伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:109] [昨日:176] [ 614741 ] rss feed
[2018.09.15]
 日本には、変わったお祭り多いですけど、岡山県には、死をかけたお祭りが現存している。8月14日から15日にかけて行われる護法祭って知ってますかね…?県内の各所にある寺に伝わる行事なんですけど、最も有名で古いものが美咲町の両山寺のものだそうです。 


 この祭の主役は、地域の村人から選ばれた男なんですけど、彼は護法祭の1週間ほど前から寺に篭って、何度も水垢離を行い、神様の宿る近くの山頂へ参拝を繰り返す等の身を清める…。そして祭当日の深夜に寺の本尊である護法善神が、彼に憑依する…。神に憑りつかれてある意味トランス状態になった男は”護法実”と称される。または護法さまとも、これがなまってゴーサマとも呼ばれて、祭りそのものを指してゴーサマともいうようで…。 
 神となった護法実は、この世のものとは思えないスピードで、夏の夜を疾走して、寺の境内を跳躍しながら、祭りに参加した人々を追いかけ回す!護法善神はカラスの化身らしい…。 
 
 この時、人々は必死で逃げ回る!悲鳴や泣き声も上がる!遊びではなく、マジなのさ!本物の恐怖から来る叫び声がこだまする!寺一帯はパニック満載に陥る。実は、護法実に捕まると、”3年以内に死ぬ”と言われているからでして…。 
 
 これが、迷信等ではないのさ!岡山県の各地では、護法実に捕まった親族や友人が、しばらくたって命を落とした…という話がいくらでも転がっているのも事実でさ…また、護法実を転ばせようとしたり、からかったりする者にも、やはり不幸が訪れるらしいの…。事情が分からない子供たちが、護法実を囃し立てようものなら、周囲の大人たちは本気になって叱り飛ばす!畏怖の対象なのは間違いない! 
 
 祭りの参加者は皆、護法実のトリッキーな動きや人間離れした運動能力に驚いて、本当に何者かが取り憑いているに違いない!と実感するんだと…。この圧倒的な力の前に、やっぱり捕まってしまう者も絶対いる訳さ…。するとすかさず、両山寺の僧侶が現れ、お堂の中でお祓いを施すそうなの…。こうしたら死ぬ事はないそうですが、それでも向こう3年は事故や病等に用心しなくてはならないようだけど…。 
 お祓い等、不要だと拒否する者、度胸試しなのか面白がって護法実に近づいたり触ろうとする者にも、3年以内に必ず災厄が降りかかる!元々、護法祭は五穀豊穣を祈願するためのものなんですけどね…。護法実に捕まったり邪魔をする者は、地域の平和と安定を乱す存在となる訳ですよ…。700年以上も連綿と続くこの祭りによって、命を落とした不心得者は、とんでもない数いるんではないでしょうか…? 
 
 これは、リアルな話なんですけど、近年、そんな不心得な人物が4人いたそうなの…その内、3人は1年以内に亡くなったそうですよ…。 
[2018.09.01]
 推古3年(595 推古17年説もあります)9月18日、周防国鷲頭庄青柳浦にある松の大木に、突然星が降りた…。星は7日7晩輝き続けたという…。地元の人々が巫女に星の精を呼び出させたところ「我は北辰尊星妙見大菩薩である!3年後、百済の国の琳聖太子が、聖徳太子に会うために来日される。我は琳聖太子をお守りするためにやって来たのだ…」と語ったという…。 
[2018.08.15]
 最近、夜中にTVを見てたら、「ゴールデンカムイ」なるアニメが入っていて、ちょっと聞いた事あったんで、その漫画すごくヒットしてるんですってね…?アイヌの少女と元兵士のある意味宝探しがテーマなようなんですけど、内容はかなりえぐいけど、アイヌ文化も色濃く表現されているようです。アイヌたちにとって、動物は信仰の対象であって、動物は神使いではなく、神様とされています。 
[2018.08.01]
 ペパーミントやスペアミントといえば、料理や菓子、ガムの風味づけに使われるハーブというか香草ですよね?いずれも、独特な清涼感があって、より刺激の強いのがペパーミントで、スペアミントは、ペパーミントよりは甘味があって、清涼感も穏やかなんだそうです。 
[2018.07.15]
 神社・仏閣に、名前や住所なんかを書いた札って、結構貼ってますよね…。ご存じの方が多いと思いますけど、「千社札」と書いて、「せんじゃふだ」と読みます。ただ、「{し}は濁らないよ」という人もいるでしようね…確かに、「し」を濁らさずに「せんしゃふだ」と呼ぶ人もいます。 
[2018.07.01]
 「白」という文字が、何を元にしているか?は、諸説ありますが、米粒の形という説もあれば、どんぐりを表しているという説もある…。どんぐりの台座が「白」の下半分で、上半分は実の部分を表しているそうなの…。確かに、そう考えたら見えなくはないですよね…? 
[2018.06.15]
 四国の八十八ヶ所霊場巡りは、「お遍路さん」としてよく知られていますが、「三十三観音霊場巡り」という巡礼の旅も、全国各地に存在していますよね…?例えば、近畿2府4県と岐阜県内に点在する観音霊場は「西国三十三所」と呼ばれ、関東地方の「坂東三十三箇所」等、現在でも、多くの巡礼者を集めています。 
[2018.06.01]
 昔は、春の花には、農業を始め漁業、狩猟等の開始を知らせる役割があったそうで、桜の花が占いに使われる事も多かったようです。島根県隠岐の島にはその花の咲き方、その具合で一年の豊作・凶作を占う「世間桜(よのなかざくら)」と呼ばれている桜もあります。 
[2018.05.15]
 まだ季節的には外れてますけど、ハロウィンって、最近、すごく盛り上がってますよね…?ニュースの映像とか見たらえらいゾンビウヨウヨしてるというか…。実は、以前書きましたけど、本来ハロウィンって、そういうお祭りではないんですけど、ハロウィンナイトは精霊や魔女たちが地上に大集結して、超自然的なパワーが強くなる魔法の夜とも最近ではされているみたいで…。 
[2018.05.01]
 古来から月は、願掛けする対象だったようで、特に女性の方には効果が高いと言われています。ただ、願掛けをするのに効果的な月齢というのがあるらしいです。また、月に願掛けするのに一番大切な事は、願掛けしている時は、一切ネガティブな事をイメージしない事で、願いが叶ってハッピーな自分を、頭の中に具体的に描く事が成功の秘訣と言われます。 
PROFILE
タリズマン・マスター
タリズマン・マスター
1995年から、この伊達市に、占いスペースを開き、運命アドバイザーとして占いをおこなっています。  
札幌、苫小牧など、遠方よりお越しになる方も、多く占わせていただいています。  
 
占いに使うアイテムは、タロットカード、占星術、など、多岐にわたりますが、アイテムをガイドとして使いながら、霊感によって、その人の本質を霊視します。  
この仕事についたのは、運命だと思っています。 
ブログ検索