伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:60] [昨日:220] [ 746413 ] rss feed
[2019.07.01]
 陰陽道が盛んだった平安時代…。その陰陽道の考え方に「方違え」「方忌み」というものがある。方忌みとは禁忌すべき方向・方角の事で、方違えは方忌みの方向にどうしても行かなければならない時にとられた方法なのね…。その際、兎歩という歩き方まで取り込んだようなんです。 


 方忌みに関わる神様は「天一神」「太白神」「大将軍」「金神」「王相神」の5つ!例えば、自分が行こうとする方角にこれらの神様がいた場合、まっすぐそこに向かうのは神様のいる方向に移動する事となって恐れ多いと考えられていたのさ…。そこで、いったん別の方角にある知人等の家に行き、1泊してから目的地に向かう…。こうして迂回する事で目的地が禁忌の方角になる事を避けるのが方違えなのね…。因みに、方忌みの方角ではやってはいけないとされたのは、移動、嫁取り、井戸掘り、家屋の修理等であったらしい…。 
 
 方忌みという方角に対する禁忌が平安時代に広く守られていた事は、源氏物語にも出て来る…。源氏物語の光源氏もきちんと方違えに則った行動を取っていて…。宮中に参内した源氏は、帰る方角に天一神がいたため、方違えをして中川にある紀伊の守の屋敷に滞在する…。そこにいたのが空蝉!紀伊の守の妻ですわ…。一目で空蝉を気に入った源氏は何度となく、方違えに紀伊守の屋敷を利用する…。そんな折、紀伊の守が任国に出向き、留守宅は空蝉をはじめ、女子供だけとなった…。この機に乗じて、屋敷に忍び入った源氏は空蝉の寝所に忍んで行く…。が、空蝉はその気配を察してそこから逃れてしまうのさ…。 
 
 そんな事とは露知らない源氏は、寝所で寝ていた女性を抱きしめるのだけど、様子から空蝉ではない事を察する…。そこにいたのは空蝉の継娘の軒端の萩だった…。ただ、そこで怯む源氏ではない!結局、軒端の萩を口説き落として、契りを結んでしまう…。結局、方違えも、光源氏にかかっては形無しという話なんですけどね…。 
 
 大阪府堺市にはその名も「方違神社」がある。八十天万魂神、素戔嗚命、三筒男大神、息気長足姫命を祭神とするこの神社は、崇神天皇の代の創建とされている。摂津、河内、和泉の三国の境界にあたり、どこの国にも属さない三国ヶ丘に建つ事から、ここは方位の影響を受けない!と考えられ、方位がもたらす凶を振り払う御利益があるといわれている…。 
 
 その始まりは、神功皇后が三韓征伐から凱旋した時、この地で天神地袚を祀って皇軍の方災除を祈り、謀反人の忍熊王を打ち破った事にあるとされてますが、方違えという考え方が広まってからは、その代替えとしてこの神社への参拝が行われたそうで…。 
 
 神社に参拝した後、目的地とは違う方角に一歩踏み出し、そこから境内に戻って改めて目的地に向かうというのが”簡易方違え”の方法だったという…。 
[2019.06.15]
 東京府中市の「東京競馬場」オークスやダービー、天皇賞秋、ジャパンカップ等、名だたるレースが行われる競馬場ですよね?有名な話ではありますが、東京競馬場の第3コーナーでは、多くの名馬が命を失い、ジョッキーも巻き込まれている事から、”呪われた魔の第3コーナー”と言われていますよね…? 
[2019.06.01]
 大晦日には「大祓」という行事がありますよね?これはいわば「禊」なんですけど、実は、1年間に積もり積もった罪や穢れを祓うものではなくて、半年間の罪や穢れを祓う行事なんですわ…。何故「半年」なのか?というと、半年前、つまり、この6月の末日(晦日)にも「祓」が行われるからで、これが「夏越し祓」ですよね…。 
[2019.05.15]
 かなり以前のコラムで、不知火の事を書いた事がありますが、熊本県水俣市沖、八代海の水深約30メートルの海底には、謎の海丘群が密集している。2004年の第十管区海上保安本部所属の測量船「いそしお」の海底地形調査で発見されたもので、直径約50メートル、高さ約5メートルほどの円形に盛り上がった海丘が88個、北西・南東方面に並んでいる…。 
[2019.05.01]
 前回も聖徳太子がらみのお話でしたけど…兵庫県揖保郡太子町の斑鳩寺に”聖徳太子が作った”として伝わる「地利石」というのがある…。斑鳩寺は推古天皇14(606)年に聖徳太子によって開基されたという天台宗の古刹なんですけど…。 
[2019.04.15]
 日本史上、重要人物、聖徳太子が未来を予言して書いていた!という事を知ってますかね?「日本書紀」には、こんな記述がある「厩戸皇子、未を知ろしめたもう…」厩戸皇子=聖徳太子は、未来の出来事を示したというのさ!鎌倉時代の歌人、藤原定家も「明月記」で、瑪瑙石に刻まれた「未来記」(太子によって書かれた未来予言の書)が発見され、関東の勢力(鎌倉幕府)が天下を治めると書かれていた…と記している…。 
[2019.04.01]
 JAXA(宇宙航空研究開発機構)が誇る月周回衛星「かぐや」の観測データから、月の地下にある「巨大空洞」の手がかりが発見された…。場所は「嵐の大洋」と言われる場所の中ほどにある「マリウスの丘」という所。2009年に、月の地下に伸びる「巨大な穴」が発見された場所で、見つかったのは、深さ数10メートルから約200メートル、幅約100メートルで、縦孔を東端として西に約50キロにわたって延びる超巨大な穴だった! 
[2019.03.15]
 方位の禁忌としてよく知られている鬼門…。その由来には諸説ありますが、中国最古の地理書とされる「山海経」にある説話が元になっているという。中国の東北に度朔山という山があった…。山の上には三千里にも枝を伸ばした桃の木があって、東北の隅にあたる枝は門のような形をしていた。そこは様々な鬼が出入りするために鬼門と呼ばれたのだけど、神荼、鬱壘という名の兄弟の神が鬼の検閲にあたり、悪鬼が来た時は葦の索で縛り上げて、虎に食わせた!そのため度朔山は平穏を保てたという…その説話が、北東の方位を鬼門と呼ぶようになった由来らしい…。 
[2019.03.01]
 巨大な楕円軌道を描きながら、光輝く長い尾を引いて天空を走る彗星は、古くから東洋でも西洋でも、不吉な出来事をもたらす凶星と見なされて来ました…。中国では、彗星が見える時は戦争や大水害が起こると脅えたそうですが、一方では古いものを一掃して新しいものに変える天空の掃除屋さんとも見なしたそうです。 
[2019.02.15]
 かなり昔にひな祭りって書いたと思いますけど…「桃の節句」とも言われるひな祭りは、女の子の健やかな成長と将来の幸せを祈ってのお祝いですよね?現在のカレンダーでは「3月3日」は祝日ではないですが、江戸時代には祝日とされた五節句のひとつ「上巳」の節句です。 
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索