伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:21] [昨日:133] [ 557722 ] rss feed
[2017.05.15]
 5月5日は「こどもの日」ですよね…。端午の節句とも呼ばれていて、男の子の成長を祝う日として知られていますが、古来この行事は女の子のためのものであった事知ってますかね?山神として古代人に崇められていた”サ神”サガミ様が宿る”座(クラ)”がサクラなんですけど、そろそろ田植えが始まろうか?という時期、サ神が里に降りて来るその月は、いつしか「サ月」=皐月、五月と呼ばれるようになった…。 


 選ばれた乙女たちは豊饒を願い、小屋や神社に篭って、サ神のために身を清めて穢れを祓う…。彼女たちは「サ乙女」=早乙女と言われたのさ…。 
 「五月忌み」という名で知られるこの儀式を、端午の節句の起源とする説が根強い。原始的なアニミズムの風習がきっかけらしい…。 
 
 「五月忌み」はまた、流行り病を表す言葉でもあって、旧暦の5月5日あたりは、今で言う梅雨の時期でもありますもんね…。 
 
 湿度も気温も上がり、衛生状態が悪くなって、食中毒や伝染病等が、現代よりも広範囲に深刻にはびこっていたに違いない。感染を避けるための厄除けの意味もあったのさ…。端午の節句に菖蒲湯に入るという今でも続いている風習も、神事として身を清めるだけでなく、薬草でもある菖蒲を使って病気を予防したり抵抗力をつける意味合いがあったようなの…。 
 武家社会の時代になって、女児よりも男児に重きが置かれる世の中になって行く中で、端午の節句も男の子のお祭りへと変化して行く。菖蒲はその読み音から「勝負」「尚武」とも解釈され、特に武家の男子を盛大に祝う風潮が作られて行く…。 
 
 端午の節句と言えば鯉のぼりですが、荒々しい戦国の世にはためいていた軍旗が元になっていると言われている。それぞれの陣地を表す吹流しや、武者が背に刺した幟…。 
 
 端午の節句には家に鎧兜を飾る習慣も残っていますが、これもやはり武士の時代に由来する。「たくましい男の子に育ってほしい」という親心を映していると言われていますけど、その歴史は戦争の血生臭さを感じますよね…? 
 吹流しや幟はやがて、中国の故事と合わさって行く…。力強く滝を登る鯉は、やがて龍に変化する!という…いわゆる登竜門の伝説ですね…。 
 
 これに想を得た江戸時代の武士たちによって、鯉のぼりが考案されていった…。鯉のぼりは立身出世の象徴ですからね…。 
[2017.05.01]
 原発事故を予言していたのではないか?と言われている2人のアーティストがいる…。故・忌野清志郎が歌った「ラヴ・ミー・テンダー」という曲。その歌詞を見たら誰でも気づくと思いますが、「何言ってんだ〜、ふざけんじゃねぇ〜、核などいらねぇ〜」で始まる歌詞の全てが、原子力発電所や利権に絡む人間たちを非難している…。 
[2017.04.15]
 日本には8万社を超えるメチャクチャ多い数の神社がありますが、その中の頂点と言ったら三重県伊勢市にある伊勢神宮ですよね…。伊勢神宮は正式な名称は「神宮」と言うのを知っていますかね?唯一無二の存在だから、頭に名称をつける必要がないからだそうで…。神域も広く、皇大神宮(内宮)と豊受大神宮(外宮)はおよそ5キロも離れている。このうち内宮には、天皇家の祖先神・天照大神が、外宮には、五穀豊穣の神・豊受大神が祀られている…。 
[2017.04.01]
 久しぶりに即身仏さまのお話しを記したいと思います。たぶん、よほど即身仏さまの事調べている方でも、意外と知られていない方に頓入坊という方がいるらしい…。らしいというのも、発掘されてない訳で、その入定塚が残っていると言われていて、私もその地には足を踏み入れた事もないんですけどね…。 
[2017.03.15]
 日本史上、最恐ともいえる天神さま…。平安時代、菅原道真は、時の藤原氏の陰謀によって京都から現在の福岡県太宰府へ左遷される事になった…。その地で亡くなった道真は怨霊になって、京の都や朝廷に様々な天変地異を起こす事になって、神様として太宰府天満宮に祀られるようになったのは有名な話ですよね…? 
[2017.03.01]
 万物に魂が宿る!と考えて来た日本人は、言葉にも霊的な力があると信じて来た…。これが「言霊」の考えですよね…。言葉の音に意味を持たせて、好んだり忌み嫌ったりして来ましたが、その最もたるものが「数字」ではないでしょうか? 
[2017.02.15]
 マイアミとプエルトリコとバミューダを結ぶ”魔の三角海域”をバミューダ・トライアングルと言われ、過去に多数の航空機や船舶が謎めいた消滅、失踪を遂げて来た事は、皆さんもよくご存じの事と思います。現在でも恐れられるその海域の伝説に、2015年5月に驚きの新事件が加わった…。 
[2017.02.01]
 2015年、福岡県にある沖ノ島が、世界遺産の候補として選出された。玄界灘に浮かぶこの孤島は、島全体が神域となっており、神官一人が交代で守護している。一般人は5月27日のたった1日だけ上陸が許されるんですけど、それも”男性に限ってで、人数も200人”ほどと制限もされている。女性の立ち入りは一切認められない!現代に残る「女人禁制」の地は、国外からは性差別と思われるのではないか?世界遺産にふさわしいと認められるだろうか?…とにわかに議論が沸き上がったという…。 
[2017.01.15]
 第二次世界大戦前夜の1936年、ハンガリーを中心にヨーロッパで大ヒットした曲があった…。シャンソン歌手ダミアが歌った「暗い日曜日」という曲…。時世を感じさせる暗く物悲しい歌詞は、ドイツでナチスの政権が始まり、ヨーロッパ全土に物々しい暗い影が迫り来る様を思わせて、当時の人々の共感を得たのではないか?と言われている。 
[2017.01.01]
 明けましておめでとうございます。 
 
本年も、むしゃなび及び占いスペース タリズマンをよろしくお願い致します。 
 
最近、全然見かけなくなりましたけど、獅子舞ですわ…。獅子舞の獅子に子供の頭を噛んでもらうと魔除けになって、その後にご利益もあると、日本では広く信じられて来た。これは一説には、噛む真似をしてもらう事で、その人の持つ厄災を噛みとってもらえるからという。まぁ、獅子は、邪気が食べ物という訳ですわ…。 
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索