伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:45] [昨日:61] [ 66365 ] rss feed
[2016.07.14]
7月ももう半分まできました。夕べの月は半月でしたね。 
 
森のケーキ屋おおきな木は、ただいま半農半ケーキ生活真っただ中。 
朝、家事を終えたらモンペ&麦わら帽子を身に着け、地下タビのいでたちで畑へ向かいます。 
まず、ベリーたちをチェック。 
 



ハスカップは食べごろです。まいにち十数粒づつ採れてます。 
 
 
ブルーベリーはまだあおいですが、ほんのり赤みがさしてきました。 
 
まず、玉ねぎの草取り。 
そのあと昨日子どもたちがしてくれた、にんじんの残りの草取り。 
そして、アスパラの間にあるあかシソの周りの草取り。 
ハウスに行こうとして、レタスが草にうもれそうになっているのを発見!あわてて、ざっと草取り。 
ハウスでは、かぶ、水菜、青シソ、レタスを収穫。ハウスのレタスは大きくなっててびっくり。初物です。 
 
 
さっそく、お昼に菜園サラダを作りました。 
カブは薄切り。塩をまぶし、軽くもんでおきます。 
水菜は食べやすい大きさに切り、レタスは手でちぎる。 
青シソは粗みじんにします。 
ボールに入れてざっと混ぜ、お好きなオイルを回しかける。(うちはごま油が定番です) 
できあがり。カブの塩気でそのままでおいしいです。 
 
もう一味足したいときは、酸味(レモン汁または、バルサミコ酢)をかける。 
美味しいお醤油(本醸造のものがおすすめ)を回しかける。 
さらに上から白ごまをパラパラすると美味しい。 
 
 
採れたて素材で作ればそのままでおいしい! 
余分なドレッシングやソースもいりません。 
美味しいお塩と、お醤油とオイルがあれば、それで十分です。 
 
ケーキ作りもおんなじこと、と考えます。 
自分たちで育てた麦と採れたてお野菜。 
自家産卵。 
地元の牧場のミルクやチーズ。 
近隣のまちの果物。 
北海道産のバターや生クリーム。 
国産の粗製糖と伝統的な圧搾法のなたね油や水あめ。 
オーガニックのチョコレートやドライフルーツ&ナッツ。 
一般的な業務用の材料としては考えられないほど上等で、新鮮なものを使っています。 
 
 
やっぱりこれは、子ども達に美味しいものを食べさせたいという思いから。 
 
もうけは度外視の、原価割れのものがほとんどなんです。 
 
さて、サラダをモリモリ食べて、野菜の元気をもらったら、午後からは仕込みです。 
美味しいもの、つくるぞ〜! 
[2016.06.17]
きょうも朝から雨降り。ちょっと寒くて、薪ストーブを焚こうかどうか迷ってます。とりあえず、あったかいお茶を入れて飲むことにしました。 
昔買ってしまいこんでいたコーヒーポット。 
最近また、出してみました。 
赤がぱっと映えて、キッチンを明るくしてくれます。こんな日にも元気が出てきます。 

[2016.05.24]
この冬も例年通り、去年の秋にとれたもの(大根・にんじん・じゃがいも・ごぼうなど根菜類)をすこしずつ食べて過ごしていました。 
でも陽気が暖かくなってくると、無性に「緑のもの」が食べたくなります。街に出るたびに買い求めていました。 
 
でも、ここ大滝でもすこしまえから山菜が顔を出しはじめ、ぐんぐん伸びています。 
ふきのとうを筆頭に、よもぎ、つくし、いらくさ、こごみ。うど、たらんぼ。ちいさな畑の隅では、ニラも食べごろになっています。 
 

[2016.05.21]
フロランタンってごぞんじですか?  
 
 
これは、フランスの伝統的なお菓子。 
『フィレンツェの菓子』という意味でクッキー生地にキャラメルでコーティングしたナッツ類(多くはアーモンドスライス)をのせて焼き上げてつくります。  
 
おいしい物好きのフランスのお菓子なので、バターや卵たっぷりのクッキー生地をまず焼いて、さらにその上にバターとはちみつ、生クリームなどを入れて作ったキャラメルにナッツを混ぜて、先ほどのクッキーの上にかけ、もう1度焼いたものです。 
[2016.05.14]
ぽかぽか陽気で、縮こまっていた体がゆるゆる広がっていくような気分です。 
大滝にもようやく桜が咲き始めました。 
…といっても、わが家の桜はまだですが。 
 
うちの年中行事の一つに、「レモン絞り」というのがあります。本州から仕入れた無農薬レモンを一つひとつ手で絞り、小分けにして冷凍していくのです。 
絞る日は、部屋中がさわやかな香りでいっぱいになります。昨日も、夕方部活から帰ってきた息子が部屋に入るなり「あっ!レモンだ!」といいました。 
瓶入りの国産レモン果汁も売られていますが、どうも、香りが違うのです。 

[2016.05.05]
朝一番でラジオのスイッチを入れたら、屋根よ〜り高い鯉のぼり〜♪というメロディーが流れてきました。今日は子どもの日。 
なんでもこどもの日(こどものひ)とは、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福 をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨である。といっていました。 
最後の「母に感謝する」というところを聞いて、いままで知りませんでしたが、うれしくなりました。 
全ての人は、母から生まれ出てきたのですものね。おいしいもの食べながら、お母さんに感謝したいですね。 
さて、本日ファーム453で『こどもの日クッキー』を限定販売いたします。 

[2016.05.03]
今日も朝から、おおきな木のちいさな工房は、香ばしいパンの香りでいっぱいです。 
 
こんがり焼けた『じゃがまる』 
[2016.04.04]
ぽかぽかあたたかい春の日ですね。 
息子が蒔いたバジルの芽が出て、新しい息吹にわくわくしています。 
 
この春に、新しいものを!と、あれこれ試しているおおきな木です。 
[2016.03.20]
昨日の雨が上がって、今日は気持ちの良い朝ですね。 
子どもたちを送りに車で出かけたら、もう道路はすっかり乾いていました。 
 
おおきな木の工房は、今日も朝からパンやスコーンのいい匂いがあふれています。 
畑でとれたじゃがいもをつつんでこんがり焼いた『じゃがまる』 
ころっとしたじゃがいものような形です。 
[2016.03.19]
朝から雨ふりでびっくりしました。 
子どもの頃、母に「ひと雨ごとに春が近づいて来るんだよ。」と言われ、冷たいこの時期の雨に、かすかな希望を抱いていたものでした。 
 
さて、今週は3連休。明日からはお天気がよくなりそうなので、いろいろ計画練っている方も多いのでしょうね。 
 
おおたき直売所ファーム453では、今週こんなおやつを販売します。 
金色アップルパイ 
森のケーキ屋おおきな木
森のケーキ屋 おおきな木
森のケーキ屋 おおきな木
ヨコハマ生まれの横浜育ち。大滝に最初に来たとき、自分の子どものころの風景と重なった。 
縁あってここに住み、つれあいと3人の子どもに恵まれ、好きなケーキ作り半分、畑半分の手作りの暮らしを続行中。 
安心素材を選んで、または自分たちで育て、小さな工房で受注生産し、全国へ発送しています。 
のんびり、日々の暮らしをつづっていきます。 
ブログ検索