伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [176] rss feed
[2017.01.30]
■少し歯ごたえが出てきましたね。
土曜日、Dリーグ(伊達地区U14・U13フットサルリーグ)です。 


 午前中のU14リーグは観ていないので、分析はできませんでしたのでノーコメント。午後のU13の部のみレポートさせていただきます。  
 
 まず1週間前のリーグ戦で、スタッフチームが伊達中に終了間際に逆転負けを喫したことまで遡ります。この1勝の影響が各チームにも「勝てる!」という感情をもたらしたようで、1週前のとは違い各チームとも球際の粘り強さがでてきました。フィニッシュの場面でも、シュートブロックの足が出てきましたし。  
 
 そのおかげで、スタッフチームは各チームとの対戦に四苦八苦しました。伊達中1年生は最後まで粘られ辛くも引き分け。北湘南Bには、最後の最後にやっと勝ち越し。北湘南Aにも勝利しましたが、守備には若干の改善が観られました。  
 
 さて、うちのクラブに試合についてです。守備面に関しては球際の強さが出たことで、少しだけ改善がありました。  
 
 しかし、運動量が足りません。運動量が足りないといっても、1試合トータルの運動量ではありません。攻守の切り替えの場面でのことです。  
 
 ボール奪って前の選手にボールが入った瞬間。ボールを追い越して前に出ていく選手がいません。誰も前に出ていかないので、相手も下がりません。相手が下がらないので、当然、ボールを持っていない選手の周囲にスペースができません。  
 
 ボールを受けた選手が前を向いてドリブルで突破できればいいですが、そうならなければボールを動かせないので、打開できずに攻撃が手詰まりになってしまいます。  
 
 相手ボールになった瞬間。ボールに近い選手はボールへ。それ以外の選手は、素早くゴール前に戻り相手とゴールを結ぶ線上にポジションを取らなければなりません。しかし、ピンチにならないと守備に戻るスピードが上がりません。  
 
 守備に戻るスピードが遅いので、ボールにアプローチした選手がボールを奪っても、孤立してしまい奪ったボールを繋げません。  
 
 また、仮にボールを繋げたとしても、前に残ってゴールに背を向けた状態でボールを受けることになります。相手を背にしてボールを受けるのが下手なので、結局、ただボールを失うことになってしまいます。  
 
 ボールを奪った瞬間に、相手の背後にスピードを上げて走ることができれば、相手が下がればスペースができるし相手が下がらなければ自分がフリーになれます。  
 
 守備の時にスピードを上げて戻ることができれば、ボールを奪えなくてもシュートコースを消せるし、ボールを奪った時に前向きにプレーできる選手が増えます。  
 
 前向きにプレーできれば、相手の状況を把握できる選手の数が増えるわけですから、空いてるスペースを見つけられる可能性も高まり、ミスが減らせる可能性が高まります。  
 
 こんな感じで1番運動量が必要な場面での運動量が足りません。そのことで、自分達自身の状況を悪くしてしまっているので、そこは改善が必要です。  
 
 いつスピードを上げて走るかということだけで技術は全く関係ないので、心掛け次第ですぐにできることですからね。次回はもっと楽しませてくれることを期待しています。  
 
 この課題以外に、1年生は試合中に全くコミュニケーションがとれないことが話題になっていました。でも、よく考えるとうちの2年生も3〜4人喋れる選手がいるだけで、後はコミュニケーションが取れません。  
 
 そして、うちだけじゃなく伊達中も同じ課題を抱えています。虻田中くらいですね。ちゃんとコミュニケーション取っているのは。  
 
 このことについては、伊達中スタッフとも話をしましたが、単にサッカーの問題ということではないのではないかという結論に達しました。思うところがあるので、また別な機会で触れようと思います。  
 
 さて、今回のスタッフチームの苦戦の原因の一つとして、1週間前の試合内容について職場で調子に乗っていたスタッフがいたことが挙げられます。  
 
 調子に乗りすぎてコンディショニングに失敗したようです。職場で説教してもらう必要があります。職場でのご指導お願いします。反省してコンディショニングに気を使ってほしいです。  
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
北湘南SS・U12
プロフィール
サッカー好きな哲学者
サッカー好きな哲学者
文学部哲学科卒 読書好き 
 
最近読んでいるのは、 
中室牧子著 
「学力の経済学」 
グレッグ・マキューン著 
「エッセンシャル思考」 
 
しかし、信じてくれる人は少ない… 
 
日本サッカー協会公認 B級コーチ 
北海道サッカー協会公認 
キッズ・テクニカル・コーチ 
 
北湘南サッカースクール コーチ 
北海道女子代表チーム コーチ 
ノルディーア北海道 コーチ 
室蘭地区トレセン コーチ 
壮瞥ジュニアスポーツ教室 コーチ 
けいおう幼稚園でもコーチ 
 
などなど、いろいろなところでコーチ業を営む。 
 
しかし、コーチ業での収入はない… 
ブログ検索