伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:124] [昨日:136] [ 614096 ] rss feed
[2018.04.15]
 「さんた丸屋」というのは、隠れキリシタンにおける聖母マリアの呼称です。徳川幕府が慶長17年(1612)にキリスト教を禁止してから、信者に対する弾圧は年々厳しくなって、信徒たちは表向きは仏教徒として振舞いながら、密かに「オラショ(祈祷文)」を唱え、白布観音・子安観音等の観音像をマリアに見立てて祀っていたと伝えられている…。 


 長崎県五島と外海地方に伝わる「天地始之事」は、その隠れキリシタンが書き残した聖書で、密かに口伝されたものが、江戸時代末期に片仮名まじりの文章として写されたもの…ただ、長い間伝承されているうちに、仏教・神道等とも概念の混交が起きてしまって、筋書きでは本来の聖書とは相違が出来てしまっている…。 
 「天地始之事」によると、さんた丸屋は羅尊国の貧しい家の娘に生まれ、幼い頃から学問に長け、天から「びるぜんの行をなせ!(一生嫁がず、処女でいるべし)」というお告げを受けた…。丸屋の噂を聞きつけた羅尊国の王は彼女を妃にしようとするのだけど、財宝をやると言っても丸屋はそれを断り続ける…。やがて丸屋が祈り始めると、6月というのに雪が降り出し、王たちが唖然と見ている間に彼女は天に上がって行った…。天帝デウスのもとへ召された丸屋は位を授かって、再び地上に戻り「さんがむりやありかんじょ(大天使聖ガブリエル)」から受胎告知を受ける…。 
 しかし、懐妊した丸屋を見た両親は王の怒りを恐れて、娘を勘当する…。家を追われた丸屋は、野山を歩き続け、べれん国で「じゆすきり人(イエス・キリスト)」を生んだと書かれている…。 
 
 隠れキリシタンたちが受け継いで来た信仰は今でも生き続けていますもんね…。 
[2018.04.01]
 「13日の金曜日」という有名なホラー映画のシリーズありますよね…。ジェイソンがナタで首チョンパみたいな…。欧米ではこの「13日の金曜日」が”縁起の悪い日”として忌み嫌われているのは、皆さんもご存じですよね?では、一体何で?その理由をご存じでしょうかね? 
[2018.03.15]
 岩などの表面に、絵や文字らしきものが彫刻された「ペトログリフ」…。元々は、ハワイの原住民など、文字を持たなかった民族が残した記録のようなものでして、象形文字のような役目もあったのではないか?と言われています。 
[2018.03.01]
 幸いに、北海道ならまず見る事ないですけど、かなり苦手なのは、私だけじゃないですよね?ムカデは、背中が黒光りしていて、平たくて長い身体には多くの足があり、その足は赤や黄色でクネクネと這い進む姿が気持ち悪いですよね…。まして、アゴに毒を持っているらしく、咬まれると痺れるように痛く、何日も腫れが引かないそうです。 
[2018.02.15]
 一時、パワースポットと共に、ハートスポットなるものも流行ったりしましたよね?北海道のハートスポットといえば、函館の夜景の中に見えるハートの文字が有名ですよね?日本屈指の夜景スポットとして名高い函館山から函館市街を見下ろすと、夜景の中にデカデカと存在する「ハート」の文字を確認する事が出来る…。 
[2018.02.01]
 「日本書紀」によると雄略天皇は神武天皇から数えて第22代目…。たいへん武勇にすぐれ、外交にも内政にも力を入れた天皇だったという…。この天皇の御代に”スガル”という名の家臣がいた。天皇のそば近くで侍り、いいつけをすぐに実行する忠実な元気者だったという…。 
[2018.01.15]
 正月に餅飾りますよね?2,3段に重ねられた丸い餅の上に、みかんが載っている様子は、今でも多くの家庭で見られます。この鏡餅は霊(歳神様)が降臨するためのもの、いわば座布団みたな物で、新年、それぞれの家にやって来た先祖の魂は、鏡餅に宿り、一族を見守るとされている…。 
[2018.01.01]
 明けましておめでとうございます。本年もむしゃなび及び、占いスペース タリズマンをよろしくお願い致します。新年一発目に、このコラムって、どうよ?とは思いますけど、ゲームや某コーヒーショップのエンブレムで有名なセイレーン…。元々は、ギリシャ神話に登場するモンスターで、下半身は鳥の姿で描かれるセイレーンですが、伝承が伝えられるうちに上半身が人間で、下半身が二股の魚の姿が一般的になった…。 
[2017.12.15]
 「旧約聖書」の中の「創世記」に見られるのが、理想郷「エデンの園」の話…。それによると、エデンの園は東方にあって、人類の祖であるアダムとイブは園を管理するために、神様によって置かれたという…。2人はこの地で神様に守られ、人間としての”欲望”を持つ事なく暮らしていた…。 
[2017.12.01]
 1923年(大正12)、関東大震災で損傷した皇居から、16体の人骨が発見され、当時は大ニュースになったらしい…。遺体は手を組み合わせたポーズで、しかもその頭部には穴の開いた古銭が乗せられていたという…。皇居が江戸城として建設された16世紀当時の生贄、人柱と見られ、歴史雑誌「中央史壇」の中で生物学者であり民族学者としても高名な南方熊楠が論文を寄せた…。 
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索