伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:113] [昨日:173] [ 528042 ] rss feed
[2016.11.15]
 ヤマタノオロチは、日本最古の歴史書というか書物である「古事記」や、奈良時代の歴史書「日本書紀」等に登場する大蛇の怪物ですよね?8つの頭と8本の尾を持っていて、8つの谷と8つの峰を覆うほどの巨大な姿をしていたという。目はホウズキのように赤く、背中には苔や木が生えていたと伝えられています。毎年、娘が1人生贄に捧げられていたともいう…。 


 スサノオノミコトは、天皇家の祖神アマテラスの弟として生まれましたが、その素行が乱暴であったため、神々の住む高天原から追放されてしまう…。彼が出雲の国の肥河(現在の鳥取県斐伊川)を歩いていると、川上から箸が流れて来た。それを見て、スサノオノミコトは「上流に人が住んでいるに違いない!」と川の上流へ行く…。 
 するとそこには老夫婦と娘が住んでいた。夫婦には8人の娘がいたのだけど、毎年ヤマタノオロチの生贄にされ、最後に残った娘も今年、生贄にされるのだという…。 
 
 スサノオノミコトは娘との結婚を条件に、ヤマタノオロチ退治を引き受ける…。彼はオロチが大の酒好きと聞いて、7回しぼった八塩折之酒という強い酒を用意させた。それを8つの樽に入れて置くと、オロチがやって来て全てを飲み干す…。 
 
 さすがのオロチも酔って寝込んだところを、スサノオノミコトが剣を抜いて、頭と尾を次々と斬り刻む…。ただ、1本の尾を斬ろうとしたところ、剣が折れて、中から鋼鉄の剣が出て来たらしい…それが後に天皇の継承時に引き継がれる三種の神器の1つ、天叢雲剣(草薙剣)となる訳で…。 
 この伝説は、大陸から渡って来た弥生人の作った大和朝廷が、先住の縄文人の国を平定した時の出来事を象徴しているのではないか?とも言われている…。 
 
 ヤマタノオロチの8つの頭と尾は、縄文人の8つの国を表すのではないか?と解釈されている。天皇の一族であるスサノオノミコトが縄文人の国を平定し、縄文人の娘と婚姻関係を結ぶ事で、国を作り上げていった歴史的事実を神話にしたのではないか?と推測されますよね? 
[2016.11.01]
 九州・大分県の北部に位置する宇佐市。その宇佐にある宇佐八幡宮は、全国で2万4千社以上ある八幡神社の総本宮でありますが、実に不思議な神社と言われている。そもそも「八幡」という祭神の名前からして奇妙で、「ハチマン」と読むのが一般的ですけど、奈良時代までは「ヤハタ」と読まれていたらしい…。「ハチマン」の神様は元々「ヤハタ」の神様だった訳で…。 
[2016.10.15]
 藤原京・平城京・平安京…当時の都は中国からの風水思想に従って四方に守り神というか四神獣が置かれて、風水的にも霊的にも守護されているはずだった…。平安京では、過剰なまでに風水による厳戒態勢が敷かれていて、四神の霊的結界を張ったのはもちろんの事、鬼神が侵入するとされる北東の鬼門の方角には比叡山が置かれ、いかなる魔物も侵入を許さない布陣を張っていた…。 
[2016.10.01]
 岡山県、桃太郎のルーツともされる観光名所「吉備津神社」から歩いて10分ほどという好立地ながら、観光客の姿をあまりみかけない、この「鼻ぐり塚」…。奉納されている物の形態のヘビーな見た目と内容がその理由とは思いますけどね…。 
[2016.09.15]
 戦後から今も教会で結婚式を挙げる方が多いでしょうかね…?キリスト教式の結婚式に押されて来た神前結婚式ですが、ここ数年は若干増加の傾向にあるようで、「和」を見直し、回帰する若い人が多くなっているそうで…。特に結婚を惹きつけているのが「和装」だといわれている。普段は洋服を身に着けているでしょうから、人生の節目である結婚式は、日本の伝統衣装である白無垢を身にまといたいと思うんでしょうかね…? 
[2016.09.01]
 ♪恋するフォーチュンクッキー〜♪って、どこかの歌じゃないけど、中華街なんかへ行くと、年から年中売られている占いが入ったお菓子ですよね?北海道の方は、あまり馴染みがないかも?ですけど…。このフォーチュンクッキーのルーツといわれるものがある…。 
[2016.08.15]
 5世紀頃、第16代仁徳天皇の時代、飛騨に「両面宿儺」という化け物が現れた。両面宿儺は身の丈1丈(約3メートル)、2つの顔と、4つの怪力の手、4つの俊足の足を持ち、2本の剣と4組の弓矢を操って、人々を殺していった。天皇は難波根子武振熊を派遣し、激しい抵抗にあいながらも宿儺を討伐。その遺骸から首を切り落とし、首を都に持ち帰った…。 
[2016.08.01]
 最近、意外とタトゥー入れてる方を結構見る…。あえて入れ墨と言わせてもらいますけど、世界中のあらゆる場所で、古代人類は入れ墨の文化を持っていた。北極圏から南極圏まで、様々な地域で、入れ墨は世界共通、同時発生的に生まれたとされている…。 
[2016.07.15]
 夏本番を迎える7月の下旬は、街のいたる所で「うなぎフェアー」が開催されますよね?「土用の丑の日は、うなぎを食べよう!」そんなキャッチフレーズが広告に踊ります。まぁ、栄養価の高いうなぎを食べたら、夏に向けてスタミナつくかも知れませんね…。ビタミンもミネラルも豊富だし、夏バテに効果もありそうではありますけど…。 
[2016.07.01]
 北海道にもゴールドラッシュがあった事知っていますかね?冬には流氷が訪れ観光の拠点となる紋別から南に20キロほど下った郊外には、かつて鉱山の町として栄えた鴻之舞という地名が残っている。今では朽ちかけた廃墟ばかりが残るこの場所はかつて金山の町として栄え、鴻之舞金山は”東洋一の金山”として名前を轟かせていた時代があった…。 
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索