伊達市地域生活情報マガジン『むしゃなび』へ ブログ★むしゃなび トップへ  rss feed
[2017.10.24]
下北半島は、“まさかり”とか“斧(おの)”の形に例えられる。  
今回、その刃の部分にあたる陸奥湾の北側のところを巡ってきた。  
函館から下北半島の突端の大間、本州最北端の地はまことに近い。函館港からフェリーで出発して、大間港に着くまでの1時間半は、後ろにずうっと函館山が見えている。函館山と大間の距離は、海上30km弱である。下北と北海道の陸地の最短距離は18km。大間の人は函館局のテレビ放送を視聴し、フェリーで函館の病院に行くとも聞く。函館からは日帰りで大間のまぐろまつりにまぐろ丼を食べに行く。  

[2017.09.17]
三笠市のジオパークを訪れた。北海道のジオパークの仲間が一堂に会して、その土地のジオパークを知り、互いに親睦を深めるという目的で毎年違う場所で開催している。  
国道12号線沿いに三笠道の駅があるが、三笠市の中心は、そこから10kmくらい東側に入ったところにある。  

[2017.08.17]
5年ぶりに木下サーカスが札幌にやってきた。  
わたしたちの自治会では8月初旬に、バスを仕立てての一日サーカス見物の旅行が計画された。  

[2017.06.20]
釧路の町を訪れた。  
道南の伊達に住んでみると道東は遠い。感覚としたら、本州から女満別空港に降りて、レンタカーで網走など道東を巡る方が楽に感じる。  
伊達から釧路までは、陸路373km。ほぼ東を目指して北海道を横断する。370kmという距離は、東京を起点とすると西は名古屋(348km)のちょっと先、北は仙台(370km)までと同じになる。  
 
1950年代の釧路風景 
[2017.03.09]
ジオパーク友の会では三陸ジオパークの方々との交流を図るために、岩手県宮古市を訪ねる旅を実施した。(2017年3月3日〜5日) 
行程は、苫小牧から八戸へフェリーを往復利用して、1泊3日(一日は船中泊)の旅であった。八戸からはバスで蕪島、久慈の琥珀博物館、北山崎の断崖の景観、普代村水門、普代―田老間は三陸鉄道のこたつ列車、田老では東日本震災の跡地、たろう観光ホテルなどをガイドさんに説明していただいた。そして八戸に戻る一泊の旅であった。 

[2017.02.01]
今回訪れたサン・ピエトロ村から車で1時間くらいのところに、この地域でも大きな都市であるボルツァーノ市がある。ここは古より、イタリアからチロル、南ドイツに向かうときに通る要衝の地である。ボルツァーノの街並みは古い石造りの建物が多く、町中は観光客が行きかう姿が目立つ。この町にある南チロル考古学博物館には、1991年にチロル山中の氷河の中から発見された“エッツィ”(アイスマン)が眠っている。 

[2016.12.24]
北イタリアのサン・ピエトロ村というところに3泊して、毎日少しづつ違う位置や高さからのドロミテ山群を眺めていた。岩峰の屹立と緑の丘や針葉樹の森との組み合わせが作る景色は、いままでに見たことのない世界だった。(2016年6月後半のこと)  
実はドロミテという呼称は、とても広範囲を示す名で、わたしたちがフネス渓谷のサン・ピエトロ村から眺めていた山群は、ドロミテの領域の一部であるガイスラー山群という名のところだという。  

[2016.11.29]
11月中旬に四国の鳴門で学生時代のクラブの同期会があった。 
せっかくなので、その後に四国の中を巡った。うだつの町並み、祖谷渓、松山、内子町などを巡った。 
愛媛 松山の町は初めて訪れた。わずかな時間であったが、松山では「坂の上の雲ミュージアム」を訪れた。松山に行ったら一度訪ねてみたいと思っていた。 

[2016.11.24]
オーストリアの西部にあるアーヘン湖(Achensee)は、チロル地方で最も美しい山岳湖といわれる。氷河の堆石が谷をせき止めてできた湖で両側に山が迫る。 

[2016.10.10]
今回のチロル旅行では、初めにオーストリアのマイヤーホーフェン(Mayrhofen)という町を訪れた。(2016年6月下旬のことである)  
周辺で見た景色の印象は、「牧草地 天に至る」である。  
おそらく古来、谷の急斜面に生えている針葉樹を切り倒しては、根っこを抜いて、牧草地を切り拓いて来たに違いない。  

プロフィール
mimi_hokkaido
mimi_hokkaido
2007年に横浜から夫婦で移住。趣味は自然観察/山登り、そしてスケッチやエッセーを書く・・・ 
好きなもの 
・散策 
・山行 
・サッカー 
・お酒 
・「坂の上の雲」 
洞爺湖有珠火山マイスターに認定されました。 
下記リンクものぞいてください  
ブログ検索