伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:3] [99] rss feed
[2018.09.01]
■降星伝説
 推古3年(595 推古17年説もあります)9月18日、周防国鷲頭庄青柳浦にある松の大木に、突然星が降りた…。星は7日7晩輝き続けたという…。地元の人々が巫女に星の精を呼び出させたところ「我は北辰尊星妙見大菩薩である!3年後、百済の国の琳聖太子が、聖徳太子に会うために来日される。我は琳聖太子をお守りするためにやって来たのだ…」と語ったという…。 


 巫女の予言通り、推古5年(597)、琳聖太子が来日して、聖徳太子と会見した…。この不思議な話を聞いた琳聖太子は青柳浦に立ち寄り、北辰尊星妙見大菩薩を祀る社を桂木山に建立…。日本で初めて星祭りを行った。星が松に下った霊地として、青柳浦は「下松」と呼ばれるようになったと伝えられている。さらに琳聖太子は多々良姓を名乗り、日本に帰化。後に西国屈指の大名となり、山口県を拠点とした大内氏の祖先になったという説もある…。 
 中国では元々北極星を中心に星々が巡ることから、北極星を「北辰」と呼び、全宇宙を司る星として崇めた。「辰」は龍神を意味し、北辰信仰は北極星を中心として生まれたが、次第に北斗七星も「辰」とみなされ、北斗祭祀も北辰信仰と習合して行った。更に、それぞれがいつしか仏教に取り入れられ、妙見菩薩に対する信仰として世間に広まった。中国の北辰信仰と仏教とが組み合わさったのが「北辰尊星妙見大菩薩」となったようなの…。百済からの使者と仏教布教の姿勢を持つ聖徳太子との会見も、よく考えたら象徴的ですよね…? 
 
 いずれにしても、降星伝説のような、隕石?等の落下による現象があった事は間違いないらしく、この星が降りた場所には、JR下松駅北側の下松市北斗町に、現在でも「下松発祥之地 七星降臨鼎之松」の石碑が建てられている。かつては、降臨の松、連理の松、相生の松という3本の松が鼎立していたため、「かなえ(鼎)の松」という名でも呼ばれるようなの…。また、防府市には大日古墳があり、古書によると琳聖太子の墓と伝えられている…。 
 たださ、落下して来たのは本当に隕石だったんでしょうかね…?隕石ならば、現在でも石が残っていても不思議ではないし、日本各地にある降星伝説の正体もほぼ隕石なんで、落下して来た隕石を祀っている場合も多い…。ところが、この物語には続きがあって…。 
 
 「村人たちは祠を建てた。この星を北辰尊星大菩薩と崇め、浦の名前は降松になった。しかし祠は後、桂木に移り、さらに高鹿垣に移った。しかし山頂の社祠が神光できらめき、船がまぶしくて困ったので鷲津山に移った。これが鷲津妙見宮である」 
 
 これは「大内多々良氏譜牒」という書物に記されている。他にも「妙見縁起」「鷲津山旧記」等、大内氏関係の書物には同様の記述がある。天明6年(1786)にも「妙見菩薩霊応編」という書物で紹介されているようでして…。 
 
 そうすると、光り輝く物体は隕石ではなく、宇宙から飛来した未確認飛行物体UFOだ!という説がまともであって、それを人々は、降星伝説のように、星の神として祀ったのではないでしょうか…? 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
※コメントは承認後に掲載されます。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索