伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ [今日:20] [昨日:121] [ 307216 ] rss feed
[2017.08.17]
5年ぶりに木下サーカスが札幌にやってきた。  
わたしたちの自治会では8月初旬に、バスを仕立てての一日サーカス見物の旅行が計画された。  



夏休みの子供たちも参加して、総勢40名での楽しいバス旅行であった。  
会場の旧月寒ドームには少し早く着いたので、バスの中で待機して、午後の部の開場を待つ。案内された団体席は、左側にテントを支える巨大な支柱があり、みんな少し右側によけて座る。空中ブランコなどの支えになる巨大な支柱が何本かで巨大テントを支え、サーカスのアトラクションを行う場を作る。  
ピエロの二人が出て来て、会場内を動き回り観客を笑わせるところから、サーカスは始まる。会場内は撮影禁止なので、ピエロが演技している比較的明るいうちにスケッチをしておこうと思い、ペンを走らせた。支柱が目立って目が行くが、少し省略して会場内を描く。やがて本格的なアトラクションが始まると、場内の照明は落ちて暗くなり、スケッチは中止して演技に見入る。  
初めの空中ブランコから始まり、傘を回したり、何本も立て重ねたりの演技、10本くらいの輪をフラフープのように体の各部で全部回したり、イスを何個も積み重ねた上で逆立ちをして見せたりのハラハラドキドキの演技もあった。赤や黄や青のサーチライトが場内を巡り演技する人を追う。このきらびやかさがサーカスである。  
4頭のシマウマが登場。丸い場内を駆け巡る。何もない大きな箱から美女が登場したり、反対に箱に入って消えてしまったりのマジック。昔言葉で云えば手品であるが、いまはイリュージョンと云うらしい。途中15分の休憩時間に猛獣ショーのための鉄柵が素早く場内に設置された。4頭のホワイトライオンをはじめライオンたちが小さなイスに座ったり、ジャンプを見せたり、“ワォー!”と大きく口を開けてライオン使いのおじさんを威嚇して見せたりもする。  
このサーカスの見世物の一つは、両端に人が入れる大きな輪を設けた10mくらいの長さの金属製構造物が、ぐるぐると回る。真ん中あたりで軸支して、人が両端の輪に入って回転力をつけると勢いよく回り出す。人は輪の中で、あるいは輪の外に出て、ひやひやドキドキの動きをするのである。演技自体もスリル満点なのだが、この構造物を短時間で演技場の中にしつらえてしまうチームワークも見事である。テントを支える基本構造物の柱から伸ばしたワイヤロープをピンと張って、回転軸を支えていた。  
猛獣の檻のセッティングと回収も素早かった。その他のアトラクションでも用いた道具やシートなどの片づけ、清掃なども数人の係りの人が素早く、要領よくやって、演技の時間を止めていなかったのは感心する。  
わたしたちから見て演技場の左手奥に、5,6mの直径の金属のかご状の球体がしつらえられている。オートバイの演技をする代物である。この球形の中に入ったオートバイはアクセルを噴かせて最大のスピードを出して球の内側の壁を回る。水平になったり天地逆になったりしながら回る。もちろんスピードを上げて、遠心力によってそのような姿勢になっても壁に引っ付いているわけである。最大3台のオートバイがこの球形の中に入り、互いに交差しながら、すごいスピードで走り回る。オートバイに取り付けた華々しい光源が光り、何色ものサーチライトが追い、爆音が響きわたり、排気ガスが煙になる。かごの中には二人の出入りをサポートする人間がいて、この人たちをよけながら、猛スピードで駆け巡る。これも迫力満点の出し物であった。  
最後のサーカスの華は、空中ブランコである。総勢10名くらいのメンバーが2か所に分かれて、高い場所でブランコを始める。片方が空中で手を放して飛ぶと、もう片方がその手をキャッチして、二人で空に舞う。そして戻りでは、再び元のブランコに飛び移るという、下から見ている者に、何ともハラハラとしてスリルを感じさせる。やはりサーカスのフィナーレを飾る華といえるアトラクションである。  
5年目で再び見ることが出来た“木下サーカス”。また5年経ったら札幌公演があるだろうか。子供から大人までが等しく楽しめるサーカス。今回も「面白かったなあ」という思いを持てた。  
(2017-8-16記)  
[2017.06.20]
釧路の町を訪れた。  
道南の伊達に住んでみると道東は遠い。感覚としたら、本州から女満別空港に降りて、レンタカーで網走など道東を巡る方が楽に感じる。  
伊達から釧路までは、陸路373km。ほぼ東を目指して北海道を横断する。370kmという距離は、東京を起点とすると西は名古屋(348km)のちょっと先、北は仙台(370km)までと同じになる。  
 
