伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:76] [昨日:568] [ 790183 ] rss feed
[2020.04.01]
「シャチホコ」といえば、名古屋城の「金のシャチホコ」が有名ですよね?一見、魚?に見えはしますが、頭は龍のようで、尾を高く反り返らせています。実は、シャチホコは麒麟等と同様に、想像上の生き物で、”水を呼ぶ”とされている事から火伏として天守に置かれている物ですよね? 


 日本家屋の瓦屋根で、両端につけられいるのが鬼瓦で…。最近北海道は、元々瓦屋根が少ないので、ないですけど、本州も減って来た気はしますが、何故、恐ろしい形相をした代物を、しかも、よりによって一番目立つ所にしつらえるのか?答えは「魔除け」ですよね? 
 本来の魔除けは、鬼門とされる艮(丑寅)の方角の北東に向けて、あるいは裏鬼門である坤(未申)の方角、つまり南西に向けるのが筋ではありますが、敷地や日当たりを考えたら、そうそう思い通りにもいかない訳で…。そこで、屋根の両端の目立つ位置に鬼瓦を据えて魔除けとしたのさ…。 
 
 鬼門封じの話としてよく取り上げられるのが、京都の北東に位置し、皇城表鬼門を名乗る赤山禅院でして…。 
 
 本尊として祀られているのは泰山府君という神様。人間の生死を司ると同時に、死者の生前の行いによって魂の行き先を決める神様と言われています。その国や教え宗教等で解釈違いますが、いわば、地獄の主神・冥界の総帥として閻魔天の部下的な存在のようです。 
 
 ところで、赤山禅院の拝殿には不思議なものがある…。猿の像なのさ!お祓いの幣串と神鈴を持った猿の像は、京都御所の鬼門を守り、邪気が御所に侵入するのを防ぐため、比叡山延暦寺の鎮護・日吉大社(滋賀県大津市)から遣わされたものらしい…。日吉大社は猿を神の使いの「神猿(まさる)」として来た…。まぁ、神の化身が御所を守っているという事ですわ…。 
 しかも、猿が見つめているのは、京都御所の北東の角、「猿ヶ辻」の屋根裏に置かれた猿の像だという…。 
 
 この猿ヶ辻の猿も日吉大社から遣わされたもので、白い御幣を担いで京都御所の鬼門を守っているのさ!そして、魔物が御所に侵入した時は、赤山禅院の猿と共に叫び声を上げて知らせるとされている…。 
[2020.03.15]
 この原稿打っている現在、コロナウィルスで、オリンピックどうなの?と言われてますが…。オリンピックと聞くと、何か清く正しく美しいイメージはありますよね…?たださ、「参加する事に意義がある」このおおいなるアマチュアスポーツの祭典が4年に一度(冬季は2年に1度)行われるに際しては、莫大なお金と利権が動く事は事実のようで…。 
[2020.03.01]
 太平洋戦争が終わって数年たったある年の事…。一人の元軍人が徳島県の西方にある剣山を訪れた…。元軍人はそこで労働者を雇うと、自ら指揮して、大きな坑道を掘らせ始めた…。 
[2020.02.15]
 アドルフ・ヒトラーが異様なまでに執心した伝説がある…。神秘主義に心酔していた彼は、膨大な古文書や伝承を研究して、地球内部に超科学文明が存在していると確信し、南極やチベットに調査団を何度も派遣している…。 
[2020.02.01]
 呪術と言っても呪いのための呪術ではないですが、呪術のための道具、そしてお守りとして不可欠な物として呪符がある…。これは霊符、神符、秘符、護符等とも呼ばれ、お寺や神社等で出してくれるお札もまた、呪符です。いずれもそれぞれの社寺が伝承の秘法に則って、その呪力を乗り移らせたものですよね? 
[2020.01.15]
 魔女や魔法使いは、ヒキガエルや山羊、狼や猫、犬や野ウサギ、あるいはフクロウやコウモリにも変身出来たという…。これらの動物は人々に恐れられたり、気味悪がれたり、不思議な能力を持つとされる動物です。17世紀には、変身して人に害をなしたり逮捕を免れたと告白した魔女や魔法使いの記述が残っている…。 
[2020.01.01]
 明けましておめでとうござます。 
本年もむしゃなび及び占いスペース タリズマンをよろしくお願い致します。 
 
 本年一発目にどうか?とは思いますけど、新約聖書「ヨハネ黙示録」は、イエス・キリストが使徒ヨハネに見せた未来の出来事を記したもので、全12章で構成されたこの預言書において、終末は子羊(人間)が「7つの封印」を解いた時から始まるとされている…。 
[2019.12.15]
 今年もお世話になりました。 
 
日本最古の文明は、イツ?どこで?発生したのでしょう?一般に日本列島の国や文化は、弥生文化や邪馬台国が”発祥”した西日本から、東日本へ伝播したといわれています。ただ、縄文時代まで遡ると、その構造は逆転する!縄文土器の製造技術を検証すると、むしろ東、それも東北が突出していて、それが西に伝播した!と考えられる…。 
[2019.12.01]
 古代シュメールの粘土板に刻まれた神話には「オアネス」と呼ばれる海神が登場する…。その最大の特徴というのが、魚と人間という2つの頭を有する”双頭の神”であるという事!頭だけでなく、全身のほとんどをウロコが覆っているのだけど、尾ひれの内側に人間に近い2本の足があって、半人半魚ともいえる姿をしているが、人間と同じ言葉を話したらしい…。 
[2019.11.19]
 わが国、最初の洋式築城・五稜郭はめちゃくちゃ有名ですが、四稜郭というのがあったのを知ってますかね…?五稜郭裏門から北方3.6キロの地点に廓を四方に配した土塁、さながら蝶が羽根を広げたような形をしている四稜郭があった! 
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索