伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:146] [ 518183 ] rss feed
[2017.02.15]
 マイアミとプエルトリコとバミューダを結ぶ”魔の三角海域”をバミューダ・トライアングルと言われ、過去に多数の航空機や船舶が謎めいた消滅、失踪を遂げて来た事は、皆さんもよくご存じの事と思います。現在でも恐れられるその海域の伝説に、2015年5月に驚きの新事件が加わった…。 


 同月16日早朝、ハバナに向かって進んで来る旧式の蒸気船をキューバの沿岸保全員が発見…。乗務員の姿はなく、発見された航海日誌で、その船が蒸気貨物船「コトパクシ号」だと判明した!ただ、驚く事に、この船は1925年11月29日、アメリカのサウスカロライナ州チャールストンからキューバのハバナ島に向かって出航したもので、32人の乗務員と2340トンの石炭を積んだまま行方不明となって、以来、90年の長い年月にわたって消滅していたのさ…。 
 90年ぶりに突如姿を現したコトパクシ号の船体は見る限りかなり老朽化して、過ぎ去った歳月を物語っている。船内から発見された日誌には、1925年12月1日までの航海記録しか記されていなくて、90年の間にコトパクシ号に何が起こったのかについては、何も書かれてはいなく…この事から、出航してわずか2日後、予期せぬ異変に見舞われて消息を絶ったとしか考えられないですよね? 
 
 たださ、90年間も、一体どこをどうさまよっていたんでしょうかね?世界の海を漂っていたら、他の船舶や各国海軍等のレーダーが捉えていてもおかしくないですよね…?何よりも32人の乗務員は、死体すらなくて、文字通り消えている訳で…。 
 バミューダ・トライアングルで発生する消滅事件の原因として、同海域に突如現れる異空間に入り込んでしまう…という説がある。船は魔の海域に生じた異空間をさまよって、90年後に開いた出口からこの世に戻って来たとでもいうのでしょうかね…? 
 
 キューバの内閣府副大臣のアベラード・コロメ将軍を筆頭に各閣僚は、コトパクシ号の消失と再出現の謎について徹底的な調査をする!と宣言した…ただ、残念な事に何故か未だに続報は出て来てはいない…。 
[2017.02.01]
 2015年、福岡県にある沖ノ島が、世界遺産の候補として選出された。玄界灘に浮かぶこの孤島は、島全体が神域となっており、神官一人が交代で守護している。一般人は5月27日のたった1日だけ上陸が許されるんですけど、それも”男性に限ってで、人数も200人”ほどと制限もされている。女性の立ち入りは一切認められない!現代に残る「女人禁制」の地は、国外からは性差別と思われるのではないか?世界遺産にふさわしいと認められるだろうか?…とにわかに議論が沸き上がったという…。 
[2017.01.15]
 第二次世界大戦前夜の1936年、ハンガリーを中心にヨーロッパで大ヒットした曲があった…。シャンソン歌手ダミアが歌った「暗い日曜日」という曲…。時世を感じさせる暗く物悲しい歌詞は、ドイツでナチスの政権が始まり、ヨーロッパ全土に物々しい暗い影が迫り来る様を思わせて、当時の人々の共感を得たのではないか?と言われている。 
[2017.01.01]
 明けましておめでとうございます。 
 
本年も、むしゃなび及び占いスペース タリズマンをよろしくお願い致します。 
 
最近、全然見かけなくなりましたけど、獅子舞ですわ…。獅子舞の獅子に子供の頭を噛んでもらうと魔除けになって、その後にご利益もあると、日本では広く信じられて来た。これは一説には、噛む真似をしてもらう事で、その人の持つ厄災を噛みとってもらえるからという。まぁ、獅子は、邪気が食べ物という訳ですわ…。 
[2016.12.15]
 今年最後ですけど、久しぶりに北海道ネタを…。アイヌの伝承で、レブンエカシとアッコロカムイというUMAというか、怪物の名前聞いた事ありますかね?レブンエカシという名前は、アイヌ語で「沖の長老」を意味する。この怪物は、海に棲み、一度に8頭ものクジラを丸呑みにするのだそうで、その姿については、はっきりした事は分かっていない。クジラとしてイメージされる事が多いようですけど…。 
[2016.12.01]
 トム・クルーズが主演した映画「マグノリア」を見た方は覚えていると思いますが、天から雨のごとくカエルが降り注ぐシーンがあります。これはファフロッキーズと呼ばれ、意外と頻繁に報告されている現象でして、一番多く降ってくるのは魚とカエルですけど、他にも石、ワニ、亀等、様々で…。 
[2016.11.15]
 ヤマタノオロチは、日本最古の歴史書というか書物である「古事記」や、奈良時代の歴史書「日本書紀」等に登場する大蛇の怪物ですよね?8つの頭と8本の尾を持っていて、8つの谷と8つの峰を覆うほどの巨大な姿をしていたという。目はホウズキのように赤く、背中には苔や木が生えていたと伝えられています。毎年、娘が1人生贄に捧げられていたともいう…。 
[2016.11.01]
 九州・大分県の北部に位置する宇佐市。その宇佐にある宇佐八幡宮は、全国で2万4千社以上ある八幡神社の総本宮でありますが、実に不思議な神社と言われている。そもそも「八幡」という祭神の名前からして奇妙で、「ハチマン」と読むのが一般的ですけど、奈良時代までは「ヤハタ」と読まれていたらしい…。「ハチマン」の神様は元々「ヤハタ」の神様だった訳で…。 
[2016.10.15]
 藤原京・平城京・平安京…当時の都は中国からの風水思想に従って四方に守り神というか四神獣が置かれて、風水的にも霊的にも守護されているはずだった…。平安京では、過剰なまでに風水による厳戒態勢が敷かれていて、四神の霊的結界を張ったのはもちろんの事、鬼神が侵入するとされる北東の鬼門の方角には比叡山が置かれ、いかなる魔物も侵入を許さない布陣を張っていた…。 
[2016.10.01]
 岡山県、桃太郎のルーツともされる観光名所「吉備津神社」から歩いて10分ほどという好立地ながら、観光客の姿をあまりみかけない、この「鼻ぐり塚」…。奉納されている物の形態のヘビーな見た目と内容がその理由とは思いますけどね…。 
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索