伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [2848] rss feed
[2008.03.15]
■超巨大UFO出現!
 以前、コラムで載せたフランスの国立機関のUFOのホームページの話じゃないけど、昨年はUFO問題において、一歩前進した年だったのは間違いないようだ…。わが国日本でも、昨年末、国会でUFOの談義が盛り上がりを見せた。政府は昨年12月、民主党の山根隆治参議員の「UFO目撃情報が後を絶たないが、確認作業は喫緊の課題だ!」とただしたことへの回答として「存在を確認していない」とする答弁書を用意した。しかし… 


 この後、町村信孝官房長官が「個人的には絶対いると思っている」と発言し、国会内でUFO論争が活性化した経緯がある。石破茂防衛相は「防衛の出動が必要か?というと”地球の皆さん仲良くしましょう”と言って来たらそうはいかないし、何を言って来てるのかよく分からない場合にどうするか…?」と大真面目にコメントしている。海外メディアからは「日本政府はよほど暇なのか」等と揶揄されてたけどね(笑)。 
 
 ところが、今年に入ってからどうも巨大なUFOの目撃例が後を絶っていない!1月16日の新聞にすらデカデカと載っている。その記事を抜粋すると…。 
 
 米テキサス州スティーブンビルで、多くの住民がUFOを目撃したとの情報があり、騒動となっている。長さ1.6キロ、幅0.8キロと超巨大で、光を放ちながら低空を飛行していたという。SF映画の「インデペンデンス・デイ」を連想させるサイズのUFOをめぐり、写真提供者には懸賞金まで用意されるフィーバーぶりらしい…。 
 
 この地域は熱心なキリスト教徒が多く、皆”世紀末だ”と恐れている者までいるそうだ…。AP通信によるとそのUFOが目撃されたのは8日らしく、スティーブンビル周辺でUFOを目撃したというのは1人や2人ではなく、”多数”!目撃証言を総合すると 
 ?航空機よりも低空を飛行する 
 ?巨大 
 ?静か 
 ?早い物体 
物体が発する光も飛行機のライトとは著しく異なっていたと言い、飛行機のように継ぎ目やナット、ボルトなどの留め具のない円盤だったそうだ。 
 
 米空軍担当者は同日夜にスティーブンビル周辺を戦闘機などは飛行していないとしており「旅客機によって引き起こされた錯覚だろう。日が落ちた後は旅客機のライトがオレンジ色に見える事がある」とUFOではない!との見方を示した。でもさ、その錯覚が1人や2人じゃないし、えらい低空だ!って言うんだから、かなり苦しい言い訳にしか聞こえませんけどね…。 
 
 この騒ぎにある男性は懸賞金まで用意して、UFOを撮影した写真・ビデオの提供を求めているし、UFOを調査する「UFOネットワーク相互会社」は現地調査まで予定しているという…。また、AP通信などが昨年行なった世論調査では、米国民の14%が「UFOを見た事がある」と答えているんですって…。 
 
 いよいよ、UFOが何か、解明される日も近くなって来た気もしますが、皆さんはどう思われますか?そもそもUFOの目撃例が全世界の真面目な新聞に載る事自体、異例でもありますよね…? 

▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
※コメントは承認後に掲載されます。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索