伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:5] [昨日:1] [78] rss feed
[2019.07.07]
■7月7日は七夕ですね・・・。
今日は天の川が見れる星空になるんでしょうかね?  
 
 
 
 
 
 
さて、天の川といて  
 
 
織姫と彦星  
 
 
1年に一回だけ出会えると言われて  
 
 
育ってきた幼少時代  
 
 
そのまま、伝説のように伝わった  
 
 
七夕伝説・・。調べて分かったことがありました。  
 
 
 
織姫と彦星の伝説は中国の話  
 
 
 
へ〜!!って感じでした≪笑≫  
 
 
 
しかし日本でも平安時代に七夕伝説が語り継がれて  
 
 
中国とはちょっと違う形で伝わったようです・・。  
 
 
 
 
ちなみに日本は?  
 
3人の娘を持つ男のもとに大蛇がやってきて、命と引き換えに娘を嫁に差し出すよう要求をされる  
末娘のみが、父親のために進んで自分が嫁ぐ意志を見せる  
 
 
娘が大蛇のもとに行くと、大蛇から美しい男が出てきて、“天稚彦”と名乗り、二人は幸せに暮らすようになる  
 
 
 
ある日天稚彦は「天に用事がある」の言い天に帰るがしばらくたっても帰ってこない  
娘は自ら天に向かうが、天稚彦の父親は実は鬼であり、娘と天稚彦の関係をよく思わなかった  
 
 
 
父親は娘に無理難題をけしかけるが、それを次々とこなしたため、二人の仲を認め、年に一回合うことを許可する  
 
 
 
娘と天稚彦の間に爪を打ち付けると、大水が表れて、それが天の川になり、二人を隔てるが、7月7の夜だけ会うことができるのである  
 
 
 
 
中国では?  
 
 
地上に天女が水浴びに来る  
ある若者は、長年連れ添っている年老いた牛の助言に従い、その天女の天衣を盗むことで、天に帰れなくして自分の嫁にすることになる  
 
 
 
やがて二人に子宝に恵まれ、幸せに暮らす  
ある日、上帝が天女がいつまでも帰らないことに怒り、神兵を遣わせて天女を連れ帰る  
 
 
 
若者が天に昇るために、牛は自らの命を断って自分の皮を使わせる  
若者は牛の皮をまとい、子どもと一緒に天女の後を追うが、追いつこうとするところで二人の間に川ができ、どんどん距離が離されていく  
若者とこどもはその川の水を柄杓ですくい始める  
 
 
 
この健気な姿に感動した上帝は、1年の間、7月7日だけ合うことを許可した  
 
 
 
ちなみに、天の川に隔てられた牽牛星と織女星がそれぞれ若者と天女で、牽牛星の隣に並ぶ小さな星が、二人のこどもだと言われている  
 
 
 
どちらが正しいか?っていうのはわからない  
・・・。  
 
 
 
わかっているのは7月7日だけ会える  
 
 
という伝説・・・。  
 
 
きっと昔の詩人が七夕伝説をイメージしたものが  
 
 
語り継がれてきたんだろうね・・・。  
 
 
 
そうそう!!  
 
 
七夕伝説  
 
 
日本や中国のほかに  
 
 
ギリシャやフィンランドでもあるようです・・。  
 
 
またちょっと日本とは違う  
 
 
その国の風情にあった七夕伝説のようです・・。  
 
 
 
それでは、天の川が見られる天気にな〜れ!!  
 
 
PS ご予約あいております!!  
 
是非お越しください!!  



▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
ああ〜遊行!!
麗人 Love Earth
麗人 Love Earth
★誕生★ 
12月10日 洞爺湖のほとり 
 
★血液★ 
興味がないがO型みたい 
 
 
★趣味★ 
創造 
 
5歳で父の仕事の関係で岩手県に・・。 
 
修行時代>高校を卒業後千葉県の大友美容室で10年間みっちり修業・3年程、姉のサロンで店長として修業 
 
遊行の始まり> 
Cut&Perm麗人 1995年10月7日OPEN、 
遊行が始まった、始まった頃は苦行の連続<笑> 真面目にリサーチしてお店をするべきだった・・。と後悔の日々・・・。 
しかし生まれながらの恵まれた環境に育ち、苦労知らずで生きている<笑>  
 
2007年12月10日 
麗人Love Earthに名前を変える。 
そして新しい基地を構える。 
みなさんのご指示で立派な基地がオープンしました。 
 
生まれただけでぼろ儲け・・。 
 
目標 
「楽しむこと・・。」 
「人生はたった一度きり・・。自分の人生の映画を主演で演じきる」 
 
麗人HP 
http://reijin.website/ 
ブログ検索