伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:7] [昨日:346] [ 630297 ] rss feed
[2018.06.15]
 四国の八十八ヶ所霊場巡りは、「お遍路さん」としてよく知られていますが、「三十三観音霊場巡り」という巡礼の旅も、全国各地に存在していますよね…?例えば、近畿2府4県と岐阜県内に点在する観音霊場は「西国三十三所」と呼ばれ、関東地方の「坂東三十三箇所」等、現在でも、多くの巡礼者を集めています。 


 京都市内には「洛陽三十三所観音霊場」があるほか、私たちの住む北海道や鎌倉、南知多、秩父、私がよく行く山形、みちのくにも多く存在している…。 
 
 これらの観音霊場の多くは平安時代に設けられたようで、1000年以上にわたって受け継がれて来たようです。 
 霊場の数がどこも三十三所なのは、観音菩薩の「三十三身」に由来している…。「法華経」の「観世音菩薩普門品」、通称「観音経」には、観音菩薩が人々を救うため、衆生の性格や知識、理解力、器の大きさ等によって、三十三の姿に変身すると説かれていて、その姿は仏身から帝釈身、長者身、居士身、比丘尼身、夜叉身、阿修羅身など様々で、それらを「三十三身」や「三十三体観音」と呼びます。観音霊場巡りが設けられた時、この数字にあやかって三十三のお寺が選ばれた訳ですわ…。 
 
 例えば、最も古いとされる西国三十三所巡りは、奈良時代の養老2年(718)に始まったと伝えられている…。大和国にあった長谷寺の開基である徳道上人が、62歳で病死した際、冥土の入り口で閻魔大王に出会うのだけど、生前の罪業があまりにも多かった事から、観音霊場を巡り、巡礼によって人々を救うように!という託宣をうけて、三十三の宝印を授かり、現世に戻された事がきっかけとされている…。 
 
 これは、山形庄内地方だけなのかも知れませんが、もし、観音霊場にお参りに行った時、貼ってあるお札を見て下さい!もしくは置いてあるかも?だけど、本来巡礼を重ねた回数によって、貼れるお札の色が決まっている!白・板(茶)・黄・赤・とその巡礼した数に応じて、貼るお札の色が変わって行くのですけど、もし運よく、銀色(10回以上)金色(15回以上)のお札を見つけるラッキーに出くわしたら、住所や氏名や年齢は書いてありますが、遠慮等せず剥がして持って来て下さいね! 
 そのお札打ちをした人が回った回数の半分のご利益がもらえるお守りになるそうです。万が一、えらい色鮮やかな”錦”なんていう超レアなお札に出くわしたら、もう最上でしょう!ほぼ、巡礼の案内をして下さる先達さんぐらいしか使えないでしょうけど…剥がされた人も、人に施しをしたという事で、ご利益が倍になるそうですから、遠慮せずに持って来る事をお勧めします。 
[2018.06.01]
 昔は、春の花には、農業を始め漁業、狩猟等の開始を知らせる役割があったそうで、桜の花が占いに使われる事も多かったようです。島根県隠岐の島にはその花の咲き方、その具合で一年の豊作・凶作を占う「世間桜(よのなかざくら)」と呼ばれている桜もあります。 
[2018.05.15]
 まだ季節的には外れてますけど、ハロウィンって、最近、すごく盛り上がってますよね…?ニュースの映像とか見たらえらいゾンビウヨウヨしてるというか…。実は、以前書きましたけど、本来ハロウィンって、そういうお祭りではないんですけど、ハロウィンナイトは精霊や魔女たちが地上に大集結して、超自然的なパワーが強くなる魔法の夜とも最近ではされているみたいで…。 
[2018.05.01]
 古来から月は、願掛けする対象だったようで、特に女性の方には効果が高いと言われています。ただ、願掛けをするのに効果的な月齢というのがあるらしいです。また、月に願掛けするのに一番大切な事は、願掛けしている時は、一切ネガティブな事をイメージしない事で、願いが叶ってハッピーな自分を、頭の中に具体的に描く事が成功の秘訣と言われます。 
[2018.04.15]
 「さんた丸屋」というのは、隠れキリシタンにおける聖母マリアの呼称です。徳川幕府が慶長17年(1612)にキリスト教を禁止してから、信者に対する弾圧は年々厳しくなって、信徒たちは表向きは仏教徒として振舞いながら、密かに「オラショ(祈祷文)」を唱え、白布観音・子安観音等の観音像をマリアに見立てて祀っていたと伝えられている…。 
[2018.04.01]
 「13日の金曜日」という有名なホラー映画のシリーズありますよね…。ジェイソンがナタで首チョンパみたいな…。欧米ではこの「13日の金曜日」が”縁起の悪い日”として忌み嫌われているのは、皆さんもご存じですよね?では、一体何で?その理由をご存じでしょうかね? 
[2018.03.15]
 岩などの表面に、絵や文字らしきものが彫刻された「ペトログリフ」…。元々は、ハワイの原住民など、文字を持たなかった民族が残した記録のようなものでして、象形文字のような役目もあったのではないか?と言われています。 
[2018.03.01]
 幸いに、北海道ならまず見る事ないですけど、かなり苦手なのは、私だけじゃないですよね?ムカデは、背中が黒光りしていて、平たくて長い身体には多くの足があり、その足は赤や黄色でクネクネと這い進む姿が気持ち悪いですよね…。まして、アゴに毒を持っているらしく、咬まれると痺れるように痛く、何日も腫れが引かないそうです。 
[2018.02.15]
 一時、パワースポットと共に、ハートスポットなるものも流行ったりしましたよね?北海道のハートスポットといえば、函館の夜景の中に見えるハートの文字が有名ですよね?日本屈指の夜景スポットとして名高い函館山から函館市街を見下ろすと、夜景の中にデカデカと存在する「ハート」の文字を確認する事が出来る…。 
[2018.02.01]
 「日本書紀」によると雄略天皇は神武天皇から数えて第22代目…。たいへん武勇にすぐれ、外交にも内政にも力を入れた天皇だったという…。この天皇の御代に”スガル”という名の家臣がいた。天皇のそば近くで侍り、いいつけをすぐに実行する忠実な元気者だったという…。 
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索