伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:2] [1168] rss feed
[2015.04.14]
■ふきみそと銀シャリ〜昔話の様な暮らし
おさんぽに出かけた娘が、ふきのとうをひとつ取ってきてくれました。 
「これでふきみそつくって〜」と言います。 
「あと10個くらいないかなあ」というと、かごを持って再び外へかけ出しました。 
 
10分後、かごの中には10数個のふきのとう。



「これでできるね。」といったものの、仕事の区切りがつかづ、すぐに手を付けられません。 
娘はひまそうにしていたので、洗ってもらえないか頼んだら「いいよ!」と言います。 
それじゃ、まず茶色い外側の葉をはがして、ボウルに入れて、お水できれいに洗ってくれる? 
わたしの言った通りに一生懸命やっているようす。 
 
ようやく仕事が一区切りついたので、「一緒にやろう!」と大きなまな板で一緒にザクザクきざみ、フライパンで炒めて、自家製味噌とみりんとおいしいお砂糖で味付けしたらできあがり。 
 
味見して、「うん、おいし〜い!」とまんぞくげな娘。 
 
 
その夜、いつもは3分づきの茶色っぽいご飯を食べている我が家ですが、せっかくふき味噌があるから、と白米に精米しました。すると喜んだ息子が、「オレがご飯炊いてあげる!」 
 
そして、何度も何度も水を取り替え、飲んでも良いくらい透き通るまでとことんといでから、圧力鍋を火にかけ、炊いてくれました。 
 
炊きあがったご飯は、まさにぴかぴかのもちもち。「銀シャリ」です。 
わたしは、豚汁を作り、娘のふき味噌をおかずに、息子の銀シャリをみんなでいただいたのでした。 
 
ふき味噌の甘さの中のほろ苦さと、ぴかぴかのご飯は、疲れた体を温め、心をあつ〜くしてくれました。 
 
なんか、こんな、日本昔話みたいな暮らしっていいな〜なんて思ってしまいました。 
めでたしめでたし。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(2)
名前:ののはな  2015.04.21 06:07:18
大阪よりさま  
先日は、わざわざお立ち寄り下さりありがとうございました。短い時間でしたがお話しできて楽しかったです。  
また、北海道へお越しの際は、連絡お待ちしています! 
名前:大阪より✉  2015.04.19 00:50:24
ふきみそと銀シャリ😌😌😌サイコー😍💓💓  
聞いただけで、お腹がすいてきそうです🐤💨💨💨💨💨  
 
と、突然失礼しました。  
3月に🎂をお願いしたものです❗😌  
(覚えていていただけるといいな…)  
その後、突然訪問したにもかかわらず、お話ししていただいたり、お菓子も分けていただき、ありがとうございました♪お土産として大阪にもって帰り知人に✨🎁✨したところとっても好評でした✨✨  
 
今月初めにも道の駅?だったとおもうのですが…おおきな木さんのお菓子が並んでいてついつい手が❗今回は帰りの飛行機で食べちゃいました🐤美味しかったです〜🐤🐤🐤  

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
※コメントは承認後に掲載されます。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
森のケーキ屋おおきな木
森のケーキ屋 おおきな木
森のケーキ屋 おおきな木
ヨコハマ生まれの横浜育ち。大滝に最初に来たとき、自分の子どものころの風景と重なった。 
縁あってここに住み、つれあいと3人の子どもに恵まれ、好きなケーキ作り半分、畑半分の手作りの暮らしを続行中。 
安心素材を選んで、または自分たちで育て、小さな工房で受注生産。店舗はありませんが、ご注文のつど焼いて、全国へ発送しています。 
のんびり、日々の暮らしをつづっていきます。 
ブログ検索
にほんブログ村

にほんブログ村  
 
こちらにも、参加してみます。「ぽちっ」をいただけたらうれしいです。