伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [124] rss feed
[2017.03.24]
■節目。
今月は、いろんな節目がありました。 


 今月半ば。けいおう幼稚園での今年度の活動が無事に終了しました。自分自身にとっては、けいおう幼稚園での活動は、通年化してちょうど10年目。  
 
 とある作家の言葉で「10年続ける」ことの大切さと難しさが書いてあったことがあるので、始めた当初、まずは「10年続けてみよう」と心に決めてスタートしました。  
 
 その目標としていた10年目の活動の最終回。今年度の活動が終わる節目でもあったのですが、やり始めた当初の目標を達成する節目でもありました。自分自身を振り返ってみても、10年以上続いていることはサッカーと仕事しかありません(サッカーの方がはるかに長い)。  
 
 幼稚園での活動も10年続けてみて、子ども達の扱いにもかなり慣れてきたと思っていましたが、今年の年長さんは10年目(通年になる前も含めると11年目)にして、初めての雰囲気を持つ集団で、新しい経験をすることができて新鮮でした。  
 
 10年たった時に後継ぎがいたら辞めようかなと思ったこともありましたが、幼稚園児のきらきらした目をみているとリフレッシュされるので、体力的には時にきつい時もでてきたのですが、もう少し頑張ってみようと思います。  
 
 そして今週から、一部の学年だけですがU12もついにグランドに出ました。昨年よりも10日ほど早く外に出ることができました。久々の広いグランドでのトレーニング。しかも、一部の学年だけだったので20数名でグランド半分を使えました。  
 
 最初のトレーニングなので、視野を広げることと昨秋から取り組んでいることのおさらいをしただけだったんですが、5年生の選手達は「楽しかった!」・「時間が経つのが早かった!」・「やっぱりサッカーは外でやるもんだな」と口々に話してました。  
 
 サッカー選手らしいことを口にするようになりましたね。そんな些細な言葉も頼もしいです。  
 
 2月後半から、U12はどの学年もトレーニングに対するモチベーションがとても高くなっていて、これまでと雰囲気が変わってきました。  
 
 全体で取り組んでいることも、これまでよりも難しいことにチャンレンジしているので、すぐに結果に反映されないかもしれませんが、今シーズンもとても楽しみになってきました。  
 
 体育館でのトレーニングが終わる節目を、とてもいい状態で迎えることができています。体育館からグランドへと切り替わる節目を、U12を立ち上げてから一番いい状態で迎えられそうです。  
 
 グランドから体育館へ切り替わった時には不安の方が大きかったのですが、わずか3〜4カ月の間にガラッと変わりました。何がキッカケでどう変わるかわからないものですね。U12の指導は、こういうところが新鮮で面白いです。  
 
 いい節目の迎え方ができたので、選手達のモチベーションに応えられるよう、コーチ陣が忍耐強く頑張らなければなりませんね。  
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
北湘南SS・U12
プロフィール
サッカー好きな哲学者
サッカー好きな哲学者
文学部哲学科卒 読書好き 
 
最近読んでいるのは、 
中室牧子著 
「学力の経済学」 
グレッグ・マキューン著 
「エッセンシャル思考」 
 
しかし、信じてくれる人は少ない… 
 
日本サッカー協会公認 B級コーチ 
北海道サッカー協会公認 
キッズ・テクニカル・コーチ 
 
北湘南サッカースクール コーチ 
北海道女子代表チーム コーチ 
ノルディーア北海道 コーチ 
室蘭地区トレセン コーチ 
壮瞥ジュニアスポーツ教室 コーチ 
けいおう幼稚園でもコーチ 
 
などなど、いろいろなところでコーチ業を営む。 
 
しかし、コーチ業での収入はない… 
ブログ検索