伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:2] [814] rss feed
[2015.08.01]
■メドゥーサ
 ギリシャ神話って、色々なキャラというかモンスター出て来ますけど、そのモンスターの中でも、メドゥーサは実力も知名度もナンバーワンですよね…。その容姿には諸説ありますけど、一般的に蛇の頭髪を持っている姿ですかね?元々、メドゥーサは美しい少女だったそうなの…。それが何故醜い姿に変貌したのか?というと…。 


事の発端は海神ポセイドンとの不貞行為…。愛人関係にあった2人がアテナの神殿で交わった事で潔癖症の女神アテナの怒りを買って、呪い力で醜い姿に変えられてしまったという…。メドゥーサは自らを女神よりも美しいと増長していたらしく、それもアテナの呪いを強力にする一因だったといわれている。これに抗議したメドゥーサの2人の姉、エウリュアレとステンノーもアテナは醜い姿に変えてしまう…。更にこの3人は追放されてゴルゴン3姉妹として恐れられた。醜い姿になったメドゥーサは、その姿を見たものを石に変えてしまう邪眼を持っていた…。と、ここまでは有名な話ですが、実はメドゥーサは邪眼を持っていた訳ではなく、その視線じゃない容姿の醜さのあまり、見た者は恐ろしさから血が凍りつき、身体が石と化してしまうという説もある。姿を見ただけで石化するとなると、ある意味、邪眼よりも凶悪で、能力とはいい難いたちの悪いものですよね…。 
 最凶の能力(というか容姿)を持っていたメドゥーサですけど、最後には英雄・ペルセウスによって討伐されてしまう…。ペルセウスはアテナやヘルメスの助力で「ハデスの隠れ兜」「黄金の新月刀」「磨き上げた鏡のような盾」「黄金の翼を持つサンダル」を授かり、万全の装備で討伐に向かう事となる…。 
 
 メドゥーサと対峙する際、ペルセウスは直視しないように磨き上げた盾を用いて眠っているメドゥーサに近づき、その首を切り落とした!あっけない感じですが、ただ、恐ろしい事にメドゥーサの力は首を切り落としても発揮される…。ペルセウスが首を持ち帰る際、滴り落ちる血によって、海には赤い珊瑚が、砂漠にはサソリ等の猛毒の生き物が生まれたとされている…。バジリスクという石化させる怪物もその産物らしい…。 
 その後、持ち帰られたメドゥーサの首は、アテナの持つイージスの盾に埋め込まれ、堅固な盾を最強の盾へと押し上げる事となった…。髪の毛が蛇ウヨウヨなら、それだけで、私なら石化しますわ…。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(2)
名前:タリズマンM  2015.08.05 16:08:08
とんぼさま  
 
ありゃ?誕生日間違えてましたか?  
また、ご来店、お待ちしておりますね。 
名前:とんぼ  2015.08.03 16:44:39
お久しぶりです。  
先月初めて占いに行かせてもらいました!  
そして後々気付いたのですが、実は私と彼の今後を占って頂いたとき  
あろうことか彼の誕生日を間違えて伝えていました。笑(付き合った日と近いので記念日を伝えてしまった…)  
 
札幌からなのでなかなか気軽に行けないのですがもし行けた時には再度間違えずに聞こうかと思います。泣 

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
※コメントは承認後に掲載されます。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索