伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:3] [昨日:0] [159] rss feed
[2017.02.01]
■女人禁制
 2015年、福岡県にある沖ノ島が、世界遺産の候補として選出された。玄界灘に浮かぶこの孤島は、島全体が神域となっており、神官一人が交代で守護している。一般人は5月27日のたった1日だけ上陸が許されるんですけど、それも”男性に限ってで、人数も200人”ほどと制限もされている。女性の立ち入りは一切認められない!現代に残る「女人禁制」の地は、国外からは性差別と思われるのではないか?世界遺産にふさわしいと認められるだろうか?…とにわかに議論が沸き上がったという…。 


 そもそも日本には、女人禁制の場所がたくさんあった…。代表的なものは「山」そのものでして…。山に神が宿るとされる山岳信仰の考えでは、女性の入山は固く禁じられて来た。富士山も1872年まで、女性は登山出来なかったし、比叡山や高野山、私が毎年行っている湯殿山等、聖地とされる山も同様でした。他にも修験道の修行場所も女性は近づけない…。祭りや神事でも、女性は参加出来ないものが多かったようで…。 
 その理由として一番は、”女性を穢れた存在と捉える”考えにある。古来、伝統的に日本人の生活や宗教観に根づいて来た「穢れ」という概念の中では、女性は不浄なのである…。 
 
 月に一度、女性は生理のため、たくさんの血を流す。またお産の際には大量の出血を伴いますよね…?この血が、大地、土地の神を穢すものと思われたらしく、血は穢れの象徴の一つと思われていたらしい…。 
 
 だから女人禁制でなくとも、生理中の女性は神社への立ち入りや神輿を担ぐ事を自粛するよう求める暗黙のルールもあったのも事実でして…。ただ、これは日本に限ってではなく、南アジアや中東等世界各地で見られる。パキスタン北部の少数民族カラッシュ族の村や、ネパール西部等では、生理期間の女性は外出を禁じられ、「生理小屋」ともいうべき家屋に、半ば監禁されたまま過ごす。実は、今でもこの風習は続いている…。 
 日本も沖ノ島だけでなく、女人禁制の場所はたくさん残っている。相撲の土俵は最もたるもので、土俵は神域という考えが根底にある。祭りにも女性の参加が制限されているものも多いですよね?大阪の岸和田のだんじり祭りでは、女性はだんじりに乗る事は出来ないし、福岡・博多の祇園山笠も、山車の曳き手は男性限定だし(現在では小学生以下の女の子は許可される)…。 
 
 意外と現代なっても、原初の時代に生まれた考え方に、人は縛られていたりするのかもね…? 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
※コメントは承認後に掲載されます。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索