタイタンも候補となるそうなの…。ただ、移住出来るのはごく限られた人数らしい…。 


 その限られた人間のために、アメリカ政府とNASAは「プロジェクトノア」と呼ばれる極秘計画を進行させているという…。ある情報源によると、核ミサイルの直撃にも耐える堅固な緊急避難施設がペンシルベニアとメリーランドの州境に広がるレーブンロック丘陵地帯地下に存在しているという…。「サイトR」と呼ばれるこの施設は、表向きはシェルターですが、実際はプロジェクトノアを円滑に進行させるための研究施設なんだと…。 
 そこでは地球外惑星への移住ミッションが研究されていて、移住先としては火星やエオロパ、タイタンが設定されているそうで…地球から近く、人為的な環境変化「テラフォーミング」を実現出来たら、移住出来る可能性が高い星なんだと…。 
 
 ただ、たとえ限られた数であっても、相応の数の人間に加えて、食料や居住施設の資材等を運搬する大型宇宙船を完成させなければいけない。まして人類は、他の星において一定数以上の人間による長期間の活動経験もない訳で、そうした”経験不足”を補うために設立されたのが、このサイトRらしい…。大型宇宙船の開発と移住のための準備と順応が行われているという…。 
 2001年、温室効果ガス6種を削減目標とする京都議定書から、アメリカは離脱している!考えられるに、地球の温暖化を食い止める事は不可能!と判断したに違いない!だから、現代版ノアの方舟とも言える計画を推進しているのではないでしょうか…? 
 
 但し、その”方舟”に乗る事が出来るのは選ばれたエリートだけであって、多くの人間は、地球と運命をともにする事しか選択肢はないと言われている…。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
※コメントは承認後に掲載されます。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索