伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:1] [昨日:1] [122] rss feed
[2017.01.12]
■丘の夕景
晩秋から初冬にかけて見晴らしの丘を歩くと、木々の葉が落ちて枝の先々までが見通せる。遠くの丘にはからまつの並木が見える。時によって場所は異なるのだが、ゆるい傾斜の畑では、秋まき小麦の葉が少し伸びて緑の草原を作っていることがある。  



噴火湾の向こう側、渡島半島の山並みの上にだんだんと陽が落ちていく。地に接するあたりがピンクといっていいような赤色やオレンジ色に染まり、上空の雲にもその色が反映される。さらに上空はまだ青さが残る。色の変化する時間は早い。色合いは濃くなって、だんだんと暗さが増してくる。  
時間によっては、有珠山や昭和新山の山の面が淡く赤く染まっている頃に丘の上を歩くことがある。日中とはまた違った表情を見せてくれる。  
ことしの正月は穏やかに過ぎた。冬至から20日ほど経ったこの頃は、夕方の陽が伸びてきたことを感ずる。16:40を過ぎてもほの明るい。冬の真っただ中であるが季節は確実に進んでいることを感ずる。  
夕焼けの時は短いのだが、きれいな空の色に気づいて、カーテンを開けて夫婦で見ているときがある。  
(2017-1-9記) 
▼トラックバック(0)
このエントリへのトラックバックURL:
現在トラックバックの受信を停止中です
▼コメント(0)

▼コメントを書く...
*必須入力です
 「コメント」欄は日本語で記入してください。
 英字数字のみだと、コメントと見なさず投稿できません。
※コメントは承認後に掲載されます。
*お名前:
メール:
URL:
*コメント:
プロフィール
mimi_hokkaido
mimi_hokkaido
2007年に横浜から夫婦で移住。趣味は自然観察/山登り、そしてスケッチやエッセーを書く・・・ 
好きなもの 
・散策 
・山行 
・サッカー 
・お酒 
・「坂の上の雲」 
洞爺湖有珠火山マイスターに認定されました。 
下記リンクものぞいてください  
ブログ検索