伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [134] rss feed
[2017.04.17]
■道南ブロックカブスリーグ開幕。
日曜日、ホームで道南ブロックカブスリーグが開幕しました。 


 プリマヴェーラ函館との対戦。ここ数試合は道カブス所属のチームにも勝利を重ね、仕上がりは順調。金曜日には道カブス1部・スプレッド・イーグルと短い時間ながらも試合をし、ハイ・プッレシャーのゲームを体感。いい調整ができたと思ったのですが…  
 
 U15は、残念ながらふがいない試合内容となりました。  
 
 うちは道カブスからの降格組ですので、相手にとっては格上。相手は、あまり前からプレッシャーをかけずにカウンターを狙う作戦。テンポが速いサッカーにしないように、セットプレーにも時間をかけて、うちのペースにさせない工夫をしていました。  
 
 ものの見事にそれにはまりましたね。特に3年生がどっぷりとはまってました…   
 
 高い位置でプレッシャーをかけてこないことから、ディフェンス・ラインと中盤の真ん中で球離れが遅くなり、前線とサイドの選手の動き出したタイミングでボールが出てきません。  
 
 ボールが出てこないので、前線やサイドの選手が止まってしまうのですが、その足が止まったタイミングでボールが出てくるので、常に止まった状態でプレーしなければならず、そこを相手に狙われてしまい攻撃が停滞。  
 
 石狩FCやDOHTO・Jrなどの好チーム相手にいいサッカーができたのは、ディフェンス・ラインとボランチの選手が球離れがよく、パスを受ける選手がノッキングを起こさないから。自分たちのストロング・ポイントを、自ら放棄してしまうことになりました。  
 
 守備も緩慢。特にディフェンス・ラインの選手達は、相手が縦に入れてくるボールに対して緩慢な守備を繰り返します。  
 
 早い時間帯に相手のFWが1人ケガで退場し、代わりに入ってきた選手がスピードがなかったので崩されずに済んでいますが、スピードがある選手が1人いたら痛い目に合っていたでしょうね。  
 
 ディフェンス・ラインが縦に入ってくるボールに対して緩慢なので、簡単に自陣深くまでボールを運ばれてしまいます。そうすると、前のポジションの選手達も後ろまで戻らなければならず消耗します。  
 
 ただでさえ、止まった状態でのプレー回数が増えているところで、深い位置まで戻らなければならない回数が多かったので、より一層攻撃は手詰まりとなっていきました。  
 
 最終的には地力の差で押し切って4−0としますが、おそらく今シーズン最悪の試合内容なのでは。これでは「1年での道カブス復帰」は、絵に描いた餅ですね。  
 
 下級生が、力差のある相手になめてかかり、そうなるなら仕方ありませんが、3年生には自分達で気づいて修正してほしいところ。  
 
 気づき判断し修正する能力は、長いシーズンを戦い抜く上で欠かすことができません。  
 
 幸いにして結果は4−0の勝利で痛い目に合わずに済んだので、これをいい教訓にして次に向かってもらいたいですね。  
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
北湘南SS・U12
プロフィール
サッカー好きな哲学者
サッカー好きな哲学者
文学部哲学科卒 読書好き 
 
最近読んでいるのは、 
中室牧子著 
「学力の経済学」 
グレッグ・マキューン著 
「エッセンシャル思考」 
 
しかし、信じてくれる人は少ない… 
 
日本サッカー協会公認 B級コーチ 
北海道サッカー協会公認 
キッズ・テクニカル・コーチ 
 
北湘南サッカースクール コーチ 
北海道女子代表チーム コーチ 
ノルディーア北海道 コーチ 
室蘭地区トレセン コーチ 
壮瞥ジュニアスポーツ教室 コーチ 
けいおう幼稚園でもコーチ 
 
などなど、いろいろなところでコーチ業を営む。 
 
しかし、コーチ業での収入はない… 
ブログ検索