伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [1544] rss feed
[2011.04.15]
■UMA
UMAとは「Unidentified Mysterious Animals」の略で、直訳すると「未確認動物」になります。ネッシー、イェティ(雪男)、チュパカブラ等、これまでに数多くの目撃談や物証がありながら、未だに正式にはその存在が確認されていない未知の生物を総称してこう呼びますよね?ただ、このUMAなる呼称、実は日本独自のものなのを知っているでしょうか? 


 欧米諸国では、目撃されてはいるけど、その正体が明確ではないもの、未発見の新種の生物、現代まで生き続けている絶滅生物を「隠棲動物=Hidden Animal」と呼んでいて、昨年話題になったクニマスなんかもその類ですよね? 
 
 そして、この隠棲動物を研究する学問分野が「隠棲動物学=Cryptozoology」としっかりしてるんですわ。古生物学が過去の動物を発見し、評価する学問であるのに対して、隠棲動物学は今日の動物を発見し、評価する学問。古生物学が化石や足跡の収集を基本とするのに対し隠棲動物学は、足跡、体毛、鱗片、糞尿、血液、写真、録音、他の動物や植物に与えた損傷等を収集して検証する学問。 
 ある動物が存在する事を証明するうえで、分析的証拠、状況証拠とならんで重要なのが目撃証言!完璧な情報、または、より新しい情報を地元の人々から収集する事がフィールドワークの第一歩となる。その上で、実在を裏付ける確実な証拠を集めるという地道な作業が必要なんだと…。 
 
 ネッシーに代表される水棲獣、ビッグフットやイエティ等の獣人、チュパカブラ等の珍獣・奇獣、スカイフィッシュ、ローペン等の飛行生物、マンモス、タスマニア・タイガー等の絶滅動物等、一口にUMAといっても、その外見や棲息地等からいくつかのタイプに分類出来る。更にいうなら、現在、UMAとしても認識されてはいないまったくの未知なる生物が、人知れず地球上に生息している可能性も高い。 
 
 世界で最も有名なイギリス、スコットランドのネス湖に棲息するといわれるロッホ・ネス・モンスター、いわゆるネッシー…有名な写真が実はフェイクだった!等、報道もされたのだけど、このネッシーの最古の記録は6世紀後半、紀元565年に記された「聖コロンバ伝」に水棲獣が人間を襲撃する絵が描かれている。同様の記録は1500〜1700年の文献にもみられるから、かなりの昔から目撃されていた形跡が高い。 
 目撃者が激増したのは1933年以降、この年の3月にジョン・マッケイ夫妻が早朝、ネス湖の北西岸をドライブ中、黒い怪物を目撃!これが地元紙に掲載され世界中に広まった。「ネッシー」という愛称がついたのもこの頃だそうで…。 
 
 ある統計によれば、20世紀以降、すでに4000人以上の人がネッシーと思しき怪物を目撃していて、イギリスのネッシー研究の第一人者であったティム・ディンスデール(故人)は、過去30年におよぶそれらの目撃情報を詳細に分析。その結果から、全長12メートル前後、長さがそれぞれ3メートル前後の頭部と尾部を持ち、周囲6メートルにおよぶ胴体と2個のコブを備えた怪獣の姿をネッシーの全体像として描いた。その姿は、中生代ジェラ紀に栄え、長い首と太い胴体を持った海棲爬虫類”プレシオサウルス”を連想させるものだった!実際、2003年7月には、ネス湖の湖底で首長竜(プレシオサウルス)の背骨の化石が発見されていて、ネス湖にかつて首長竜が棲息していた事は実証されているしね。 
 ネッシーに懐疑的な科学者は「オオウナギ、波やうねりの誤認」と結論付けている…。更に、ネス湖は棲息する魚が少ない事から、「巨体を維持するには食料不足」等が指摘され、ネッシーの存在を否定している。たださ、2005年にネス湖畔で体を裂かれた鹿の死体が発見されたが、その死体には長さ15センチはあろうか!という鋭い牙と、周辺を巨大な生物が移動した痕跡が残されている。もし、ネッシーが陸上動物も捕食しているとしたら、食料不足説は退けられますよね?私個人では、やっぱりネッシーいて欲しいです。ネス湖一度も行った事ないし!(笑) 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(2)
名前:タリズマンM  2011.04.19 14:39:25
aiさま  
 
こちらこそ、お久しぶりです。  
北海道のUMAと言えば、以前ここで書いた洞爺湖のトッシーと屈斜路湖のクッシーでしょうね。でも、未発見とか、認識されてない動物なんかはまだまだいると、私は思ってるんですけどね…。  
 
子供さんのその行い、本当に微笑ましいですね。aiさま、またブログにもお店にも遊びに来て下さいね。お待ちしております。 
名前:ai  2011.04.18 23:50:39
お久しぶりです。  
どこかのツチノコのように、北海道にはUMAはいるのでしょうか?  
 
クリオネのように未発見の生物はたくさんいるのでしょうね。  
そう考えると、益々北海道が魅力的に見えますね。  
 
近所の子供が、空き地を掘って、何か変わったものが発見できるかと探していました。  
微笑ましいと同時に、忘れてた気持ちを思いだしました♪  

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
※コメントは承認後に掲載されます。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索