伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:2] [733] rss feed
[2015.06.24]
■一粒のいちご
このところ、何件か落ち込むできごとことが続いて、どよーんとしていました。問題は自分にあることが多いので、ついずっと考え込んでしまいます。 
 
 
心が痛み、頭の中にもやもやがあって、そうすると、思うように体が動いてくれない。 
ブルーベリーの花 


そんな時は、モンペをはいて、麦わら帽子をかぶって畑へ出ます。 
WWOOFer(ウーファー)さんがいる間は、畑の草取りをお願いしますが、帰ってしまった後はもっぱらわたしの仕事です。 
草たちを見ていると、それぞれ工夫して、一生懸命生きていることを思い知らされます。 
土の中深ーく、太い根っこをはやし、スコップで掘ろうとしても途中で切れたら、そこからまた生えてくるもの。 
地面の表面近くに輪ゴムのような伸縮性のある根っこでつながり、途中途中で葉を出して、万一途中で切れてもどれかは助かるという作戦のもの。 
細い根をしっかり張って、引っ張ると切れてしまうので、なかなかすべては抜けないもの。 
あっという間に花を咲かせて、種を作り、種をばらまいてどんどん増えるもの。 
あの手この手で生きようとしています。 
 
また、虫たちの活動も盛んです。 
蚊、ぶよは常に顔の周りを飛び、黒すじちょう、紅しじみに混ざって、からすあげはも華麗な舞を見せてくれます。 
去年に続いて今年も、バッタが大発生。ハウスの中はまるで大きな飼育部屋のよう。芽を出したばかりのやわらかい葉っぱが、容赦なくかじられていきます。(涙) 
でも、こんなふうに親子で仲良くひなたぼっこしているのを見ると、ほほえましくてそっとしといてあげよう、と思うのです。 
 
子どもたちは常に、虫取り網を持って追いかけています。 
土の上にも中にも、たくさんの名前も知らない虫たち。自分の踏んでいる土の下には何十万の虫と微生物がいるといいます。 
 
もしかして、そんな生き物の毎日の活動に比べたら、わたしの悩みややっていることが、ほんの小さなもののように思えてきました。そして自分自身は、なんてちぽけなんだろうと。 
そう思って家の中に入り、着替えたら、窓際にいちごが一粒おいてありました。 
仕事から帰ったつれあいが、おみやげに持ってかえってくれたようです。うちのいちごは、まだ花が咲いているところなのに、大きくて赤いいちご。 
思わず口に入れたら、あま〜い!おいしさがじんわり広がって、この一粒のいちごに癒されました。 
 
 
そもそも人間は、迷惑をかけながら生きていくものなのかもしれません。そして、簡単に落ち込み、案外小さなことで立ち直れるものなのかもしれません 
 
せめて、同じ過ちはしないようにして、迷惑なことは少しずつ減らせるように、これからも生きていきたいなと思います。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(2)
名前:ののはな  2015.07.16 16:52:20
わ〜いらしたのですね。いつもありがとうございます。お時間あればお立ち寄り頂きたかったのですが、今回は残念。。。また次回にどうぞ。 
名前:大阪より  2015.07.12 10:57:43
大阪より本日室蘭へ〜✈  
またおおきな木さんの🍰やお菓子が食べたいです✨突然の✉で失礼しました。  
おおきな木さんのファンより🎵 

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
※コメントは承認後に掲載されます。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
森のケーキ屋おおきな木
森のケーキ屋 おおきな木
森のケーキ屋 おおきな木
ヨコハマ生まれの横浜育ち。大滝に最初に来たとき、自分の子どものころの風景と重なった。 
縁あってここに住み、つれあいと3人の子どもに恵まれ、好きなケーキ作り半分、畑半分の手作りの暮らしを続行中。 
安心素材を選んで、または自分たちで育て、小さな工房で受注生産。店舗はありませんが、ご注文のつど焼いて、全国へ発送しています。 
のんびり、日々の暮らしをつづっていきます。 
ブログ検索