伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [132] rss feed
[2017.04.03]
■1UPしました!
土日、U12フェスティバル・野口観光カップがまなびの里を中心に開催されました。 


 先週、全道的に予定外の大雪が降ったらしく、隣の室蘭市・登別市は降雪により、土曜日は急遽グランドが使用不能になった模様。最近、伊達市外に出ることがなかったので、全く気がつきませんでした… 伊達は全く問題なし! 伊達って素晴らしい!  
 
 ということで土曜日。所々に冬場のトレーニングの成果はみられるものの、いいプレーが点在している感じで1本の線にならず。屋外でのトレーニングも始めたばかりであることや久しぶりにクレーのピッチでプレーしたことで、達成感を持つことができずに、気温と同様にテンションも低めでした。  
 
 うまくいかない理由は極めてシンプルなこと。ちょっとしたポジショニング・ちょっとした身体の向き・人工芝とクレーのピッチの違いによるちょっとした微調整・試合の中での優先順位…  
 
 コーチとしての立場から言うと、順調に前進していると捉えています。昨年度とは違うこと(難しいこと)をやろうとしているので、そんなに簡単にはできないことはわかっていますし。トレーニングで順番に整理していけばいいかなという感じです。  
 
 が、選手の立場だと、いいプレーがあっても繋がらないと達成感がないので、どうしても自己評価も下がりがちに。自己評価が実際よりも低くなると、どうしてもネガティブな言い方・ネガティブな思考になりがちです。そんな負のサイクルに陥ってしまった1日目でした。  
 
 そして2日目。1日目の疲労・ネガティブな負のサイクルがそのまま試合に出てしまいました。疲労感も強かったので、集合時間を30分遅らせたこと・ウォームアップをできるだけ少なくしたこと・その上で8:30キックオフだったことも影響したと思います。  
 
 試合の中で目標としたこともファースト・プレーで反故にし、そこからミスに繋がり失点。立ち上がりに自らのミスで失点したことで慌ててしまい、いい判断もできなくなりました。さらに6年生が慌ててしまったことで、5年生も意気消沈。運動量も少なすぎて、3月にグランドに出てから最低の試合内容になりました。  
 
 試合後に、うまくいかないときの気持ちの立て直し方について話をし、個人的に何人かの選手とも「慌てない」ことと自分達の強みは何かを確認しました。そして、全体にシンプルにボールを運ぶ時に考えることを伝えました。  
 
 その後、次の試合の前に選手達だけでミーティングをしてました。話していた内容はわかりません。  
 
 そして、迎えた午前中の最終試合。全く別のチームに生まれ変わったかのような試合。ポゼッション率が上がり、疲れているはずなのに運動量も3割増。運動量が増えたことで、攻守の切り替えが速くなり昨年度から取り組んでいるプレス・バックも効いていました。  
 
 攻撃面でも後方から斜めに入るボールの精度がとても高く、効果的なボール・ポゼッションができました。自分達よりもフィジカルが高い相手でしたが、ゲームを支配することができ無数のチャンスをつくることができました。しかし、決めきれずカウンター1本で負けてしまいましたが…  
 
 さて、別なチームになったかのような変貌ぶりはどこにあったか。これは、試合前に選手達が開いたミーティングに理由があると分析しています。内容は一切わかりませんが、キャプテン・副キャプテンを中心に効果的な話ができたということでしょう。  
 
 たぶん、今シーズン、うまくいかなくなったときに、「立ち返る場所」になるであろう試合を、自分達の力でつくることができたのは大きいですね。試合中はベンチいた選手達にも一体感があったし、ベンチにいる選手からも「観ていても面白いゲーム!」という声が上がるほどの試合でした。  
 
 年明けころから、「会話の量は、試合の質と比例する」ということをことあるごとに言ってきましたが、それを選手達が自らの力で実践できたことが素晴らしです。  
 
 その後、練習試合も含めて試合の質はガラッと変わりました。なかなか得点を挙げることができず結果に反映できない試合も多かったんですが、チームとしての軸はできました。  
 
 最終戦では、「PKを決めれば勝利」というところまでいきましたが、ここでもピッチの中で「PKをとった選手が蹴れ!」という判断がありました。ベンチから指名するならば絶対に指名しない選手。PK戦になっても最初の5人には入れないでしょうね。  
 
 しかし、今後の個の成長を考えたら、この判断はファイン・プレーですね。結果的にはPKをはずし引分けで終わりますが、悔しさをバネにより一層トレーニングに励むと思います。  
 
 2日間で6年生を中心に大きく成長しました。もう、スタッフがあまりうるさく言わなくていいかもしれません。新年度、素晴らしいスタートを切れました! 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
北湘南SS・U12
プロフィール
サッカー好きな哲学者
サッカー好きな哲学者
文学部哲学科卒 読書好き 
 
最近読んでいるのは、 
中室牧子著 
「学力の経済学」 
グレッグ・マキューン著 
「エッセンシャル思考」 
 
しかし、信じてくれる人は少ない… 
 
日本サッカー協会公認 B級コーチ 
北海道サッカー協会公認 
キッズ・テクニカル・コーチ 
 
北湘南サッカースクール コーチ 
北海道女子代表チーム コーチ 
ノルディーア北海道 コーチ 
室蘭地区トレセン コーチ 
壮瞥ジュニアスポーツ教室 コーチ 
けいおう幼稚園でもコーチ 
 
などなど、いろいろなところでコーチ業を営む。 
 
しかし、コーチ業での収入はない… 
ブログ検索