伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:13] [昨日:210] [ 608087 ] rss feed
[2018.08.15]
 最近、夜中にTVを見てたら、「ゴールデンカムイ」なるアニメが入っていて、ちょっと聞いた事あったんで、その漫画すごくヒットしてるんですってね…?アイヌの少女と元兵士のある意味宝探しがテーマなようなんですけど、内容はかなりえぐいけど、アイヌ文化も色濃く表現されているようです。アイヌたちにとって、動物は信仰の対象であって、動物は神使いではなく、神様とされています。 


 神様である動物たちは、天上の神の国にいる時には人間と同じ姿をしており、同じような生活を営んで、一定の時期に人間の住む地上を訪れるとされています…。 
 その時、山神であればクマの毛皮を着て、クマの肉を背負ってやって来ると考えるようでして、また、そのクマは、狩られると人間の「大切な客」になり、大いにもてなすものとなされるらしい…。 
 
 アイヌたちの宗教観におけるクマは、陸の幸をもたらす象徴的な神様です。狩猟期前の秋末に行われる「イヨマンテ(熊祭り)」では、大事に育てて来た子熊を、月夜の晩に殺して神に捧げます。こうして手厚く祀ると、クマの霊は神の国に帰って、仲間のクマに「人間に大事にされた…」と話すとされているのです。 
 
 すると仲間のクマは、それでは自分も行ってみよう!と思い、地上はクマでいっぱいになって、アイヌの食べ物が満たされるという仕組みです。だから、この祭りは、狩猟によって主食を得ていたアイヌにとって、クマの精霊を天に送り返す神聖かつ重要な儀式とされています。 
 
 もちろんクマに限らず、アイヌは食用とする鳥獣魚類には、全てイナウ(御幣)を立てます。例えば、主食としていたサケは「カムイチェプ(神の魚)」「シペ(本当の食べ物)」と呼んでいました。また、シャチは、海の幸をもたらす神様として「レブンカムイ(沖の神)」と呼んで、クジラの肉を送り届けてくれる大事な神様として崇敬していたそうです。 
 とりわけフクロウは、アイヌ神話の天地創造の時に天から飛来し、それによって多くの神が生まれたとされる聖なる鳥です。それでアイヌは、フクロウを「カムイチカップ(神の鳥)」「コタンコルカムイ(村の守り神)」と呼び、狩猟の幸を運んで来る神として大切にしていたそうです。 
[2018.08.01]
 ペパーミントやスペアミントといえば、料理や菓子、ガムの風味づけに使われるハーブというか香草ですよね?いずれも、独特な清涼感があって、より刺激の強いのがペパーミントで、スペアミントは、ペパーミントよりは甘味があって、清涼感も穏やかなんだそうです。 
[2018.07.15]
 神社・仏閣に、名前や住所なんかを書いた札って、結構貼ってますよね…。ご存じの方が多いと思いますけど、「千社札」と書いて、「せんじゃふだ」と読みます。ただ、「{し}は濁らないよ」という人もいるでしようね…確かに、「し」を濁らさずに「せんしゃふだ」と呼ぶ人もいます。 
[2018.07.01]
 「白」という文字が、何を元にしているか?は、諸説ありますが、米粒の形という説もあれば、どんぐりを表しているという説もある…。どんぐりの台座が「白」の下半分で、上半分は実の部分を表しているそうなの…。確かに、そう考えたら見えなくはないですよね…? 
[2018.06.15]
 四国の八十八ヶ所霊場巡りは、「お遍路さん」としてよく知られていますが、「三十三観音霊場巡り」という巡礼の旅も、全国各地に存在していますよね…?例えば、近畿2府4県と岐阜県内に点在する観音霊場は「西国三十三所」と呼ばれ、関東地方の「坂東三十三箇所」等、現在でも、多くの巡礼者を集めています。 
[2018.06.01]
 昔は、春の花には、農業を始め漁業、狩猟等の開始を知らせる役割があったそうで、桜の花が占いに使われる事も多かったようです。島根県隠岐の島にはその花の咲き方、その具合で一年の豊作・凶作を占う「世間桜(よのなかざくら)」と呼ばれている桜もあります。 
[2018.05.15]
 まだ季節的には外れてますけど、ハロウィンって、最近、すごく盛り上がってますよね…?ニュースの映像とか見たらえらいゾンビウヨウヨしてるというか…。実は、以前書きましたけど、本来ハロウィンって、そういうお祭りではないんですけど、ハロウィンナイトは精霊や魔女たちが地上に大集結して、超自然的なパワーが強くなる魔法の夜とも最近ではされているみたいで…。 
[2018.05.01]
 古来から月は、願掛けする対象だったようで、特に女性の方には効果が高いと言われています。ただ、願掛けをするのに効果的な月齢というのがあるらしいです。また、月に願掛けするのに一番大切な事は、願掛けしている時は、一切ネガティブな事をイメージしない事で、願いが叶ってハッピーな自分を、頭の中に具体的に描く事が成功の秘訣と言われます。 
[2018.04.15]
 「さんた丸屋」というのは、隠れキリシタンにおける聖母マリアの呼称です。徳川幕府が慶長17年(1612)にキリスト教を禁止してから、信者に対する弾圧は年々厳しくなって、信徒たちは表向きは仏教徒として振舞いながら、密かに「オラショ(祈祷文)」を唱え、白布観音・子安観音等の観音像をマリアに見立てて祀っていたと伝えられている…。 
[2018.04.01]
 「13日の金曜日」という有名なホラー映画のシリーズありますよね…。ジェイソンがナタで首チョンパみたいな…。欧米ではこの「13日の金曜日」が”縁起の悪い日”として忌み嫌われているのは、皆さんもご存じですよね?では、一体何で?その理由をご存じでしょうかね? 
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索