伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:274] [昨日:399] [ 670650 ] rss feed
[2018.10.15]
 皆さんも、神社仏閣へ参拝する時、お賽銭を賽銭箱に入れますよね?何でそれがあるのか?というと、元々は、神様に対して豊作を感謝する意を表すために、米や海産物を供えていた…。だから、神社ではお賽銭の事、初穂料って言ったりする訳で…。 


 やがて貨幣制度の普及に伴って、金銭を投げ入れるように変わっていった…。神様に恩を表す賽銭という行為には、心に積もったもやもやであるとか、ストレスだとか、厄を祓う効果があるとされている…。 
 こうして神社は、賽銭を受け止め、穢れを祓い、生活に密着して人々の心の安定に役立って来た。そのため、負の感情や、霊的な不浄が蓄積されていってしまうとも言われる…。「神社は日本人の魂のゴミ捨て場」なんて意見すらありますからね…。ただ、ゴミ捨て場はまた、生活に欠かせないものでもありますよね?日本人の精神安定には必須の存在ともいえる…。また、穢れや不浄から、聖性が生まれて来るというのも日本人の考えで、だから神社は生まれ変わりの場でもあるのさ…。 
 
 ちなみに賽銭の額には、良いとされる数字があるのをご存じでしょうか?言葉に魂が宿る言霊の概念を重視して来た日本人は、様々な場面で語呂合わせやダジャレを使うんで、賽銭についても同様でして、五円に絡んだ額を投げ入れる…。五円は「ご縁」に通じ、良い人間関係に恵まれ、縁起がいいとされている。五円が2枚なら「重ね重ねご縁がありますように」という意味になり、4枚なら「よいご縁がありますように」という言葉遊びから派生した意味になる…。さらに25枚(125円)なら「十二分にご縁がありますように」なので、たくさんの五円玉を用意する方もいるそうです。逆に負の意味を持ってしまう枚数もあるらしく、13枚(65円)は「ろくなご縁にあわない」、15枚(75円)だと「泣くようなご縁にあってしまう」、19枚(95円)を投げ入れれば「苦しいご縁にあう」…と敬遠されるそうで…。 
 なお神社と寺とでは賽銭の意味が違う!神様に対する謝意を表すのが神社での賽銭ですが、寺の場合は、自らの欲や煩悩を捨てる行為に当たる。寺の場合、いわばお布施であって、仏教の修行の一つなのさ…。 
 
 ただ、最近こうして人々の思いを集めた賽銭箱ですけど、多くの神社やお寺が賽銭泥棒に悩まされているらしい…カメラが付いているのが当たり前の時代になってしまったのは、悲しい事ですよね…。 
[2018.10.01]
 日本人の中のしきたりでは、必ず「穢れ」という概念がつきまとう…。それはもちろん外面的、衛生的な汚れではない訳で、内面的、霊的に不浄な状態を指す…。さまざまな理由で穢れてしまった心身は、清めや祓えによって浄化しなくてはならない…。その行事こそが、ひな祭り(ひな流し)だったり、冬場や夏場の大祓だったりする。節分や端午の節句も同様ですよね…? 
[2018.09.15]
 日本には、変わったお祭り多いですけど、岡山県には、死をかけたお祭りが現存している。8月14日から15日にかけて行われる護法祭って知ってますかね…?県内の各所にある寺に伝わる行事なんですけど、最も有名で古いものが美咲町の両山寺のものだそうです。 
[2018.09.01]
 推古3年(595 推古17年説もあります)9月18日、周防国鷲頭庄青柳浦にある松の大木に、突然星が降りた…。星は7日7晩輝き続けたという…。地元の人々が巫女に星の精を呼び出させたところ「我は北辰尊星妙見大菩薩である!3年後、百済の国の琳聖太子が、聖徳太子に会うために来日される。我は琳聖太子をお守りするためにやって来たのだ…」と語ったという…。 
[2018.08.15]
 最近、夜中にTVを見てたら、「ゴールデンカムイ」なるアニメが入っていて、ちょっと聞いた事あったんで、その漫画すごくヒットしてるんですってね…?アイヌの少女と元兵士のある意味宝探しがテーマなようなんですけど、内容はかなりえぐいけど、アイヌ文化も色濃く表現されているようです。アイヌたちにとって、動物は信仰の対象であって、動物は神使いではなく、神様とされています。 
[2018.08.01]
 ペパーミントやスペアミントといえば、料理や菓子、ガムの風味づけに使われるハーブというか香草ですよね?いずれも、独特な清涼感があって、より刺激の強いのがペパーミントで、スペアミントは、ペパーミントよりは甘味があって、清涼感も穏やかなんだそうです。 
[2018.07.15]
 神社・仏閣に、名前や住所なんかを書いた札って、結構貼ってますよね…。ご存じの方が多いと思いますけど、「千社札」と書いて、「せんじゃふだ」と読みます。ただ、「{し}は濁らないよ」という人もいるでしようね…確かに、「し」を濁らさずに「せんしゃふだ」と呼ぶ人もいます。 
[2018.07.01]
 「白」という文字が、何を元にしているか?は、諸説ありますが、米粒の形という説もあれば、どんぐりを表しているという説もある…。どんぐりの台座が「白」の下半分で、上半分は実の部分を表しているそうなの…。確かに、そう考えたら見えなくはないですよね…? 
[2018.06.15]
 四国の八十八ヶ所霊場巡りは、「お遍路さん」としてよく知られていますが、「三十三観音霊場巡り」という巡礼の旅も、全国各地に存在していますよね…?例えば、近畿2府4県と岐阜県内に点在する観音霊場は「西国三十三所」と呼ばれ、関東地方の「坂東三十三箇所」等、現在でも、多くの巡礼者を集めています。 
[2018.06.01]
 昔は、春の花には、農業を始め漁業、狩猟等の開始を知らせる役割があったそうで、桜の花が占いに使われる事も多かったようです。島根県隠岐の島にはその花の咲き方、その具合で一年の豊作・凶作を占う「世間桜(よのなかざくら)」と呼ばれている桜もあります。 
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索