伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:1] [163] rss feed
[2017.05.01]
■Kappa Kids Cup2017
土日、2〜4年生は、室蘭入江でKappa Kids Cupに参加です。 


 4年生以下は選手登録をしていないので、登録関係なしに出場できるこういうフェスティバルは、本当にありがたいです。スタッフの人数の関係で、これまで参加してこなかったんですが、今年はスタッフが足りないながらも、思い切って参加することにしました。  
 
 諸々の都合上、2年生の試合しか観ることができませんでしたが、2年生は年明けくらいから真面目にトレーニングするようになっていたので、その成果が試合にも表れていました。  
 
 いつも自分のチームしか観ていないので、チーム内の基準でしか選手を評価できません。なので、たまにこういう機会があるとスタッフにとってもとても有効な機会になりますね。  
 
 選手達も何試合か勝つこともできたので、結果にもつながったので自信にもなると思います。  
 
 他の学年も、トレーニングの成果が確認できたようで、いろいろな意味で全体へのプラス効果は大きいと思われます。しかし、同時に課題も確認できたので、その課題を整理してトレーニングの中に順次落とし込んでいく必要がありますね。  
 
 そして、試合を観て感じたことは、日常のゲームの質をもっと上げないといけないなぁと感じました。実は、最近、5・6年生のトレーニング(もっと言うと中学生のトレーニングも)でも感じていたので、個人的にはそれを再確認できたのが一番の収穫かな。  
 
 練習試合・公式戦にかかわらず、対外試合となると気持ちも入るし球際の攻防も激しくなります。それはそれで悪いことではありません。でも、外に出た時だけ必死にやろうと思っても長くは続きません。  
 
 それに、普段のミニ・ゲームも含めて守備の激しさがないと、攻撃にプレッシャーがきちんとかからないので、攻撃の選手はプレッシャーがきつい相手と試合したときに本来持っている良さを発揮できないことになってしまいます。  
 
 今回のフェスでは、順位の関係から2日目に3年生が身内対決になったようですが、かなり熱い試合になったようです。それが日常の標準にしないといけませんね。「他のチームと試合したほうが楽だなぁ…」と思えるくらい日常の質が高まるといいですねぇ。  
 
 そこはトレーニングの中で働きかけていかねばなりませんね。  
 
 そんな感じで2〜4年生は外に出て、5・6年生は日曜日に全日少リーグが1試合だけあるため、リーグ戦にでない5・6年生のみで土曜日にトレーニングをしました。  
 
 最近、5・6年生の中でも差が大きくて、同じ内容でのトレーニングが難しかったにで、ちょうど良い機会となりました。  
 
 リーグ戦に合わせたトレーニングをすると、5・6年生の半分はトレーニングの内容についていけない感じだったので、少し整理できたんじゃないかなと思います。最近、トレーニングもなかなか難しいですねぇ。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
北湘南SS・U12
プロフィール
サッカー好きな哲学者
サッカー好きな哲学者
文学部哲学科卒 読書好き 
 
最近読んでいるのは、 
中室牧子著 
「学力の経済学」 
グレッグ・マキューン著 
「エッセンシャル思考」 
 
しかし、信じてくれる人は少ない… 
 
日本サッカー協会公認 B級コーチ 
北海道サッカー協会公認 
キッズ・テクニカル・コーチ 
 
北湘南サッカースクール コーチ 
北海道女子代表チーム コーチ 
ノルディーア北海道 コーチ 
室蘭地区トレセン コーチ 
壮瞥ジュニアスポーツ教室 コーチ 
けいおう幼稚園でもコーチ 
 
などなど、いろいろなところでコーチ業を営む。 
 
しかし、コーチ業での収入はない… 
ブログ検索