伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:1] [178] rss feed
[2017.01.25]
■薪ストーブのあったかさ、おすそわけ
寒い日が続きます。 
ここは、一応「胆振地方」ですが、お隣りの喜茂別町まで数100メートル。気候的にも、位置的にも「後志地方」のようなところです。 
だから、寒さもひとしおです。 
薪を入れても入れても、なかなか部屋があったまらないまま、あっという間にオキになっていきます。。。 
 



一人でストーブを焚いているのがもったいなくて、今日はあんこを煮ることにしました。 
小豆は自家菜園で育てたもの。一粒一粒選別もしました。お気に入りの長年使い込んだ土鍋で焚きます。 
 
ときどき、びっくり水を差しながら煮ていきます。 
 
 
こうすると、早く柔らかくなるようです。 
ことこと、ことこと。。。 
 
♪あ〜ぶくたった、にえたった 
にえたかどうだか食べてみよ〜むしゃむしゃむしゃ 
…まだにえない♪ 
 
この、味見が大事ですね♡ 
 
 
一部は「塩小豆」用に取り分けます。ご飯に、この柔らかく煮た小豆をのせ、ごま塩をたっぷりかけて食べたら、マクロビ的にもパーフェクトフード。体を中から温め、利尿も促します。 
 
 
♪にえたかどうだか食べてみよ〜むしゃむしゃむしゃ 
…もうにえた!♪ 
 
さあ、お砂糖を加えてあんこにします。 
お砂糖は、少し前から奄美産100%のきび砂糖「素焚糖」を使っています。ものすごく深〜い味わいの茶色のお砂糖。香りも好きです。 
 
もちろん、おおきな木のお菓子作りもこれです。今までのきび砂糖よりも色が濃いので、クッキーやケーキの色が濃くなったな、とお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。 
 
あしたは、何を作ろうかな。。。 
 

▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
※コメントは承認後に掲載されます。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
森のケーキ屋おおきな木
森のケーキ屋 おおきな木
森のケーキ屋 おおきな木
ヨコハマ生まれの横浜育ち。大滝に最初に来たとき、自分の子どものころの風景と重なった。 
縁あってここに住み、つれあいと3人の子どもに恵まれ、好きなケーキ作り半分、畑半分の手作りの暮らしを続行中。 
安心素材を選んで、または自分たちで育て、小さな工房で受注生産し、全国へ発送しています。 
のんびり、日々の暮らしをつづっていきます。 
ブログ検索