伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ  rss feed
[2017.02.03]
寒い日が続いています。雪もたくさん降りますね。 
でも、今日は節分。明日は立春です。 
そう聞くと、雪に包まれているこの地でも、少しホッとするから不思議です。 
[2017.01.31]
カリカリのカタ揚げポテトチップス、できました! 

[2017.01.25]
寒い日が続きます。 
ここは、一応「胆振地方」ですが、お隣りの喜茂別町まで数100メートル。気候的にも、位置的にも「後志地方」のようなところです。 
だから、寒さもひとしおです。 
薪を入れても入れても、なかなか部屋があったまらないまま、あっという間にオキになっていきます。。。 
 

[2016.07.14]
7月ももう半分まできました。夕べの月は半月でしたね。 
 
森のケーキ屋おおきな木は、ただいま半農半ケーキ生活真っただ中。 
朝、家事を終えたらモンペ&麦わら帽子を身に着け、地下タビのいでたちで畑へ向かいます。 
まず、ベリーたちをチェック。 
 

[2015.05.26]
春の雪解けがあっというまに進んで、畑作業がおいてけぼりにされている、おおきな木農園です。 
とりあえず、今年はハウスも早々にビニールが張られ、畑も起こしてもらっていて、黒い土はふかふかです。 
でも、なんだかバタバタしていて、種まきはおくれぎみ。 
でも、畑ではこんな者たちがぐんぐん育っていたのです。 
 

[2015.04.14]
おさんぽに出かけた娘が、ふきのとうをひとつ取ってきてくれました。 
「これでふきみそつくって〜」と言います。 
「あと10個くらいないかなあ」というと、かごを持って再び外へかけ出しました。 
 
10分後、かごの中には10数個のふきのとう。

[2013.07.01]
暑い日が続いています。北海道はつゆがなくてさわやかなのがいいですね。 
注文しておいた梅が四国から届きました。最低農薬の香里農園産の梅です。玄関中い〜いにおいに包まれて、思わずかじってしまいたくなります。でもダメダメ、青梅は生では食べられません。 
規格外で、大小さまざま。大粒で50gもあるのも混ざっていて、得した気分です。 

[2013.06.03]
ゆうべは疲れて、子どもと一緒に早くふとんに入ってしまいました。 
お日様が出ていると、することが沢山あって、知らないうちにどんどん体を動かしているようです。洗濯もいつもより1回多く、ふとんも干して、いつもよりていねいにお掃除をして。午後は、子どもたちとかけっこやおさんぽ…。 
すると、晩ごはんを食べたらもう眠たくなって動けません。 
昼間、勉強なんてそっちのけ!で、自転車に乗ったり、お隣さんに作ってもらったカッコイイ棒の剣を持ってそこいらじゅうの草をなぎ倒したりして遊んでいたお兄ちゃんたちも眠そうです。何とか歯を磨いて、ベットまで歩き、おふとんをかぶったらバタンキューです。 
[2013.06.01]
このところのぽっかぽか陽気で、草もはたけのものも一気にぐんぐん伸びています。 
 
種をまかなくても、毎年春には、ニラと葉ねぎは土の中から出てきてくれます。 
そういえば、ここ数日はゴム手袋をしなくても、茶碗洗いができるようになりました。 
お味噌汁に、ちょっとネギが欲しい…と思ったら、すぐに畑に行ってとってきて、ぱっと仕上げに散らす。 
そんなこともできるようになりました。 
[2013.05.21]
きのう、外出していて夕方家に戻ったら、小包が2つ届いていました。 
1つは母から、もう1つは祖母からです。 
早速開けてみると… 
さやえんどうが大きな袋にいっぱい。おともだちの畑でとれたものだそうです。ほかにもトマトや子どもたちへのおやつが入っています。 
まだ山菜も少ないこの時期、さやえんどうの緑と、柔らかな歯触りそして甘さがたまりません。 
 
みんなですじを取って、さっとゆでたらいっそう鮮やかになりました。 
さっとゆでてから冷凍もできるようです。 
森のケーキ屋おおきな木
森のケーキ屋 おおきな木
森のケーキ屋 おおきな木
ヨコハマ生まれの横浜育ち。大滝に最初に来たとき、自分の子どものころの風景と重なった。 
縁あってここに住み、つれあいと3人の子どもに恵まれ、好きなケーキ作り半分、畑半分の手作りの暮らしを続行中。 
安心素材を選んで、または自分たちで育て、小さな工房で受注生産し、全国へ発送しています。 
のんびり、日々の暮らしをつづっていきます。 
ブログ検索