伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:0] [827] rss feed
[2013.04.22]
■うれしい贈り物
今朝の朝ごはんは、メイプルパンケーキ。 
 
ホットケーキは、畑の小麦の全粒粉入り自家製ミックス。冷たいお水を加えるだけ、卵も乳製品も不使用だけどふっくらこんがり焼きあがります。 
 
それから、このメイプルはただのメイプルではありません。 
 



自然からの贈り物なのです。 
 
3月の中旬から約半月、毎日まいにち、イタヤ楓の樹液を集めては、薪ストーブの上で煮詰めていたのです。 
 
最初はほぼ透明で、ほのかに甘いだけの樹液。それを40分の1になるまで煮詰めていきます。 
 
 
すると、とろーり、黄金色になって何ともあま〜いメイプルになるのです。 
樹液を集め終えてから、シロップ状に煮詰め終えるまで約1か月かかります。だから、これは年に1度の大切な贈り物。 
子どもたちは、自分でパンケーキを焼いて、好きなだけこのメイプルをかけておいしいおいしいと食べたら、すっとんで学校へ出かけました。 
 
 
 
それから、きのうは福岡の友人からこんな贈り物が届きました。 
 
 
清美オレンジです。 
柑橘系だ〜い好きな我が家。うわ〜と大喜び。 
一度に一人1個以上食べてしまいます。 
 
 
その前には、友人が手作りおはぎを届けてくれました。 
 
 
友人の畑のもちきびがたっぷり入ったきれいなおはぎ。もちろん小豆も友人が育てたものです。 
塩がきいてておいし〜〜。 
 
 
それから同じ友人から、お魚。 
えーっと、名前を忘れてしまいました。 
 
 
そして、ホタテの稚貝。 
これは別の友人から。 
 
 
まだ貝をパクパク動かしていて、子どもたちは「かわい〜!」「飼いたーい!」 
ボールに塩水を作り、5個入れて飼い始め?ました。 
ところが、翌朝… 
「貝死んじゃった〜」 
ホタテを飼うのは難しいと知りました。 
 
 
 
さて、なんでこんなに次々、おいしいものが届いたのか…? 
それはね、きっと神様がみんなのことを見てくれているからだよ。 
 
日曜日の朝、子どもたちは3人で協力して、薪を運び入れてくれたのです。一番上のお兄ちゃんは、手斧で割る。二番目のお兄ちゃんはそれを拾って妹に渡す、妹ちゃんはそれををコンテナに入れる。 
そして薪の入った重たいコンテナ2つを持ち上げて、家の中に運んできてくれたのです。 
 
 
田舎暮らしは、たいへん。でも、おいしい。でもたのしい。 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
※コメントは承認後に掲載されます。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
森のケーキ屋おおきな木
森のケーキ屋 おおきな木
森のケーキ屋 おおきな木
ヨコハマ生まれの横浜育ち。大滝に最初に来たとき、自分の子どものころの風景と重なった。 
縁あってここに住み、つれあいと3人の子どもに恵まれ、好きなケーキ作り半分、畑半分の手作りの暮らしを続行中。 
安心素材を選んで、または自分たちで育て、小さな工房で受注生産。店舗はありませんが、ご注文のつど焼いて、全国へ発送しています。 
のんびり、日々の暮らしをつづっていきます。 
ブログ検索
にほんブログ村

にほんブログ村  
 
こちらにも、参加してみます。「ぽちっ」をいただけたらうれしいです。