伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [127] rss feed
[2017.03.09]
■ビック・ゲーム!
チャンピオンズ・リーグ。決勝トーナメント1回戦。  


 早起きして観ましたよ。ファースト・レグは、パリSGがホームで4−0完勝。いくらパリSGのホームとはいえ、あのバルサが0−4で負けるとは! まさかそんなゲームになるとも思っていなかったので、この試合は見逃しました。  
 
 今年のバルサのゲームは、これで見納めかなと思ったので、今日は早起きして観ました。もちろん、バルサが負けるという前提で。さすがに、4時半には布団から出られず、5時に起きてテレビをつけました。そしたら、すでにバルサが1点リード。まさか。  
 
 テレビをつけてからも、バルサが圧倒的なボール・ポゼッション率でボールを持ち続けます。でも、それでOK。パリSGは、あと2点獲られてもOKなんですから。だから、そんなに慌てているようにはみえませんでした。  
 
 そして、バルサ2−0でハーフタイムへ。ハーフタイムを挟んだことで、パリSGが修正。守備にしかたを若干タイトにした感じでしたね。とはいえ、0−3になってもOKの状況なので、そんなに無理して守備をする気もなそうな感じでしたね。  
 
 なにしろ、初戦を4−0で勝っているので、仮に1点でも挙げることができたなら、アウェイ・ゴール2倍ルールで、ほぼ勝利は決します。  
 
 ベンチには、攻撃のカードとして万全ではないもののディ・マリアが控えています。1点だけを取りに行くなら、今のパリSGにはそんなに難しいことではないでしょう。  
 
 そして、ネイマールが倒されてPK。ゴール前にいる審判の好ジャッジでしたね。それにしても、スアレスとネイマールは何でもないところですぐに転んでファールをもらおうとするので、主審が全く信用してない感じでしたね。そろそろ、そういうところに気づいて修正すべきでしょう。  
 
 3−0までくると、バルサが押せ押せになりますが、そんな状況を一変させる一撃が。カバーニ。右足を振り抜きました。やはりストライカーには迷いがありません。  
 
 迷いがないから、シュートを打つ足の振りが速い。速いから守備も寄せきれない。だから、少ないながらもシュートコースが空いて、シュートを決めることができる。素晴らしい!  
 
 これで、ほぼ勝負は決しました。普通なら。事実、バルサが4点目を決めた時、バルサの監督は全く喜んでいませんでした。負けを覚悟していたのでは。  
 
 でも、終盤に5点目が決まり、アディショナル・タイムに6点目が! もう驚きしかありません。この辺の共済リーグとかカブスリーグなら、こんなスコアのゲームはあり得るかもしれません。でも、これはチャンピオンズ・リーグ。いくらバルサとはいえ、相手はフランスリーグのチャンピオン。弱いチームじゃありません。  
 
 この試合から言えることは、「あきらめない」ことが大事なんだなぁということ。このクラスの選手でも、気を抜けば4−0で負ける。後がなくなって追い詰められたら6−1で勝つ。気持ちの持ちよう。  
 
 気合いでなんでも片づけるのは好きじゃありませんが、望むような結果が欲しければ気合いも大切な要素になるということですね。そんなことを感じた試合でした。  
 
 早起きして良かった!   
 
 気合いを大事にしつつ、気合いに頼らないエビデンス(根拠)を重視したコーチングを頑張ります! 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
北湘南SS・U12
プロフィール
サッカー好きな哲学者
サッカー好きな哲学者
文学部哲学科卒 読書好き 
 
最近読んでいるのは、 
中室牧子著 
「学力の経済学」 
グレッグ・マキューン著 
「エッセンシャル思考」 
 
しかし、信じてくれる人は少ない… 
 
日本サッカー協会公認 B級コーチ 
北海道サッカー協会公認 
キッズ・テクニカル・コーチ 
 
北湘南サッカースクール コーチ 
北海道女子代表チーム コーチ 
ノルディーア北海道 コーチ 
室蘭地区トレセン コーチ 
壮瞥ジュニアスポーツ教室 コーチ 
けいおう幼稚園でもコーチ 
 
などなど、いろいろなところでコーチ業を営む。 
 
しかし、コーチ業での収入はない… 
ブログ検索