伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:125] [昨日:172] [ 571300 ] rss feed
[2018.01.15]
 正月に餅飾りますよね?2,3段に重ねられた丸い餅の上に、みかんが載っている様子は、今でも多くの家庭で見られます。この鏡餅は霊(歳神様)が降臨するためのもの、いわば座布団みたな物で、新年、それぞれの家にやって来た先祖の魂は、鏡餅に宿り、一族を見守るとされている…。 


 そもそも鏡餅という名の謂れは、古代の鏡にある。その時代、鏡といえば青銅が主だったのだけど、神事に使われる聖なるものであり、鏡はこの世とあの世の境界と捉えられていた…。鏡餅が古代の鏡のように磨き上げられているのも、その名残といえるのではないでしょうか? 
 歳神様の宿った鏡餅は、鏡開き(一般的には1月11日ですが、地方によって異なっている)の日に雑煮やお汁粉等で食べるのが慣わしですが、これは霊体を身体に取り込む意味があって、一種のカニバリズムなのさ…。まして、先祖の霊や神様の命や力を分け与えてもらう事は、日本人の伝統的な考えでもある訳で…。 
 
 実はこの餅がかつては「お年玉」だったという…。(お年玉は別にもらいたいけど…)今ではポチ袋に入れた現金でしょうが、昔は歳神様に捧げた供物を、家長が子供たちに分け与えていた。この一つが餅だった!その頃は「歳魂」と呼ばれていた事からも、霊が宿っている事が窺える…。 
 
 歳神様が運んできた運気と力が降りた鏡餅を、家長が子供たちに与え、家族みんなで先祖を「食う」…これがお年玉の起源だという…。今でも住時の名残として、正月になると子供に丸餅を配る地方もある。現代のように現金のなったのは江戸時代からだと言われている…。 
 
 日本人の文化に密接に関わっている餅ですが、反対に正月には餅を食べない!という地域もある。これを「餅なし正月」というのだけど…。 
 例えば東京・足立区のある集落は、落ち武者たちが苦労して開拓した事が始まりなんですが、彼らは貧しく、正月も餅ではなく芋の雑煮を食べていたという…。その先祖の苦労を思って、今でも正月には餅を食べないらしい…。 
 
 また栃木県には「鬼怒川から農業用水を引く工事が終わるまで正月も餅をつかずに働く」と願掛けをしたという伝承が残っていて、やはり現在でも「餅なし正月」を行う地域がある。様々な理由から、日本各地に残っている風習ですが、その根底には貧しい庶民の苦痛の歴史が横たわっているのかもね…? 
[2018.01.01]
 明けましておめでとうございます。本年もむしゃなび及び、占いスペース タリズマンをよろしくお願い致します。新年一発目に、このコラムって、どうよ?とは思いますけど、ゲームや某コーヒーショップのエンブレムで有名なセイレーン…。元々は、ギリシャ神話に登場するモンスターで、下半身は鳥の姿で描かれるセイレーンですが、伝承が伝えられるうちに上半身が人間で、下半身が二股の魚の姿が一般的になった…。 
[2017.12.15]
 「旧約聖書」の中の「創世記」に見られるのが、理想郷「エデンの園」の話…。それによると、エデンの園は東方にあって、人類の祖であるアダムとイブは園を管理するために、神様によって置かれたという…。2人はこの地で神様に守られ、人間としての”欲望”を持つ事なく暮らしていた…。 
[2017.12.01]
 1923年(大正12)、関東大震災で損傷した皇居から、16体の人骨が発見され、当時は大ニュースになったらしい…。遺体は手を組み合わせたポーズで、しかもその頭部には穴の開いた古銭が乗せられていたという…。皇居が江戸城として建設された16世紀当時の生贄、人柱と見られ、歴史雑誌「中央史壇」の中で生物学者であり民族学者としても高名な南方熊楠が論文を寄せた…。 
[2017.11.15]
 日本で初めて、教会式、キリスト教式の結婚式が行われたのは、1873年(明治6)の事で、近代化のために外国の文化と技術を取り入れようと、明治政府は多数の外国人教師を招いた…。その一人が東京・神田淡路町の共立学校(現在の開成中学校・高等学校)で教鞭を執っていたイギリス人、フリール氏で、彼は、日本人の氏族の娘である静と結婚。催されたのが日本で初めてのキリスト教式結婚式だったらしい…。 
[2017.11.01]
 季節的には少し早いでしょうけど、神社に行って絵馬を奉納する受験生は今でもいるんでしょうね…。実は本来ならば、神様の乗る本物の馬かまたは造馬を奉納するのが筋なんですが、その代わりとして祈願あるいは報謝のために馬の絵を描いて、社寺に奉納したのが絵馬ですよね?室町時代の終わり頃からは大きな偏額形式の絵馬も現れますが、一般庶民は小絵馬と言われるものがほとんどで…。 
[2017.10.15]
 韓国では、人が死ぬと、閻魔の使者である”チョスンサジャ”が現れると言われている…。チョスンサジャは、黒っぽい服を着て伝統的な冠をかぶった男性のようで、3人でやって来るとされている…。日本でも、「あの世からお迎えが来る」という言い方をしますが、その使者の具体的な姿は統一されていませんが、韓国の方たちはチョスンサジャのイメージを共通で持っていて、葬儀の際などに、チョスンサジャにご飯、おかず、お金、わらじ等を供える風習がある…。 
[2017.10.01]
 土地には特別なエネルギーがあるらしい…。風水はその土地のエネルギーの流れを知り、より良いエネルギーを得るための知識ですよね?いわゆる方位や方角の善し悪しというのも、この風水の思想が背景にある訳で…。風水では、東西南北それぞれの方角に青龍、白虎、朱雀、玄武という4柱の神がいて、中央の土地(黄龍)を守護すると考えられている。だから都は、この四神に護られた土地に建設されるのが理想とされる。この時に重要なのは、土地全体を活性化させるためのエネルギー、気の流れを読む事でして…。 
[2017.09.15]
 亡くなった人に対して、花を手向けるのは何故でしょうか?原始時代からすでに、遺体や墓の傍らに花を供えていたらしく、「日本書紀」にも、日本神話に登場する女神イザナミの死に際して、献花する様子が描写されている…。死者へのせめてもの供養、慰みの意味が大きかったのではないでしょうかね…? 
[2017.09.01]
 東京の永田町にある国会議事堂の向かい側に、首相官邸と首相公邸がありますが、これは2004年に新しく建てられたもので、老朽化やセキュリティ対策のための一新だそうですが、実は裏の理由があるらしい…それは、旧官邸・公邸に”幽霊が出る”からで…。 
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索