伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:2] [昨日:2] [142] rss feed
[2017.06.22]
■クラブユース選手権。
まさかの初戦敗退です…  


 土曜日、夕張平和運動公園にて、クラブユース選手権1回戦が行われました。相手は網走FC。初めて対戦する相手で情報もなし。ちょっと不気味。とはいえ、道南ブロックカブスでは、徐々に調子あげており、クラブユース選手権も期待感があったのですが…  
 
 雨続きで芝生が刈れなっかたのか、かなり長めの芝生。これでは、ボールは走りません。週末に雨が続いたことで、ピッチがデコボコ。ラグビーボールのように予測不可能なバウンドをする時があるくらいに荒れていました。  
 
 そんなピッチ状況が気になったのか、集中を欠く立ち上がり。ボールもカブスリーグの試合球と違うこともあり、相手のロングボールをきちんと弾き返すこともできません。緩慢な守備から危ないシーンをつくられるなど、一度気持ちをリセットしないと危ないなと感じていた時、判断ミスから先制されます。  
 
 相手の縦へのパス。対応した選手が難なく身体を入れることに成功。しかし、長い芝生でボールが止まり、ゴールラインを割りません。素早く切り替えてクリアすればよかったのですが、相手に奪われ失点。この失点で、明らかに浮き足立ちました。  
 
 浮き足立ちディフェンス・ラインを押し上げられなくなったところに、相手GKのロングキック。ヘディングで弾き返せばよかったのですが、ディフェンス・ラインが必要以上に下がってしまっていたので、バウンドさせてしまいした。  
 
 それでも、相手との間に体を先に入れていたのですが、ボールを処理することができずに相手に奪われました。そこに対して守備に行くのですが、そこでPKをとられてしまいました…   
 
 ちょっと厳しい判定だったような気もしますが、弾き返すべきボールだったし、身体を先に入れていたので、処理もできたはずの場面だったので致し方ありません。一緒に試合を観ていた高校の先生も「先に身体を入れてたのに、どうしたんだろうね?」という感想。  
 
 おそらくは、長い芝生やデコボコのピッチが気になり、バックパスすべきかクリアすべきかなんてことを迷ったのだろうと思いますが、この失点も痛い失点でした。  
 
 といっても早い時間帯での2失点だったので、気持ちを切り替えることができれば十分チャンスがあった試合でしたが、すっかり意気消沈。およそ30分間、ラインは押し上げられず中盤の運動量も上がらず、全く試合になりませんでした。この立ち上がりからの30分間が痛かった…  
 
 飛び道具があるので、それを生かして1点を返します。1点を返したことで息を吹き返し、前半の残り時間でも何度もチャンスをつくります。エリア内で倒されたときに、アシスタントレフェリーは「PK」の判定をし旗を振りましたが、主審の笛はならず… 運にも見放されました。  
 
 後半も開始から怒涛の攻撃。4・5回は決定機があったと思いますが、相手GKのファイン・セーブもあり、決められませんでした。決められない理由の一つには、以前から指摘している通り、ペナルティ・エリア内に人数をかけられないことが挙げられます。  
 
 チャンスのほとんどが裏に飛び出して1対1になったもので、ボール・キャリア以外に味方がいないことが多いです。こうなると、相手GKはボールに集中すればいいので、ビッグ・セーブも出やすくなります。  
 
 GKがはじいたボールを拾っての2次攻撃・3次攻撃につながることもほとんどなかったことから、エリア内に人数をかけられていないことがわかると思います。  
 
 攻め続けるも決められずにいたところで、カウンターから3失点目。これで完全に気持ちが切れてしまいました。おそらくは4失点目・5失点目あたりは通常の精神状態ならきちんと対応できて失点まではいかなかったと思いますが…  
 
 その後、1点を返すも5失点大敗… 内容にも乏しい残念な試合でした…  
 
 サッカーは人間がやることなので、この試合のようにうまくいかないこともあるのですが、そういううまくいかない時間帯をどうやって我慢してやり過ごすかという策がない気がしましたね。  
 
 こんな時はリズムが回復するまで、相手のディフェンス・ラインの裏にロングボールを入れて、相手を背走させることが有効です。そうすることで相手は消耗しますし、自分達は少しずつ冷静さを取り戻すことができます。  
 
 また、攻め込んでいる時間帯にも課題が。後半、相手の左サイドバックがうちの右サイドを止めきれず、かなり消耗していました。そこを徹底して突くべきでしたが、そこからなぜか左サイドにボールを展開。  
 
 そこは、相手の守備の強いところでもあるので、全くそこからチャンスはつくれず、消耗している左サイドをただ休ませることになってしまいました。  
 
 まぁ、とにかくうまくいかない1日でした。こんな日もあるのですが、冷静さを欠くと自分達で打開する策を少しも見いだせないのが課題。  
 
 でも、今シーズン2回目だから、経験から見出せるかな。これでカブスに集中です!  
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
北湘南SS・U12
プロフィール
サッカー好きな哲学者
サッカー好きな哲学者
文学部哲学科卒 読書好き 
 
最近読んでいるのは、 
中室牧子著 
「学力の経済学」 
グレッグ・マキューン著 
「エッセンシャル思考」 
 
しかし、信じてくれる人は少ない… 
 
日本サッカー協会公認 B級コーチ 
北海道サッカー協会公認 
キッズ・テクニカル・コーチ 
 
北湘南サッカースクール コーチ 
北海道女子代表チーム コーチ 
ノルディーア北海道 コーチ 
室蘭地区トレセン コーチ 
壮瞥ジュニアスポーツ教室 コーチ 
けいおう幼稚園でもコーチ 
 
などなど、いろいろなところでコーチ業を営む。 
 
しかし、コーチ業での収入はない… 
ブログ検索