1950年代の釧路風景 
[2017.06.05]
今年は3月に三陸ジオパークを訪れる旅を体験し、また他にも東北地方を訪れる予定があり、陸奥(むつ又は、みちのく)に関する本を読んだりしている。  
学生時代に北海道から東京に帰省するとき、青森から東北線の列車に乗った。4人掛けのボックス席に座った時、いっしょになったおじさんからウイスキーを勧められ、飲みながら話したことがあった。正直なところ、話していることの半分以上が分からなかった。言葉が分からなかったのである。今思えば津軽弁だったのかもしれない。  

[2017.04.07]
先日「ボランティアフォーラム2017伊達」という催しが伊達カルチャーセンターであり、事例発表や講演を聴く機会があった。  
“ボランティア”という言葉は、どんな意味を持っいるのだろう?  
インターネットの百科事典“Wikipedia”によると、「ボランティア(volunteer)とは、自らの意志により  
参加した志願兵のこと。長じて、自主的に社会活動などに参加し、奉仕活動をする人のこと。また、奉仕活動そのものを指すこともある  

[2017.03.09]
ジオパーク友の会では三陸ジオパークの方々との交流を図るために、岩手県宮古市を訪ねる旅を実施した。(2017年3月3日〜5日) 
行程は、苫小牧から八戸へフェリーを往復利用して、1泊3日(一日は船中泊)の旅であった。八戸からはバスで蕪島、久慈の琥珀博物館、北山崎の断崖の景観、普代村水門、普代―田老間は三陸鉄道のこたつ列車、田老では東日本震災の跡地、たろう観光ホテルなどをガイドさんに説明していただいた。そして八戸に戻る一泊の旅であった。 

[2017.02.01]
今回訪れたサン・ピエトロ村から車で1時間くらいのところに、この地域でも大きな都市であるボルツァーノ市がある。ここは古より、イタリアからチロル、南ドイツに向かうときに通る要衝の地である。ボルツァーノの街並みは古い石造りの建物が多く、町中は観光客が行きかう姿が目立つ。この町にある南チロル考古学博物館には、1991年にチロル山中の氷河の中から発見された“エッツィ”(アイスマン)が眠っている。 

[2017.01.12]
晩秋から初冬にかけて見晴らしの丘を歩くと、木々の葉が落ちて枝の先々までが見通せる。遠くの丘にはからまつの並木が見える。時によって場所は異なるのだが、ゆるい傾斜の畑では、秋まき小麦の葉が少し伸びて緑の草原を作っていることがある。  

[2016.12.24]
北イタリアのサン・ピエトロ村というところに3泊して、毎日少しづつ違う位置や高さからのドロミテ山群を眺めていた。岩峰の屹立と緑の丘や針葉樹の森との組み合わせが作る景色は、いままでに見たことのない世界だった。(2016年6月後半のこと)  
実はドロミテという呼称は、とても広範囲を示す名で、わたしたちがフネス渓谷のサン・ピエトロ村から眺めていた山群は、ドロミテの領域の一部であるガイスラー山群という名のところだという。  

[2016.11.29]
11月中旬に四国の鳴門で学生時代のクラブの同期会があった。 
せっかくなので、その後に四国の中を巡った。うだつの町並み、祖谷渓、松山、内子町などを巡った。 
愛媛 松山の町は初めて訪れた。わずかな時間であったが、松山では「坂の上の雲ミュージアム」を訪れた。松山に行ったら一度訪ねてみたいと思っていた。 

[2016.11.24]
オーストリアの西部にあるアーヘン湖(Achensee)は、チロル地方で最も美しい山岳湖といわれる。氷河の堆石が谷をせき止めてできた湖で両側に山が迫る。 

プロフィール
mimi_hokkaido
mimi_hokkaido
2007年に横浜から夫婦で移住。趣味は自然観察/山登り、そしてスケッチやエッセーを書く・・・ 
好きなもの 
・散策 
・山行 
・サッカー 
・お酒 
・「坂の上の雲」 
洞爺湖有珠火山マイスターに認定されました。 
下記リンクものぞいてください  
ブログ検索