伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [138] rss feed
[2017.06.05]
■全日少リーグ。
昨日、雨天順延分を開催しました。  


 きちんと自己を反省してから、昨日で3試合目。先週からリスクはあるものの、これまで通りビルド・アップをして手数をかけて攻撃しようということで、再度「北湘南スタイル」にこだわってプレーするようにしています。  
 
 GKやDFがやみくもにロングボールを蹴るシーンが激減しました。そのかわり、ミスがそのまま大ピンチになることもしばしば。失点のほとんどはビルド・アップしようとしてのミスからです。  
 
 でも、やっぱりやることが明確になるといいですね。たとえミスをしたとしても、何をしようとしてのミスなのかがハッキリするので、何を修正すればうまくいくのかも考えやすくなります。  
 
 そうすると、1週間のトレーニングの構築もしやすくなるので、先週よりは昨日のゲームのほうがいいタイミングで縦パスが入る本数が多くなってきました。  
 
 うちのクラブで目指すポゼッションは、縦パスがとても重要です。横と後ろでするポゼッションは、ほとんど意味がないと思っていて、いかに縦方向にボールを動かしながらポゼッションするかが肝です。  
 
 その意味では、昨日のゲームは合格点。縦を意識しながらの横パスやバックパスができていて、ハーフウェイラインを超えるところまでは、相手を上回っていたと思います。  
 
課題はその先ですが、まだそこに着手してないので、それはしかたない。もうちょっとハーフウェイ・ラインを超えるところまでがスムーズにできるようになったら、そこに着手します。  
 
 課題はオフの時の準備。ボールがないときに、スイッチが切れてしまう選手が多いです。動きが止まるだけでなく、思考が停止してしまうのが一番の課題。  
 
必ずしも動けばいいわけではないので、動いていないときがあってもいいのですが、思考が止まっているのは問題。  
 
 思考が止まっているので、攻守の切り替えが遅いだけならいいのですが、攻守の切り替えがない。ベンチからの声で慌てて動き出すシーンが散見されました。  
 
「みる」ことはいつも強調していますが、「みる」が、「ただぼんやり眺める」になっていて、「観る」になっていません。  
 
 うちのU12で、「みる」を「観る」と表現するのは、「みる」を「しっかりと観察し、判断のための材料をつくる」ことと捉えてるから。ここはもう一度強調しなければなりませんね。  
 
 自分達のスタイルに立ち返ることを決めてから3週間。リーグ戦3試合とU13との練習試合+6回のトレーニング。たったこれだけでかなり前進することができました。そう考えると、リーグ戦の前半を無駄にしてしまったなとつくづく思います。  
 
 目標が明確になっていれば、進歩も早いことをこの3週間で改めて感じました。1か月ほど無駄に使ってしまったので、これからギアを上げて取り返したいと思います。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
北湘南SS・U12
プロフィール
サッカー好きな哲学者
サッカー好きな哲学者
文学部哲学科卒 読書好き 
 
最近読んでいるのは、 
中室牧子著 
「学力の経済学」 
グレッグ・マキューン著 
「エッセンシャル思考」 
 
しかし、信じてくれる人は少ない… 
 
日本サッカー協会公認 B級コーチ 
北海道サッカー協会公認 
キッズ・テクニカル・コーチ 
 
北湘南サッカースクール コーチ 
北海道女子代表チーム コーチ 
ノルディーア北海道 コーチ 
室蘭地区トレセン コーチ 
壮瞥ジュニアスポーツ教室 コーチ 
けいおう幼稚園でもコーチ 
 
などなど、いろいろなところでコーチ業を営む。 
 
しかし、コーチ業での収入はない… 
ブログ検索