伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:19] [昨日:154] [ 562843 ] rss feed
[2017.11.15]
 日本で初めて、教会式、キリスト教式の結婚式が行われたのは、1873年(明治6)の事で、近代化のために外国の文化と技術を取り入れようと、明治政府は多数の外国人教師を招いた…。その一人が東京・神田淡路町の共立学校(現在の開成中学校・高等学校)で教鞭を執っていたイギリス人、フリール氏で、彼は、日本人の氏族の娘である静と結婚。催されたのが日本で初めてのキリスト教式結婚式だったらしい…。 


 ただその当時、日本の伝統的な神前結婚式を選ぶカップルが圧倒的だったようで、キリスト教式が急増したのは、実は1990年以降だという…。ウェディング情報誌の氾濫、ホテルや結婚式場の営業活動、教会で式を挙げる有名人の影響等によって、あっという間にキリスト教式が逆転した…。ウェディングドレスを着て、チャペルで結婚指輪を交換するという儀式に、多くの日本人女性は憧れたんでしょうね…。 
 たださ、指輪や腕輪、念珠も含めて、本来”輪”を身につけるという行為、特に指輪は人を縛る「鎖」であって「罰」であったとギリシャには伝えられている…。古代ギリシャ神話に登場する神様の1人プロメテウスは、天界から火を盗み人類に与えた。これに激怒した最高神ゼウスがプロメテウスに与えた罰の一つとして、さらには今後の絶対服従の証明として、鉄の指輪をはめる事を強要したのさ…。 
 
 転じてヨーロッパでは、指輪は契約の証となった!印鑑の代わりに使われる事もあったそうで…。 
 
 結婚指輪も同様で、男尊女卑の世であった古代から近代までは、ヨーロッパでも婚姻は個人の意思とは関係なく、家と家との契約であって、人身売買ですらあったらしい…。結婚の際には、夫が妻の家に保証金を差し出し、その契約の物証として指輪を贈っていた…。また略奪愛がはびこっていた時代は、新妻が逃げられないよう鎖で縛っていたというけど、その名残が指輪だという説もある…。 
 新婦の左手薬指を「縛る」のにも理由があるらしく、情愛の象徴である心臓に近い左手の、それも薬指は特別な存在だった!女性の性的な魔力が発せられると考えられていたので、指輪をはめて、男を惑わす魔力を封じ、自分だけのものにする!という意味もあったらしい…。日本でも、古くは薬指を紅刺し指と言ったようで、「私は贅沢をしません」という戒めの意味が強かったようで…。 
[2017.11.01]
 季節的には少し早いでしょうけど、神社に行って絵馬を奉納する受験生は今でもいるんでしょうね…。実は本来ならば、神様の乗る本物の馬かまたは造馬を奉納するのが筋なんですが、その代わりとして祈願あるいは報謝のために馬の絵を描いて、社寺に奉納したのが絵馬ですよね?室町時代の終わり頃からは大きな偏額形式の絵馬も現れますが、一般庶民は小絵馬と言われるものがほとんどで…。 
[2017.10.15]
 韓国では、人が死ぬと、閻魔の使者である”チョスンサジャ”が現れると言われている…。チョスンサジャは、黒っぽい服を着て伝統的な冠をかぶった男性のようで、3人でやって来るとされている…。日本でも、「あの世からお迎えが来る」という言い方をしますが、その使者の具体的な姿は統一されていませんが、韓国の方たちはチョスンサジャのイメージを共通で持っていて、葬儀の際などに、チョスンサジャにご飯、おかず、お金、わらじ等を供える風習がある…。 
[2017.10.01]
 土地には特別なエネルギーがあるらしい…。風水はその土地のエネルギーの流れを知り、より良いエネルギーを得るための知識ですよね?いわゆる方位や方角の善し悪しというのも、この風水の思想が背景にある訳で…。風水では、東西南北それぞれの方角に青龍、白虎、朱雀、玄武という4柱の神がいて、中央の土地(黄龍)を守護すると考えられている。だから都は、この四神に護られた土地に建設されるのが理想とされる。この時に重要なのは、土地全体を活性化させるためのエネルギー、気の流れを読む事でして…。 
[2017.09.15]
 亡くなった人に対して、花を手向けるのは何故でしょうか?原始時代からすでに、遺体や墓の傍らに花を供えていたらしく、「日本書紀」にも、日本神話に登場する女神イザナミの死に際して、献花する様子が描写されている…。死者へのせめてもの供養、慰みの意味が大きかったのではないでしょうかね…? 
[2017.09.01]
 東京の永田町にある国会議事堂の向かい側に、首相官邸と首相公邸がありますが、これは2004年に新しく建てられたもので、老朽化やセキュリティ対策のための一新だそうですが、実は裏の理由があるらしい…それは、旧官邸・公邸に”幽霊が出る”からで…。 
[2017.08.15]
 水脈、金属、石炭、鉱石、宝物、だけでなく人間や動物までも探し出す魔術…。比較的、誰でも出来てしまうようで、”ダウジング”という名前で知られてますよね?まぁ、やり方はかなり簡単で、道具さえあれば誰でも今からでも出来ます。用意する物は、50〜100センチの二股に分かれた木で…。 
[2017.08.01]
 「××神宮」という名称の神社って、どこか別格で荘厳なイメージないですかね…?何せ「神の宮」ですからね…。神社ってよく見ると色々な肩書のようなものがついている。神宮以外だと「大社」「明神」「権現」「稲荷」等々…。では、神宮はそれらとどこが違うのか?というと…。元々神宮は、どの神社でも自由につけられるものではなかった! 
[2017.07.15]
 1460年頃に築城されたとされる帰雲城って、聞いた事ありますかね?帰雲城って、地元の方くらいしか知らないかもね?何せ、現在では城跡すらない訳で…。帰雲城は、今の岐阜県大野郡白川村保木脇という所にあった城で、天正13年11月29日(1585年1月18日)午後11時頃、東海・北陸・近畿と広い地域を地震が襲った…。 
[2017.07.01]
 天孫降臨、三種の神器をたずさえたニニギノミコトが高天原から地上へと降り立ったのが、この高千穂峰ですよね?日本神話の現場は各地にあるのだけど、その中でも筆頭にあげられる最大の聖域が、高千穂峰でその山頂です。 
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索