伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:187] [昨日:344] [ 650846 ] rss feed
[2019.01.15]
 北海道の中でもある意味特別な観光地である函館!函館山からの夜景や湯の川温泉、洋館や教会、修道院やら見どころ満載ですもんね!「函館」が元々は「箱館」であった事を普段はなかなか思いだしたりはしないのではないでしょうか…? 


 箱館は、古くはアイヌ語で、「湾の端」を意味する「ウスケシ」もしくは「ウショロケシ」と呼ばれていて、漢字では「宇須岸」「臼岸」等と記されている。この「ウスケシ」が「箱館」へと変化した理由については諸説あるらしいですが、いずれも、15世紀以降、渡島半島に渡った和人たちが沿岸の要地に建てた12の館に端を発するものだそうで…。 
 一つ目は、この館を建てる際に、籠と箱が土中から出て来た事に由来して、出土した「箱」と建てた「館」で「箱館」としたというもの…。 
 
 もう一つの説は、アイヌの人々が、この館を「ハク・チヤシ(小さな館)」と呼んだその”音”から「ハク」に「箱」の字を当てて、その”意味”から「チヤシ」に「館」という字を当てたというもの…。 
 
 三つ目は、この「館」が、遠くから見ると「箱」の形に見えたためにというものもある…。現在ではこの三つ目の説が通説とされているようですが、箱館の語源となったこの館群は、1512(永正9)年に姿を消しているようで…。 
 「箱館」が「函館」と改められたのは、1869(明治2)年の事で、この年の5月に箱館戦争が終結して、6月に版籍奉還が実施されて、8月には蝦夷地が「北海道」となる。この翌月に「函館」となっている。改称までの間、「函館」と「箱館」は混用されていたのが記録に残っていて、実際には改称というより、混用されていたのを統一した!というのが実情のようなのさ…。「函」で統一した理由としては「函」のほうが格好良かったから!という説があるらしい…(オイオイ)。「雑学北海道地名の旅」という書物では、「江戸末期から明治にかけて、漢字を武士の素養として来た開拓使官吏が、箱より函のほうが”漢字らしく”威厳がありそうだと思ったから…と中国の交通の要衝・函谷関を例に挙げて説明している…。「箱」から「函」への改称は、もしかしたら、旧幕府軍を箱館戦争で破った明治政府の北海道開拓事業に対する意気込みの反映だったのかもね? 
 
  
[2019.01.01]
 明けましておめでとうございます。本年もむしゃなび及び、占いスペース タリズマンをよろしくお願い致します。 
  
独自の文化を持っているアイヌ民族には、「アイヌラックル」と呼ばれる神様(「オキクルミ」「オイナカムイ」ともいう)が古くから伝承されて来た…。アイヌの叙事詩「ユーカラ」によれば、アイヌラックルは地上で生まれた神様と言われています。 
[2018.12.15]
 今年もお世話になりました。感謝します。来年も、むしゃなび及び占いスペース タリズマンをよろしくお願い致します。 
 
 ノストラダムス(1503〜1566年)が、あの有名な「ノストラダムス師の予言集(諸世紀)」を発刊したのは、1555年5月の事で、それが当時も大評判になって、その噂が王宮にまで届いたそうなの…。 
[2018.12.01]
 13日の金曜日…結構、このコラムでも書いてますけど、特別私は不吉なものを感じている訳ではないんですよ…。1943年、アメリカのジョージア州のある町で3人の赤ちゃんが生まれた…。小さな町なもんで、助産師は1人しかおらず、3人とも女の子で、同じ助産師が取り上げた…。 
[2018.11.15]
 砂浜を歩くと、「クッ、クッ」「キュ、キュ」といった音が鳴る砂浜があります。まるで砂が鳴いているように聞こえることから「鳴き砂」と呼ばれていますよね?京都府の琴引浜や島根県の琴ヶ浜等が知られていますけど、北海道でも室蘭のイタンキ浜、小清水町の小清水海岸、長万部の静狩海岸の三ケ所で鳴き砂が確認されています。 
[2018.11.01]
 茨城県鹿嶋市の鹿島神宮は、全国に約600社ある鹿島神社の総本社ですよね…。私的には、日本国において、レイライン的にもすごく重要な役割を果たしているように思える神社と思ってるんですが…。ご存じの通り関東を代表する大神宮の一つです。鹿島神宮は、千葉県香取市の香取神宮とともに、古くから武神として信仰を集めて来たようでして…。 
[2018.10.15]
 皆さんも、神社仏閣へ参拝する時、お賽銭を賽銭箱に入れますよね?何でそれがあるのか?というと、元々は、神様に対して豊作を感謝する意を表すために、米や海産物を供えていた…。だから、神社ではお賽銭の事、初穂料って言ったりする訳で…。 
[2018.10.01]
 日本人の中のしきたりでは、必ず「穢れ」という概念がつきまとう…。それはもちろん外面的、衛生的な汚れではない訳で、内面的、霊的に不浄な状態を指す…。さまざまな理由で穢れてしまった心身は、清めや祓えによって浄化しなくてはならない…。その行事こそが、ひな祭り(ひな流し)だったり、冬場や夏場の大祓だったりする。節分や端午の節句も同様ですよね…? 
[2018.09.15]
 日本には、変わったお祭り多いですけど、岡山県には、死をかけたお祭りが現存している。8月14日から15日にかけて行われる護法祭って知ってますかね…?県内の各所にある寺に伝わる行事なんですけど、最も有名で古いものが美咲町の両山寺のものだそうです。 
[2018.09.01]
 推古3年(595 推古17年説もあります)9月18日、周防国鷲頭庄青柳浦にある松の大木に、突然星が降りた…。星は7日7晩輝き続けたという…。地元の人々が巫女に星の精を呼び出させたところ「我は北辰尊星妙見大菩薩である!3年後、百済の国の琳聖太子が、聖徳太子に会うために来日される。我は琳聖太子をお守りするためにやって来たのだ…」と語ったという…。 
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索